❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷に代わるものなんて在るのだろうか。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



「自傷」

って


何だったんだろう

って考えたら…



身体中に

パンパンに

溜め込んだ痛みの

ガス抜きなのかなって


朝方

目覚めて
胸が苦しくなった時に

思った。



それをして

ガスを抜くから

生へ向かう事が出来る。


きっと
私は
長い年月そうだった。


それは

きっと
生きる為の儀式だった。



幸いにして
助けられてしまったが

本気で死のうとした事も在った。


それでも

その後に
家族の
自死に直面してからは

その現実を知り


それだけはするまいと
決めて生きて来た。



そうなれば

自傷は

更に必要な物となる。



生き抜く為には


時々は

抜いてやらなけりゃ

破裂して潰れてしまう。



けれど
この2年程は
私の両の腕は
とても綺麗になった。


切ろうとか
焼こうとか

思う事は多々在る。


切りたい
焼きたい

思う出来事には

頻繁に直面する。




それでも

新たなキズグチを
目に見える腕に
記す事からは
離れて在る。



約30年の年月

どこかしらへ
刻まれ
焼き付けられてきた傷。



キズグチは

いつも
赤く熟れて

目に見える形で

皮膚に
在り続けて居たのに。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「垂れ流す偏在な毒の華はイキザマだから。」(2014.11.26)】

【「痛みに傷みに埋もれても。」(2014.12.5)】

【「傷を重ね付けられた日々にも。」(2014.12.6)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「この血が汚いゴミだから。」(現在に向かう私・19)(2014.12.3)】

【「キズグチの全てを骨で奏でてくれないか。」(現在に向かう私・20)(2014.12.7)】

【「聞こえぬ耳にも聞こえる悲鳴。」(現在に向かう私・21)(2014.12.8)】





2013年の七夕から
綴り始めたのは


摂食障害と

自傷を

覚えた頃からの
私の足跡。



どんな環境で生きながら

係わった人たちや
起きた出来事

その都度の自分の選択

想い


様々な事を

ここに書き記してきたが 


その
綴る過程も


やっと

数年前の私を
書き残す所まで来て居る。



過程を早く書き終えたいと

思う気持ちは
日々大きくなる。



それでも

過程が
現在に近付くにつれて


記憶は

まだ
余りにも


身近に
リアルに存在をし過ぎて


登場人物に
与える影響を考えれば

書けない事や
ぼやかす事も

当たり前に増え行き。



それでも
嘘は書けないから

選択にも悩み


頭の中で捲る記憶と
心の中で捲る記憶は


時に

分離させて
歩かせる必要も在り


人生と言うものは


本当に
多くの人と関わりながらの


訓練と

経験で

在る事を
思い知る。



また


恐らくは

同じ時間を生きて来た
同年代の人達の
平均よりも


自分は

良くも
悪くも
多くの経験を
してきただろう事に気付け


だから

出来る事が在る事も知れて



私は

ただただ
汚れて
歪んで居ると思って居た
これまでの人生に


最近は
初めて

少しの自信も
持てるようになり


頑張って来た自分を

時々
誉めてやりたいとも思う。




今日は
過程の続きから離れて
脱線?

寄り道の記事だね。






自傷行為で
ガス抜きをしなくなったのは


決して

楽に生きれるようになったからじゃない。

痛みが無くなった訳じゃない。


今にも
破裂寸前の痛みを

身体中に抱えて
狂いそうな日々は
変わらずに在る。






これは
どこまでが
正しい「我慢」だろうか。



人に押し付けられる矛盾を
ただ
黙って我慢して
飲み込み続ける事を

やめようと思って居る。


これは
ここ数年で
私が私に与えた
思考のひとつ。




私が感じるに


私の関わる人達から

私に
向けられる矛盾行為が在る時


そこには

余りにも

私の

労力や苦しみや

覚悟や努力や過程

表現やイキザマを


無視して
都合よく
私という人間や
私と言う人間の表現を
舐めて
利用して居る

現象が在る。



私に言わせれば
それらはとてもずるい。


自分は
何もせぬままに

押し付けてゆく。


さも

自分の手柄のように
奪ってゆく。


断りも
説明も無く

自分が生み出したかのように
盗んで掲げてる。



これまでは

そういう出来事に
吹き出す
不信も不満も


自傷に向けた。


奪う者達は
それにも気付かないから


いつまでも
都合よく

私や
私の表現を利用する。


自傷のキズに気付いても

まさか
その原因が
自分だなんて考えもしないから


慰める
薄っぺらい言葉を向けて


自分は
ミカタだと振る舞う。



馬鹿にしないで欲しい。


私はそう思って居る。
本当は。


なぜ

人のものを

簡単に盗ってくの?


苦労して

傷んで
痛んで

やっと手に入れたものを


なぜ
平気な顔して持ってくの?


時には
自分のもののように

振る舞って撒いて。


それが
泥棒だと言う意識が
なぜそこまで無いの?





私が感じるに


私の関わる人達から

私に向けられる
矛盾行為が重なる時


そこには


あなたならやってくれるよね

言わなくても
先読みして片付けてくれるよね


と言うような

決めつけを
相手は先にしており


それにも
先に気付いてしまうから

動いてしまう私の


ずるい相手に
握られた法則が在る。



最近の私は

もう
返ってこない先読みはしない。


損得勘定に
限定して
生きると決めた訳では無い。


ただ
どれもに

捧げる労力は
叩かない。



私を
粗末に扱う人の為に
注ぐ労力は無駄でしかない。

そう考えるようになった。




見返りや
金品が欲しい訳じゃない。




正しく
大切に想い合って


無理なく
穏やかに与
え合える人たちを選んで


生きてゆきたいと


考えるように
やっとなり始めただけだ。





そんな思考を
整理しながら考えた。


リスペクトってなぁに?



知らない訳じゃないけど
改めて悩んだ。


辞書には

「尊敬。敬意。又それを表す事。」

と在る。



私が
少し前に起きた出来事に

とうとう爆発してしまった想いは
まだ整理出来て居ない。





今年の始めに

私は
とても大切な
かけがえのない尊い人に

胸の地雷を踏まれ


暫くは
消化も整理も出来ず

それでも私は


その人だけは
失いたくなくて


沢山話して
沢山重ねて。


現在
やっぱり
その人は
私の宝物のような尊い方であり

私は
その人が大好きでたまらない。



でも

そこまで行き着くには

私自身が
自分の
偏りや
不足を

受け入れ

悩み 
変化し

また
それに対し


その方が
考え悩み


私を大切に受け入れて
扱って下さって居る


過程と現状が在る。




今回の出来事を
消化出来るには
まだ
かなりの時間が要るのかも知れない。

年内にお便りはしたいと思う。






今日。

体も心も大変だった。


明らかに

病的な浮腫みが酷く
悪化して居て
とてもしんどい。


顔も
ぱんぱんに腫れて

目が開かなくて視界が悪い。



それでも

朝からバイトが在った。


踏ん張って
踏ん張って行った。



帰宅後は
本業である陶芸もした。

ギターも送り出した。


数日ずっと熱が下がらない。


頑張っても
頑張っても


気持ちは
どうしても

落ち始めた

夕方。



そんな落ち込みを


ひょいっと引き上げて下さる
贈り物が届いた。





月下陽香が

今年
たった一度
立てたステージで


ご一緒頂いた
大好きな女性からの贈り物。




もう12月。


数日前から

大切な
大好きな方々に


今年も
感謝を込めて

小さな事しか出来ないけれど
クリスマスを送ろうと
梱包をして居た。


今朝は
その方への贈り物を箱に入れて

後は
お手紙を書こうと思って
バイトに出掛けた所だった。



そうしたら
その方から届いた贈り物。


これを贈って下さった方は

ここを
いつも読んで下さって居る事を
私は知って居る。


メールをしようかと考えたが


今朝
お手紙を書こうと思って居たから


無事に届いて
有難く頂いた事をこ
こに報告して


お便りに気持ちを綴り


私も感謝を送りたいと思う。


いつもありがとうございます。
今年の終わりと
新しい年の始まりに

美味しく頂きます。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡