❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷を重ね付けられた日々にも。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



やっぱり


アホやなぁと


思う。


12月7日が近付くと

その日が
母親の誕生日だった事を


未だ忘れられないで
生きてる自分は

馬鹿やと思う。




生きてるのかも
わからないのにね。


生きてたら
いくつなんやろか…。




毎年

6月16日が来る時に

あの女は

私を
思い出したりするのかな…




今日は
バイトは無くて
本業だけ。



本当は
もっと早くに取り掛かりたかったんだけど

体調が
かなり辛くて

直ぐには出来なかった
ある作業をした。





ギターの梱包。


スタッフさんに
お願いしても良いのだけれど


これは
どうしても自分でやりたくて


ギタリストの
タイキさんにやり方を教えて貰って
頑張って荷造りした。




11年前。


色々な

事情や

ご縁の果てに


我が家にやって来た


1本のギター。



1936年製の

Recording King Carson Robison model 1281。


当時
345台が生産されただけの
とってもレアな
アコースティックギター。


Carson Robison model 1281





私がね


生まれて初めて


“自分のギター”ってのを
持ったのは

この子だった。



この

生まれつき動きの悪い指で
生まれて初めて
弾いたギターは

この子だった。



だから


初めて
弦を張り替えたのも

この子。


初めて
曲を作ったのも

この子。



ステージでは
使わなかったけれど


この子は
私が
初めて手にした
ギターだった。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷と摂食障害の30年間を晒して向かう日々に。」(2014.11.25)】

【「垂れ流す偏在な毒の華はイキザマだから。」(2014.11.26)】

【「痛みに傷みに埋もれても。」(2014.12.5)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着きを書き続けて居る。

【「汚い血は切っても吐いても亡くなりはしない。」(現在に向かう私・18)(2014.12.2)】

【「この血が汚いゴミだから。」(現在に向かう私・19)(2014.12.3)】





過程の続きを
書き進めなければと
とても思うのだが


前回に続き

今日も寄り道をしようと思う。



今日
そうしなくてはいけない気がする。





戦前に


たった

345台

世に放たれたギター。



現在のこの世に

まともに奏でられる形で
在り続ける物は

一体
いくつ在れるのだろうか。



そのひとつが
私の手元に在る。



始めは
その重要さに気付けなかった。


そこまでの思考が
私には働かなかった。




でも
次第に気付いてゆく。


これは
とても価値の在る
貴重な楽器で在ると言う事。


そして

きっと
このギターは


私が死んだ後も

この世に
残すべき物で
あると言う事。




きちんと
メンテナンスの出来る人の手に渡り

1日でも長く

この世に在り続けるべきだ。



少なくとも
私のそばに
置いておく物では
ないのではないか。



私のそばに在る事で

ケアが出来ず
朽ちてしまうなら



私は

この世に残すべき物を

自己の

満足や怠慢で
壊してしまうように思えた。



これじゃいけない。



数年前
手放す事を考え始めた。




手放すに当たり
譲れない条件が

私の中にはいくつか在った。



このギターの

価値を理解して

メンテナンスをして
奏で
遺してくれる人に

譲りたい。



骨董品としての販売目的や


価値を知らぬまま
見た目だけで気に入って
改造等加えながら
自分の玩具にしたい人には


譲らないと決めて居た。



そういう人たちは
まず
値段も値切る。


私は

このギターに対し
正しいと思う価格でしか

取引はしないとも決めて居た。




だから

いくつもの問い合わせの
全てをお断りしてきた。



でも
今回頂いたお問い合わせは
とても心地よいものだった。



このギターの

価値を理解し

受け止め

求めて下さる方だと感じた。


この方が一緒なら


きっと
この子は
大事にして貰える。

そう思えた。


だから
お売りする事に決めた。




弦がもう錆びてるから
張り替えようか悩んだけれど

きっとお好みがあるから

そのままで送る事にした。





最後に少しだけ弾いた。

お別れだからね。





ありがとうって。

弾いた。


記念に写真も写した。

もう会えないからね。



よしよしってして。

ありがとうって
拭いて。






棺に納めるみたいだった。


で。

頑張って梱包。


ギタリストさんの教え通り

ダンボールと
プチプチで保護した。



何だか
遺体みたいだ…って

ちょっと思った。





数日内に
大阪よりも南の
離れた土地に旅立って行く。



愛して貰うんだよ。


うんと
可愛がって貰うんだよ。




11年間

一緒に過ごしてくれて
本当にありがとう。


ありがとね。


お買い求め下さったT様
宜しくお願い致します。







今年はね


大切なものを


いっぱい


亡くして
失くしてしまったの。



愛おしい命も


係わる人間も

信じる気持ちも


沢山なくなってしまった。

消えてしまった。



余りにも
悲しみは大きくて


未だ心は痛む。



更に

新たな傷は
深く付けられたまま


まだ毎日悩んでる。




そんな中。


この子も
私の毎日から消える。



けど
今回は安心してる。



すごくね
寂しい気持ちは大きい。


だって
11年
一緒だったんだもん。
寂しいよ。



でも。

お嫁に出すみたいにね

安心して
幸せを願ってる。





次回からは
また
過程の続きを
書いてゆきます。



きっとまた
寄り道もしながらだけれど・・。





数日
ぶーにゃんに会えてない。


寒くなったからね。


大丈夫かな。




今年もあとちょっと。



もうちょっとは
辛いまんまでも
踏ん張ろう。



きっと。


きっと。


新しい年は


今年ほど
失わずに


笑って居られると信じて。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。