❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

殺される前に。(現在に向かう私・22)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





金縛り。



叫び声を
絞り出すように

もがいて解けた。



疲れてる。

すごく疲れてる。



でも。
頑張ってるんだよ。

毎日ね。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「傷を重ね付けられた日々にも。」(2014.12.6)】

【「自傷に代わるものなんて在るのだろうか。」(2014.12.9)】






過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「この血が汚いゴミだから。」(現在に向かう私・19)(2014.12.3)】

【「キズグチの全てを骨で奏でてくれないか。」(現在に向かう私・20)(2014.12.7)】

【「聞こえぬ耳にも聞こえる悲鳴。」(現在に向かう私・21)(2014.12.8)】




前回は寄り道の記事だったからね

今日は
続きを書かなきゃと思う。



寄り道して
書きたい事は

次々と頭に浮かんで


心は
そっちを
書きたがる傾向にも在るけれど


基本的には
過程をね

進めてゆかなきゃと思うんだ。




数年前。


そう

過程の続きは
直ぐそこを
書く所まで届いてる。


だから
今日は続きを書くね。




私は

プライベートでも
音楽活動でも
追い詰められていた。


なぜいつも

ここまでの
自己犠牲を払わなければ

私は
そこに居られないのか


もう
心身共に

限界なんて
とうに超えて居るのに



常に

誰かの後始末をして居る

常に

誰かの尻拭いをして居る。


常に

誰かの過ちを
私が詫びて居る。


その誰かは

常に
私よりずっと年上の
大人ばかり。


大人も大人。

ええ歳こいた
おっさんや
おばさんばかり。


いい加減にして欲しい。


必要以上に
頼らないで欲しい。

依存しないで頂きたい。


都合よく
利用しないで欲しい。


いつも
従うと勘違いするんじゃない。



飲み込めない感情を
私は
いつも
無理矢理に飲み込んで

後始末に追われてる。


言えない本音と
苦しみは

全て自傷行為に代えられてゆく。





日々壊れ行く心。

後を追うように
壊れ行く体。

ある時

大きな違和感の中で
告げられたのは

「突発性難聴」


私は
右耳がほとんど聞こえないままに
ワンマンライブに向かって居た。


描いたライブの構成は
前回の過程に書いて居る。

【「聞こえぬ耳にも聞こえる悲鳴。」(現在に向かう私・21)(2014.12.8)】



一部のギタリストに
毎日のように愚痴をこぼし

二部のベーシストにも
色々と相談をし

向かったワンマン。


ボロボロに磨り減らし
迎えた当日。



一部は順調に終えた。


その後
休憩を挟んでの二部。


観て居る観客には
わからないけれど
私には
納得の出来ない事が多発して居た。



プレイヤーと私
打ち合わせしていた事が
全く守られぬまま
ステージが続いた。


演奏の
速さやタイミングを
たった一人が
全て無視して
俯いたまま
アイコンタクトすらとれない。


違和感は
次第に観客にも伝わる。

歌って居ても気が気でない。


貴重な時間を割いて
チャージを払って
会場に居て下さる
観客に対しても失礼だ。


最後まで
そのままでやり切れるとは
思えなかった。

許せなかった。



ステージの上で
ステージの途中で

私は
プレイヤーに対し
笑いながらだが
ひとつ忠告をした。



それは
とてもしたくない事。

絶対にしたくない事。

でも

そうでもしなければ
ステージが続けられないと

判断したから
言わせて貰った。




多くの方に
駆け付けて頂き
有難いワンマンだったが

どんなに笑って居ても

私の心は苛立って居た。



こんな
嫌な想いをする為に

これまでの
何か月もをかけて
練習をしてきた訳じゃない。


体も心も
大きな無理を重ねて
我慢して
我慢して
耐えてきたのは

こんなステージを
する為では無い。



ステージの後

お詫びの一言でも
きちんと観客に言ってくれるのかと

僅かな期待を
最後の期待を
私はしたが

それも無かった。


大きな声で
言い訳をする姿が在った。


「だって…」

「だって○○なんだもん」

「だって○○だったから」


関係者や観客は
呆れて見てる。


私は

月下陽香の
楽曲は勿論

月下陽香が関わる
大切な人達を

大事に扱ってくれる人でなければ
共に活動は出来ない。



もう

自分の楽曲を殺される事も

大切な人達を
傷付けたり

嫌な想いにさせるような状況に


裏側で
お詫びして回るような後始末に

心身共に
使い果たして

壊れる繰り返しから

逃れたい。



これから先にも
いくつか決まって居たライブ。


次のひとつだけは
まだ
そのプレイヤーと
共演する事が決まって居た。


それは
私の企画したイベントで

私の誕生日に
開催が決まって居た。


そこまでは
何があっても
我慢をしなければと思った。


でも
それ以降は
もう
こんなに苦しい活動は
したくないと思った。




もう一度歌いたい。

血を吐くような訓練をして
数年を注ぎ

失った歌声を取り戻した。


やっとまた
ステージに立てるようになった。



それなのに。


いつも
いつも

ボロボロに壊れながら

深く深く
傷付き

傷みながら

後始末に追われて


命を

すり減らして居る。



その都度

自傷と嘔吐を
実行しなければ

耐えられない。


いつまでも
いつまでも
その継続。 


死んでしまう。

殺されてしまう。


殺されてしまうよ。


続きはまた。









数日

夜には熱が出て

背中には
カイロを貼り

おでこには
冷えピタを貼り付けて
眠った。


調子が悪い。
疲れ過ぎて居る。


腎機能が低下して居て
浮腫みが酷く

甲状腺の数値も
崩れてしまって
動くのがキツイ。


12月も
もう
3分の1が過ぎる。


急がなきゃ。



やり残してる事が

沢山在るんだ。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: