❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみの証は干からびた肉の欠片。(現在に向かう私・24)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





冷え込みが増した。


もう
12月も半ば。

そりゃ寒いよね。



あと
10日も過ぎれば

クリスマス。



大好きな方たちに

小さな
小さな
クリスマスを


今年も
お世話頂き
お繋がりを頂けた
感謝を込めて

少しづつ送り始めた。




毎日は
目一杯働き尽くめで

本当に忙しいから
ちょっとずつ。


クリスマスまでには
届くように
ひとつずつね。



本当なら

もっと
出掛けて
色々と見て
決めたかったのだけれど

そんな時間も

ほんのちょっとしか無くて。


だから
本当に小さな物を
やっとこさで選んだ。




来年の今頃には
もっと
ゆっくり選べるような環境に
生きて在れたらいいな…。




時間を
掛けられなかった事が
悔しいけれど

お顔を思い浮かべながら
選ぶ時間は

すごく幸せだった。


クリスマスが近付いて

何かしたいと思える方々と


私が
繋がりを持って頂けて在れる事が

有難いと思う。



幸せだなって。

思う。














2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「傷を重ね付けられた日々にも。」(2014.12.6)】

【「自傷に代わるものなんて在るのだろうか。」(2014.12.9)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「聞こえぬ耳にも聞こえる悲鳴。」(現在に向かう私・21)(2014.12.8)】

【「殺される前に。」(現在に向かう私・22)(2014.12.11)】

【「キズグチを増やす己の選択。」(現在に向かう私・23)(2014.12.12)】



続きを書かなきゃね。





詰め込んで
ライブをこなしてきたけれど


プレイヤーとの関わりに
磨り減らしながら


音楽活動は
どんどんと苦痛になり

そんな中で
誕生日に開催したイベント。



沢山の人達に
助けられ支えられて

このイベントは無事終了した。


その後は
約2ヶ月
ライブ活動を休んだ。


バンドメンバーに
参加して貰っての
月下陽香の活動は

イベント以来
避けるようにした。



約2ヶ月後のライブは
セカンドアルバムの
サポートギタリストと
立つ事は前から決めて居たし


それから先の予定は
バンドメンバーには
告げて居なかった。




セカンドアルバムの
サポートギタリストは

現在の
月下陽香のギタリストである。


この時期から

月下陽香は
現在のギタリストである
タイキさんとだけの活動を
するようになった。




暫くして
月下陽香のYouTubeの
過去の動画から

これまでの
サポートや
バンドのメンバーだった

ほとんどの人達の名前を
消した。


それまでは
彼等の名前が書かれていたけれど

もう
共に活動をする事も無く

また
良い別れ方もして居ないのならば


名前を
残される方も
良い気はしないだろうし

私も
何かが起きても
責任がとれない。



この頃から

いずれは

摂食障害と
自傷を

掲げて立つ
月下陽香になる事を


描き始めて居たから


それならなおさら

もう
関係の無い人達の名を
残す事には抵抗を感じた。


迷惑を掛ける可能性も在るからだ。




月下陽香は
タイキさんとの活動を始めながら

そういう面から
少しづつ整理を始めた。





だが

自分の名前が消えて

「サポートギタリスト」
などの表記に
変わっている事に気付いた
元プレイヤーからは
深夜
怒りのメールが届いたりもした。



なぜ名前を消したんだと。

お前は最低だと。


それに対して
返事はしなかった。

言っても伝わるとは思えなかった。




まだ
共に活動をして居た以前から

深夜
酔っぱらって
連絡が来たりしていた。


大抵は

大きな勘違いをし
被害妄想に陥り
私を
疑ったり

すねたりする内容だった。


私が
父の事を記事に書いて居ても 

”自分の悪口を書いてるんだろう?“と
問い詰めるような事も在った。


その度に
どんなに近々に
ライブが決まっていようが 

”もう弾きたくない“と言い出す。


そんな
幼稚な会話と
宥めは
もううんざりする位に繰り返されてきた。

もう
これ以上揉めても

そんな時間は
互いに不要だと思えたから

何も返さなかった。



この胸に中には
感謝も在る。

その人が居てくれたから
出掛けられた所も
出演が出来たライブも在る。


互いに
笑って過ごせた時間も在る。


これ以上こじれたなら

それらも
全てが
恨み辛みへと

変わりゆく気がした。



そんなのも
もう嫌だ。


それに

関わりのなくなった人の名を
消す事は
間違って居ないと思う。


これからの
その人達を守る為にも

互いに

これ以上
辛い想いをしない為にも


間違って居ないと思う。



もし
自分の名を出したいのなら

自分ですれば良い。


自分のYouTubeチャンネルを作って
そこですれば良い。


そこでは
その人の責任の元で
自由なのだから。



私は

そう思った。






現在のギタリストである
彼との活動が始めり

彼とだけ
奏でる日々が始まり


気持ちは少し楽になった。


それでも
まだ
この当時は

彼にもすごく気を遣って居た。


今みたいに
言いたい事を
言えるようになったのは

きっと今年になってからだ。



ぶつかったり

話し合ったり

沢山してきて

そこに辿り着けた。


ただ
この頃は

まだ
彼に対し
全てを晒しては居なかった。


彼の負担になってはいけないと
物凄く思って居たし

彼はサポートなんだから
迷惑はかけてはいけないとも

とても思って居た。



今思えば
猫を被ってたようにも思う。



彼に対して
私は
大きな尊敬をして居る。

それは
当時もそうだった。



そんな彼だけが
月下陽香で
奏でてくれるプレイヤーとなった。


私は
彼を失う事に
怯えて居たように思う。


それだけ

彼を
まだ信じて居なかったのかも知れない。


だから

変に気も使えば

良い子で居なきゃとも思う。



当時の私は
まだそんな感じだった。







父の暮らす
ゴミ屋敷の

掃除にも通い続けて居た。


毎回
ただただゴミをまとめる繰り返し。

空しさを
全身で再確認するような
心身共に
追い詰めてくだけの繰り返し。

【「汚い血は切っても吐いても亡くなりはしない。」(現在に向かう私・18)(2014.12.2)】

【「この血が汚いゴミだから。」(現在に向かう私・19)(2014.12.3)】



親の人生のゴミ。


その処理を始めたのは冬だった。


年が明けたばかりの
底冷える頃だった。


一軒家を
埋め尽くすゴミの山。


始めは
次々と
捨てるだけだった作業も


時折手が止まる。


父が手を止める。




私に言わせれば

そこに在る物は
もう

全てがただのゴミだ。

迷惑な過去の残骸だ。


親に押し付けられた
ゴミの山なんだ。


思い出したくも無い
醜い記憶を
わざわざ
掘り起こす物は

とっとと処分すべきだ。



でも
父の手は止まる。



妹の写真や
八ミリフィルム。


今までも
そこに在った事すら
忘れて居たような物。


そんなの
置いてても

今後
振り返って
見る事なんて無いだろうに。



これは置いておこうかな…

捨てるのが勿体ない…

捨てたくないな…


いちいち止まる。


捨てるように声を掛ける。

それでも
結局
捨てなかったりしてる。




腹の中で思う。


“今までも
 そんな物無くても生きて来ただろうに。”


“今日
 たまたま見付けたから
 感傷的になってるだけで

 あんたが死んだら
 また
 私が片付けるゴミが

 増えるだけなんだけどね。”






早く終わらせたいのに。

足踏みの繰り返しに苛立つ中。


小さな箱が

ふたつ
出て来た。


手の平に
すっぽり収まる
小さな二つの箱。



それは

私と妹の

「へその緒」だった。



私に


この
大量のゴミを

始末させている


あの“女” 

あの“母親”




私が

妹が

繋がれて居た証。





その日

私は
大阪に帰る時

その
ふたつの箱を
鞄に入れた。

持って帰ることにした。


そうしなきゃ
いけないような気がした。



それは捨てられなかった。


深く
憎悪を抱く女の

子宮に

自分が居た証なんて


吐き気がするような現実なのに

捨てられなかった。


とても悲しいのに。


捨てられずに持って帰った。





あの女の体で
父が放った精子が
結ばれ
私が生まれてしまった証。



こんな偏在な生き物を
世に作り上げた
始まりの証。



捨てられなかったんだ。



続きはまた。











月下陽香は

木曜日の午後に
練習をする事がとても多い。


ギタリストさんは
鍼灸師さんで
診療所が
木曜日の午後は休診だから。



来週は
水曜日が彼の誕生日。


当日に
押しかけようかとも考えたけど

仕事の段取りが難しそうで


翌日は木曜日だから


練習時間を


練習



誕生日のお祝いに


したいなと企んで居る。



最近
練習に使ってるカラオケボックスは
持ち込み自由なんだよね。


何を持ち込もうかな♪


企んでる時間って

幸せだよね。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。