❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

アタシも捨てられたゴミなのに。(現在に向かう私・17)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





今日から12月。



私にとっては

とても
とても

傷み
痛んだ今年の


最後の1ヶ月が始まった。



スケジュールノートは

半日のオフは
少しだけ在れど


大晦日まで
きっちり埋まった。




明日からは
大阪も冷え込むようだ。


冷え性の私には
辛い季節。



昨年頂いた
生姜湯が
とても美味しくて気に入って


今年は
自分の分と
大事な方にもひとつ
購入して
送った。



その方のブログには
届いた事を
ちゃんと伝えて下さって居て


同じ物を飲みながら

その方を思い出し

今日も
頑張ろうと思う。




今日も

朝から
まずバイトだった。


行きは
雨降りで会えなかったけど。



帰り道。


今日も居たよ。

ぶーにゃん。








2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷癖と摂食障害を晒して在る証。」(2014.11.20)】

【「自傷と摂食障害の30年間を晒して向かう日々に。」(2014.11.25)】

【「垂れ流す偏在な毒の華はイキザマだから。」(2014.11.26)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着きを書き続けて居る。

【「己をこの世から消しても私が遺すもの達。」(現在に向かう私・14)(2014.11.27)】

【「キズグチに重ねて切り付ける日々へと。」(現在に向かう私・15)(2014.11.29)】

【「孤独の中で壊れそうなのに…。」(現在に向かう私・16)(2014.11.30)】




続きを書いてゆきます。




父が
ひとり暮らす家は


かつては

両親と
私と妹
4人の家族が
暮らした事のある家で


そこは

20と数年を掛けて


ぞっとするような

まるで
ゴミ屋敷となれ果てた。




定年を迎えた父。


これからは
毎日が休日になれど

それでも
父が
家を片付けるとは思えなかった。



母と
妹が
置いて行ったゴミは

そのままで残され


更に
片付けられない父の

生活用品は

不要な物までが
乱雑に散らばり


それらは
今後も散らかり続け


父が亡き後に

私が
全て
ひとりで背負い

処分させられるのだろう。



もう
うんざりだった。


働く事から引退をし

これからの残りの人生を

父が
そのままで生きてゆく事も
良くないと思った。




もういい加減
父に

自分の人生を

受け止め
整理して貰わなければ

余りにも
情けなくて
哀れだ。



自分の

非も
不足も

言い訳に逃げて

認める事も出来ぬまま
20年以上の年月が
過ぎようと


未だ
出て行った
母と妹への

恨み辛みを
私に言い続け


酔えば
それらは増し

何時間も私に聞かせ


挙句の果てに

私を
自分の
昔の妻と間違えて

甘えたり

汚い言葉を浴びせる

父。



それが

自分の命を
この世に成形した
精子を

出した生き物だと思うだけで


情けなくて
恥ずかしくて

吐き気がする。


自然嘔吐が

止まらなくなる。





父が

ずっと
捨てられずにいる

母や妹の物を
全部捨てようと思った。

もう要らないんだから。


これ以上
父の毎日に
それらが在ったところで
良い事なんか
ひとつもないのだろうから。





私は父宅へ通った。


病気の猫も飼って居るし
父の家に
泊まりたくもなかったから
日帰りで何度も通った。





まずは

完全に
開かずの間となっている

2階に上がった。


父が
家中のどこよりも
行きたがらなかったのは
2階だった。


だから
ひとりで上がった。




雨戸を開けた。


部屋が明るくなり
冷たい空気が室内に流れた。


母と妹の
使っていた物が
あちこちにある。


そして

私が
まだ
そこに居た頃に

使って居た家具も
少し残っている。





2階にある2部屋の内の
片方は

一時期
私の部屋だった事もある。




机の引き出しや
クローゼットの中

押入れの中まで


母に
全部ひっくり返されて


恋人や
男友達が居るだろう事が
わかる何かを見付けては


叩かれて
叱られて

別れさせられた


中学時代。
高校時代。

【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】



抑圧と
束縛は

異常な程大きくて

友人とも
上手く付き合えず

いつも

浮いて居た私。



非常階段に逃げ込んでは

腕を切って居た
14歳。



母が居なくなって
妹が荒れて


スナックで
初めて働いて。


登校拒否をして

部屋にこもった
15歳。


過ちを隠すために
私の欠席日数は
ゼロとされ
卒業した中学校。



嘔吐物を入れたバケツを
放り出したベランダ。


友達も呼べなかった家。


そこで
自傷を重ねた頃の想いが

次々とリアルに蘇る。



大好きだった彼の
いつも
きれいに磨かれた靴。


羨ましかった
友達の自転車。


先輩たちの
耳をつんざくような単車の音。


大人の人達に混ざって
歌う事が楽しかったバンド。



記憶が

次々と
パラパラと

捲られる脳裏。


吹き出す想いは

膨大で


しかし
そこに在る物


全てはゴミだ。





次々と
順番に
全てをまとめていった。



燃えるゴミ
プラスチック


衣類
布団
家具


全ては
分別を待つ大量のゴミ。


決して大きな家では無い。


小さな家の
限られたスペースに


よく
こんなにも
物があったと

驚く程に

まとめても
まとめても

ゴミが出て来る。



父宅に通う度に

ゴミ袋の数は
20や30出来上がる。


一昔前ならば
まだ
ゴミの分別も簡単だっただろうに


ゴミの処分にも
お金がかかる時代になって
やっと始めた大掃除。



見覚えの在る物を
次々と
ゴミ袋に入れ

書籍は紐でまとめ


家具は
潰せる物は潰し


ひたすら繰り返す分別。




妹の部屋を片付け始めれば

彼女は
余りにも突然に
母に
連れて行かれただろう事が

あちこちに伺えた。


まるで拉致のように


その瞬間まで

そこで
何も考えずに
過ごして居ただろう形跡が

散らばって居た。



絵を描く事が好きだった妹。


キャンパスには
書きかけの絵がそのまんま。


制服と
教科書と
僅かな衣類以外は

ほぼ
そのままだったように思う。




母は
自分の欲しい物と
価値のある物だけは
全て持ち出しして


要らない物と
借金を
置いて行った。


妹は
新たな生活で
必要な物は
基本的に
新しく揃えて貰っていた。


これだけ
ほとんどの物を置いて行ったなら
当然だろう。


ゴミとなったそれらも
ひとつづつ
分別を続けた。



妹の写真が出てきたり
書いたノートが
見付かったりする度に

その手が止まった。




見てしまう。

どうしても見てしまう。


こんな顔だったなぁ・・

こんな字だったっけ・・


そんな

小さな足踏みも
繰り返しながら

ゴミをまとめていった。




まだ
ここまでは楽だった。


心の痛みも
軋む程では無かった。


まだ
十分に
耐えながら

対応出来る範囲に在った。



でも
ゴミ屋敷の掃除は

そんな簡単な事では無かった。



続きはまた。






昨年頂いた
サンタさんと
トナカイさんと
リース。


今年も飾った。



うちにも
クリスマスがくるのかなって
ちょっと思えるね。



これは
全部手作りで頂いた物。


お金だけじゃなく
時間も
労力も

注いで下さった贈り物。



これを贈って下さった方は

昨年は
私だけでは無く
ギタリストさんにも
マフラーを編んで下さって


少し前から
ギタリストさんが
今年もそれを使ってる。





去年の年末は

まだ
ぽんちゃんが生きてた。


さすがに

もう
一緒に過ごせる
年末もお正月も

最後かも知れないから


色々と
お誘いも頂いたけれど

ほとんど出掛けなかったなぁ…



ぽんちゃんと
一緒に居る事が最優先だったから

せっかくのお誘いを

断って

気分を害されて
二度と
連絡くれなくなった人も居る。



でも。

あの時は
ぽんちゃんと一緒に居て良かった。


でなかったら
きっと
今頃

凄く後悔してたと思う。



今年はどうしようかな…。


お正月は
少し休みを作って


ちょこっと出掛けたいなと思う。


【 ライブノーカット 】




・・・セットリスト・・・

1・浮草情火(うきくさじょうか)
2・烙印
3・モザイク
4・癒え待ち野バラ -イエマチノバラ-
5・キズグチイバラ




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡