❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

キズグチを増やす己の選択。(現在に向かう私・23)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





先日

送り出したギター。



1936年製の
Recording King Carson Robison model 1281。


当時
345台が生産されただけの
とってもレアな
アコースティックギター。



この方にならば
お譲り出来ると感じ

お買い上げ頂いた。


無事
お手元に届いたようで
連絡を下さって居た。





沢山弾いて
奏でて頂いて居るようだ。

有難く思う。


11年間を
私のそばで過ごさせてしまったけれど


この方の手に
渡る為の過程だったと思えば


私が所持していた時代は
間違いでは無かったと

思い直せるような
喜びを頂いた。



お会いした事も無い方だけど
数回のメールのやりとりで
感じたお人柄は
とても素晴らしく
優しいものだった。


良いご縁を頂いたと
感謝して居る。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「傷を重ね付けられた日々にも。」(2014.12.6)】

【「自傷に代わるものなんて在るのだろうか。」(2014.12.9)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「聞こえぬ耳にも聞こえる悲鳴。」(現在に向かう私・21)(2014.12.8)】

【「殺される前に。」(現在に向かう私・22)(2014.12.11)】



続きを書くね。





終えたワンマン。

プレイヤーを信じてみようと
言い聞かす私の

心の中の
最後の糸が


完全に
切れてしまったステージとなった。





父の暮らすゴミ屋敷の
掃除にも通い続けて居た。


毎回
ただただ
ゴミをまとめる繰り返し。


空しさを

全身で
再確認するような


心身共に
追い詰めてくだけの

繰り返し。

【「汚い血は切っても吐いても亡くなりはしない。」(現在に向かう私・18)(2014.12.2)】

【「この血が汚いゴミだから。」(現在に向かう私・19)(2014.12.3)】




聞こえなくなった右耳は
なかなか回復をしなかった。


結局
現在も
私の右耳は少し遠いまま
これ以上良くなる事はない。





次のライブまでは
1ヶ月と少しの
時間を空けた。


開催日は自分の誕生日。

自分で立ち上げたイベントだった。


出演は4組。
そのトリが月下陽香だった。



このライブは
前回の記事に書いた
ワンマンで

心の糸が切れてしまった
ステージでのプレイヤーと
共に立つ予定になっていた。

出来るならば
変更をしたかった。

でも
簡単に予定は変えられない。
予定通りやるしかない。

プレイヤーとは
話し合いもしてみたが
どうしても
互いの感情は
もう上手くは噛み合わなかった。


私を想ってくれているだろう事は
とてもわかる。
月下陽香を想ってくれている事は
わかる。

でも
そう想い
起こされる言動は
どれも
私が求めて居ないものである。


想ってしてくれている言動は
私には
されたくない言動だから

私の中では
全てが苦痛でしかなくなる。




プレイヤーの気持ちも
わからない訳では無い。

イベントは
どんな事をしてもやり遂げなければ嫌だ。

だから
私はただただ我慢をした。


あとひとつ
ステージをやりきる為に
不満を
ただ飲み込んで耐えた。

それでも難しかった。

練習の度に
揉めるような状態。


他の出演者には
日頃から
とても仲良くして頂いて居る人達も居て
とても心配もさせていた。

辛い誕生日にならないようにと
相談にのってくれたりしていた。


裏側は
もうめちゃくちゃだった。





共に始めたばかりの頃は
少しの我慢で
耐えて居られた。

違和感は在れど
それでも
その少し前よりは
快適に近付いて居るだろう環境に
納得も出来た。


でも
違和感は
無くなる事無く
太り続けた。

お世辞も
おだても
苦痛になっていった。

やってられなくなっていった。


すごく幸せな時も
在ったはずなのに。



なぜ
そんな繰り返しなんだろう。

なぜ
歌う活動は
いつも
苦痛にまみれてゆくのだろうか。


人にも
自分にも

腹を立て
苛立ち

悲しみ
傷み

磨り減らし

それでも向かった。




当日を迎えた。


その日も
プレイヤーは迎えに来てくれた。

私は
誰にも言わなかったけれど

心の中では
彼等と立つステージは
今日で最後だと決めて居た。


それでも
最後である今日まで
きちんと送迎をしてくれた。


この日は
大雨で
荷物を運ぶのも大変だったけれど
助けてくれた。


そんな優しさは
いっぱいに在る人だった。

だけど

同じステージに立つのは
この日が最後だと思った。



でないと
本当に
憎しみ合う関係にしか
なれなくなると思ったから。




この日のライブの事や
当時の私の感情は
ここに書いて居る。

たまらなく苦しいライブだった。

心身共に
ボロボロに壊れたイベントだった。


本当に辛かった。

でも。

今になって想い起こせば

良い誕生日を
過ごせた事を

有難く思って居る。

【「【月が一番近づいた夜・2】ご報告をする前に伝えたい事を。」(2012.6.17)】

【「【月が一番近づいた夜・2】伝え事と晒し事。」(2012.6.19)】




自分をこの世から消す為に

私は名前を変えた。

【「私が私をこの世から消す為に。」(転居後前半・59) (2014.10.9)】



新しい名を得てから

3回目の誕生日は

ステージの上で
迎え過ごした。


続きはまた。






何日振りだろうか。


野良猫ぶーにゃん。


久し振りに会えた。


良かった。

生きてたんだ。


心配してたんだよ。




いつも
鳴きながら
近寄って来て
甘えてくれる。


でも
絶対に

私は
ぶーにゃんには触れなかった。


触れたら
情は
ひとつ深まってしまうから。





6月に
大事な子を看取ってから

暫くは
動物と暮らさないと決めた。


自分なりに決めて居る
動物を飼わない生活の目安は
最低でも1年半から2年。



我が子のように愛した
ぽんちゃんは

19年間を
私と過ごしてくれた。


ざっくり言えば
私の人生の半分は
彼女と一緒だったって事。



胸に
焼き付いた存在感は

まだまだ大き過ぎて


失った喪失感は
深く在り過ぎて


未だ
日々は

想い出に締め付けられる。



特に

最期の

看護と介護の生活は

まだ
リアルに記憶に在り過ぎて

私は
そこから

抜け出せては居ない。



しかも

人生の半分を
動物に合わせて生きて来たから

暫くは
自由に過ごす経験もしたいとも思う。


仕事でも
遊びでも

家に待たせている心配をせずに
体験する経験を

しておきたいとも思う。




だから
ぶーにゃんには触れない。


情が深くなって
連れて帰りたくなると困る。

見てるだけ。




だったはずなんだけど。


今日は
少しだけ触れた。


人差し指の先で


頭を

ぐにぐにっと。

触ってみた。



うわぁ・・
猫の感触だぁって

思った。



でも
触って思った。


ぶーにゃんは
この当たりで生きる野良猫なんだなって。


きっと
私が
この子を拾って帰る事は無い。




それなら
次に会えたら

また
ぐにぐにしよう。


ぐにぐにして

心に元気を貰おう。





この世に生きて在る内に

出会える
命の全てに


自分に対して
何かしらの

意味が在ると思う。




例え

それが
互いに傷付く結果として
終わりを迎えるものであっても


必ず

全てに

大事な意味が
在るのだと思う。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: