❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

己をこの世から消しても私が遺すもの達。(現在に向かう私・14)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





バイトへ向かう道のり。


決まった場所で
ちょくちょく出会う野良猫。



やたら丸い。


愛嬌の在る
不細工なお顔。



声は抜群に可愛い。
クリアな鳴き声。





うちの
ぽんちゃんの方が
ずっと美人だったなぁ…。


けど。

声は
ぽんちゃんは潰れてたなぁ…。


そこが
また

愛くるしかったんだよね…。





今日は
月下陽香の練習もあって。


ギタリストさんにも
この猫の写真を見せて
笑った。



そして
色々と聞いて貰った。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷癖と摂食障害を晒して在る証。」(2014.11.20)】

【「自傷と摂食障害の30年間を晒して向かう日々に。」(2014.11.25)】

【「垂れ流す偏在な毒の華はイキザマだから。」(2014.11.26)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着きを書き続けて居る。

【「キズグチを掘り起こさないで欲しいんだ。」(現在に向かう私・12)(2014.11.22)】

【「亡くして失くしたままのここから。」(現在に向かう私・13)(2014.11.24)】





前回
前々回と

寄り道を続けてるから


続きを書いてゆかなきゃね。




私は

月下陽香としての活動に
重点を置き

バンド活動は休止させ

月下陽香の
セカンドアルバムの制作をしていた。



レコーディングは
何とか終えた。


6曲の収録の最後には

歌詞カードには載せない
短い1曲を

サプライズで
私が
弾き語りをして収録した。



これは
お買い求め下さった方だけに
プレゼントする1曲で

ライブでも
しない歌。



マスタリングは

ネットラジオでお世話になっている
プロデューサーに依頼した。


ジャケットや
歌詞カードのデザインは
決めて居たが

それを
入稿出来る技術が
私にはないから

レコーディングをお願いしたスタジオに
紹介頂いた方に依頼をした。



詰め込みまくったスケジュール。


連日
息を切らして
走り抜けるような状況で


やっと
全ての準備が整い
入金も済ませ

完成を待つだけとなった。



レコ発の
ワンマンライブまでは

もう1ヶ月も無い。


構成を
考えなけれないけない。



月下陽香には
当時
ギタリストが居て

一応の表向きは
デュオとして
活動している事にしていたが


私は
もう
彼の事は信頼して居らず

他のサポートを探しており


それまでの
繋ぎとしてしか
考えて居なかった。



だから
共に活動はしていても

セカンドアルバムの制作には
彼を関わらせなかった。


でも
まだ

月下陽香には
正式なサポートプレイヤーが
見付かって居ない。



現在の
月下陽香の
ギタリストであるタイキさんに

セカンドアルバムの制作には
携わって頂いたが


彼は
当時は
決まったギタリストでは無く 


今後
セカンドアルバムを
売り出してゆくに当たり

サポートを頂きたいと
お願いをしていただけだった。



彼のような素晴らしい人を
束縛してはいけないと
物凄く思って居た。


彼のような人が
居てくれたら

なんて心強いだろう。


でも
それは
してはいけないと思って居た。



だから
しばらくの間の
サポートと言う話をしていた。



セカンドアルバムの
レコ発ワンマンライブは
2部に分けて行う事にした。


一部は
当時の
本来のギタリストと
何曲か演奏し終えてから


二部で
セカンドアルバムの収録曲を
聴いて頂くようにした。



流れを描けたら
後は懸命に練習を重ねた。



重ねる毎に
私の中では
ふたりのギタリストの違いが
浮き彫りになってゆく。


あからさまに
見せ付けられるようだ。


片方は
頼りなく嘘ばかり。
片方は
頼りがいが在り

嘘が無い。


これからを
とても考えて居た。





レコ発ワンマンライブが近付き
待ちわびた
セカンドアルバムが届いた。



セカンドアルバムのタイトルは


 【 生きてるからね。 】


ファーストミニアルバム
【 うまれてきたよ。 】を

出した時から


セカンドアルバムの
タイトルは決めて居た。



全6曲+サプライズの小さな1曲。

1・我も奏で者
2・毒華
3・伝えたい事
4・モザイク
5・月は陽(ひ)に焦がれ
6・うたうたい




大きな箱に
ぎっしりと詰め込まれたCD。


1枚当たり
ほぼ1000円をかけて
制作したセカンドアルバムは
売価1枚1000円。

趣味だからね。
儲かりはしない。

全て売れて
やっとトントン。

完売なんて難しいから
基本は赤字。



それでも出したかったCD。


私の歌を
そばに置いて欲しい想いは
とても大きい。



でも

同時に


私は
まだ
心のどこかで


歌を殺される事に
怯えても居る。


自分が
イキザマを込めて
生み出したオリジナルが


勝手に
壊されたり

使われたりする事を

許せないで居る。




やっと出来上がった
セカンドアルバム。


手に取れば

胸が痛くて

声を上げて泣いた。





レコ発ワンマンライブ。


当日を迎えた。


仲良くして下さって居る人達が
駆け付けて下さった。



一部は
とてもあっさりと過ぎた。


二部が始まり
いよいよ
セカンドアルバム収録曲を
聴いて頂く時が来た。


5曲目に収録した

「 月は陽(ひ)に焦がれ 」を歌った時


ギタリストの音を
聴きながら
歌いながら
涙が出た。




大阪へ逃げて来て
名前を変えた私。


その私の名は
「陽」である。


月が大好きな私は

大好きな月を照らす
太陽から

「陽」の字を頂く事に決めて

裁判所に申し立て
名を変えて居る。

【「私が私をこの世から消す為に。」(転居後前半・59) (2014.10.9)】



そんな私の
これまでを

出来る限り
ストレートに歌ったが楽曲が


「 月は陽(ひ)に焦がれ 」 だ。

・・・・・・・・・・

【月は陽に焦がれ】
      月下陽香

色んなもの捨ててきてんさ
辛かったもん
みな捨てて
流れてきてんさ

知らん人達の中でなら
新しく生き直せるかも
なんて思ってんね

空の狭い
星もよう見えん
右も左も
ようわからん街でや

道に迷っても
もう人生に
迷わんですむかな
なんて思っとったんよ


逃げてきたんよ
逃げてきたんよ
私 逃げてきたんよ
負けて 逃げてきたんよ



もう一度
生きる事から
始めてみよって思って
流れてきてんさ

沢山泣いたよ
結局は
やっぱり泣いて 泣いて泣いて
また死にたくもなった

神様は残酷で
大事な人を
余りにも早く呼び寄せた

無念って言う
言葉の意味
やっとわかって
心底わかって
途方に暮れた


逃げてきたんよ
逃げてきたんよ
私 逃げてきたんよ
負けて 逃げてきたんよ‥



歌声は 叫んでる
上手く言えん想い
詰め込んで
流れを探す

私なんか偏在で
ワガママでずるくて
イカレた女やけど

居場所をくれるんよ
でっかい優しさを
私なんかにくれたんよ

この街に
来て良かった
前よりほんの少し
自分の事愛せた


逃げてきたんよ
逃げてきたんよ
私 逃げてきたんよ
負けて 逃げてきたんよ



逃げてきたんよ
逃げてきたんよ

私 負けて
逃げてきたんよ

負けて
この街に 逃げてきたんよ

・・・・・・・・・・・・・


レコ発ワンマンライブは無事終わった。


入り込んで歌える
そんな演奏を
してくれる人の音で
歌いたいと

とても思った。



続きはまた。










どうしても


もう

閉じ込めて置けなくなった

想いは
爆発してしまい


前回は

記事にぶちまけてしまった。



本当ならば
そうする前に

それを

伝えたい人に
直接言えば良いのだろう。


しかし

書き放ち
我と向き合うスタイルを
選んだ私に


今朝
目覚めたら

メールが届いて居た。



まだ
1度
さらりと
読んだだけだけれど

爆発してしまった私に対し

とても穏やかに選んだ言葉で
文字を送って下さって居る事は

とても感じた。


その事には
とても感謝して居る。



お返事は
まだしていない。


これから
繰り返し読んで


自分に
非が在るか

あるとすれば
それはどれなのか

冷静に考え

思い違いが在るならば
整理し


消化出来るのか
出来ないのか

出来ないとすれば

何が
私にとって
やはり譲れない想いなのか


答えを探したい。




その上で

きちんと

今度は
直接
想いを伝えたい。




ご本人に伝える前に
私は
想いを記事にした。


そのご本人が
読めばわかる書き方で。


私の
そのやり方は


正しいかと考えれば

そうだと言い切る
自信は無い。



されたと
思いこんで居る出来事にも

お相手にも
理由や
お気持ちが在るだろう事も


少し
理解出来始めた。



ただ

「毒華」と言う言葉が
月下陽香以外の何かを
表現する為に

月下陽香の
存在を
無視した形で
使われた事への

痛みや傷は

まだこの胸に深く在る。



もう
同じ想いは繰り返したくない。

自分にも相手にも。

もう繰り返したくはない。

だから考えたい。

丁寧に考えたい。



それをするには
今の私には時間が足りない。

何日かをかけて

破裂して
散らかった胸を整えてから

仕事に追われずに
ゆっくり座れる時間を
そこに注いで
メールか
手紙を送りたいと思う。






※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡