❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この血が汚いゴミだから。(現在に向かう私・19)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





深夜とか

朝方とか。


ばちっと
目が覚めてしまう事が

多々在る。



その時の私は
いつも
とても不安定で

あーって

大声で
叫びたいような

ざわつきが
胸に広がる。



ざわざわざわざわ…


心が
酷く乱れて
不安でいっぱいになって
ドキドキして。


このままじゃやばいって思って
必死で
再び眠りに落ちる。




今朝もそうだった。


起きて
記事を書いても良いのだけど

もう
30分程だけ眠ってから
起きた。



今日は
バイトが休みだったから
通院をした。


インフルエンザの予約を
し忘れて居て

後日
改めて
検査と共に接種する事に決め
投薬だけで帰宅した。



その後

昨夜
ギタリストさんが届けてくれた

苺を頂いた。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷癖と摂食障害を晒して在る証。」(2014.11.20)】

【「自傷と摂食障害の30年間を晒して向かう日々に。」(2014.11.25)】

【「垂れ流す偏在な毒の華はイキザマだから。」(2014.11.26)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着きを書き続けて居る。

【「孤独の中で壊れそうなのに…。」(現在に向かう私・16)(2014.11.30)】

【「アタシも捨てられたゴミなのに。」(現在に向かう私・17)(2014.12.1)】

【「汚い血は切っても吐いても亡くなりはしない。」(現在に向かう私・18)(2014.12.2)】




今日も続きを書くね。






2階も

1階の
タンスも押入れも

空になった。


これまでに

一体
いくつのゴミ袋を
積み上げた事か


この手で
繰り返して居る作業なのに

全く把握も出来て居ない。




次は納戸と物置だ。


納戸なんて
とても小さいスペースなのに


なぜに
こんなにも
物が詰め込まれているのか

扉を開けて
まず唖然とした。



何が
どう積み上げられて在るのか

直ぐには判断も出来ない。


ひとつ
手に取る順番を間違えたなら

一気に
崩れ落ちるゴミに
私は潰されてしまうだろう。



慎重に
手前の物を取り出し
何とか僅かなスペースを作り

そこに踏み台を入れ込んで
のぼり


天井まで
ギチギチに詰め込まれた
様々な物を
ひとつづつ廊下に出してゆく。



どんなに嫌々でも

私が作業を続けて居れば

父も
手伝わざるを得なくなる。


ある程度取り出しては
共に分別を続けた。




母は
自宅で
アートフラワーの講師をしていた事が在る。


その頃に使って居ただろう
道具や材料が
次々と出て来る。


新品の物も多い。



使い切れる量を
把握して
買い求める計算が
苦手な人だったから


どうせ

勢いや

使うかも…みたいな
適当な考えで

大量に購入したものの

使わず


しかも
新しい生活には
もう不要だから

ここに捨てていったのだろう。



もう使えもしない
特殊な機材や
材料や
薬品の数々は

どう処分して良いのかも
悩む物ばかりだった。



それらの分別を
大体で済ませ

次のゴミを
納戸から取り出す。





次から次へ出て来る箱。

100を越える数だ。

取り出し
積み上げ
ひとつずつ開ける。



全て靴。

箱の蓋を開ければ

靴。

靴。

靴。靴。


サンダルやパンプス
ハイヒール。


どれも
そこそこのブランドで
そんなに履いた形跡も無い。





子供にも
旦那にも
小遣いも与えず


子供の年玉まで取り上げて


それらは
全て

そこにある

ゴミに
注がれていたのかと思うと

情けなかった。



母は

価値の在る物や
気に入った物は
全て持ち出したはずだ。


だから

ここに残された物以上の品を
買い込んで居たのだろう。


そりゃ
置いて行った借金が
大きいのも当然だ。

【「少女を壊した壊れた女。」(小学生・終・17)(2013.7.12)】





情けなさ過ぎた。

余りにも

情けなさ過ぎた。


いつも
着飾った母を
思い出した。


こんなの

ちっとも綺麗じゃない。

醜い。

汚い。




私の体には
同じ血が流れて居り

その事に
私が

どんなに
大きな憎悪を抱き
嫌悪を感じて在るのか


親にも
友達にも

手に取るように伝わる事は

無い。



大声で叫びたい。

もう嫌だと叫びたい。

でも出来ない。


恥ずかしくて
誰にも言えやしない。




私は健康では無い。
持病もいくつか抱えている。

父の方が遥かに元気だ。


私よりも元気で

定年した父には
私よりも
時間も余る程ある。



それでも
片付けようとしない父の
生活を変えたくて

もう
いい加減
まともな生活環境に居て欲しくて


片道2時間以上をかけて

体にも負担をかけながら
掃除に通う。



何してるんだろうかと思う。


こんなにも
体は疲れて

こんなにも
心は乱れ傷み


苦しくてたまらないのに。




私を壊した親の

とても勝手で
異常な足跡の

処理を

ひたすらしてる。


壊れた親が
放棄した
人生のゴミを


ただ
ひたすら
片付け続けてる。




いつもそうだ。


人の後始末ばかり。


人が
勝手に置いてゆく
ゴミの処理ばかり。


うんざりした。

本当にうんざりした。




夜な夜な

腕を切る事が増えた。


病気の猫を看ながら

腕を切る。

焼く。

泣く。


自分までも
ゴミだと思う。


猫は
いつも
膝にすり寄ってきてくれた。




切らなきゃ
焼かなきゃ

明日に向かう事が出来なかった。


死んではいけない。

自殺はいけない。

この目で見たはずだ。

その無念さは
身を持って感じたはずだ。


だから絶対にいけない。


でも。
もうやだ。
もう嫌だ。

私の体が嫌だ。

血が嫌だ。


自傷して居なければ


私は
この時
自死を選んでしまって居たかも知れない。





人なんて。

生きる程に
ゴミを作り出すだけだ。


私に言わせれば
人なんてゴミだ。

とてもそう考えた。


生きるだけで
ゴミに思えた。





自分は

出来る限り
誰かに迷惑をかけぬよう

要らぬ物は
買わずに居たいと
とても思うようになった。


自分の物を買うのならば
本当に欲しい物だけでいい。


要らなくなった物は
直ぐに捨てて
自分で処理すべきである。



欲だけで
自分の物を買い漁るよりも


大切な人達の為に
何かを選んで買う方が良い。


誰かの幸せを祈りながら
品物を選んで買う方が
自分も幸せだ。


自分の不足を
物欲で消化しても

それは
一瞬の快感でしかない。


繰り返して
依存し続けなければ
いけなくなるだけ。



私は
あの女のような人間にだけは
なりたくないと
つくづく感じた。



続きはまた。










昨夜
突き付けられたメッセージ。


そこには
どうしても
受け入れられない出来事が在り

それは
これまでにも
何度も繰り返されては

どんなに
つぶやきを吐いても

そこまでで

後は飲み込んで来た事で。


もう二度と
その人とは関わらない事を決め
その想いをはっきりと伝えた。

やっと伝えた。


また
時間が流れたら
そこで起きた出来事も
記す時が来るのかも知れない。



部屋も
物も
者も

掃除をするべき時に
在ると感じてる。

それが終われば

私は
もっと
自分らしく在れるはずだと思う。


自分らしく在れると

きっと
生きる事は
少し楽になると思う。


楽になる事で
目線は変わると思う。


受け止め方や
感情を
しまう場所も変化すると思う。




今日は休みだったバイトは
明日にはまた在って
勿論本業も在り。


そして
明日は
月下陽香の練習も在る予定。



ライブも決まってないから
練習はとてものんびり。


いろんな話をしながら

お菓子食べたり
ちょっと飲んだりもしながら

楽しく過ごす事を大切にしてる。



無理して
辛いのに我慢して
声を出すのではなくて


今は
そこまで追い込まずに
楽しく歌うようにしてる。



来年が来て
ライブが決まっても

出来れば
これからは

これまでよりも
楽しんで練習をしたい。


サボるとかじゃなくて。

適当に扱うのではなくて。



これまでが
滅茶苦茶
無理をしたから

そうじゃない練習を覚えたい。




ぽんちゃんは
もう死んでしまった。


だから

私は
とても寂しくなったけど


もう
介護も
看護も

しなくてよくなった。

楽になった。



だから
遠くに行く事も出来るのに

ギタリストさんは

ずっと
我が家の近くまで
練習に来てくれて居る。


寒いのに
ギター背負って
単車に乗って

来てくれる。


有難いといつも思う。





お誕生日と
クリスマスを

いつも祝ってくれる彼。


今月は
クリスマスも
彼の誕生日もある。


何か
温かく過ごせる物を

探したいな。


【 癒え待ち野バラ -イエマチノバラ- 】






※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。