❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

垂れ流す偏在な毒の華はイキザマだから。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



私は

「月下陽香(げっかようこう)」として

オリジナル楽曲を
歌い発信している。


私は

創作陶芸作家として

うつわを
創作販売もして居る。





それが
プロの方でも
アマチュアの方でも

例えば


“この方の歌声や発声は素晴らしいなぁ”とか 

“こんな表現が出来るなんて
              素晴らしいなぁ”とか

感じると


自分も
少しでも
そこに近付きたくて

その

声の出し方や
体の動かし方などを

真似て練習してみたり
する事が在る。



どんなに真似て
練習したところで
同じにはならないし


真似の段階では

泥棒でしかないから
発信はしない場所で

真似をしてみながら
練習を重ね


自分なりの何かを掴んだら

それは自分自身だから
発信する場へと持って行き
表現にする。




プロの方の作品でも
アマチュアの方の作品でも

例えば


“素晴らしいなぁ”と
感じる器に出会えた時は


その器に

どんな土が使われて
どんな釉薬が掛けられて在るのか

焼成は還元か酸化か

その技法はどのようなものか


様々な角度から
作品を眺め
判断し

後日
真似て創作してみる事が在る。



これも
また
決して同じにはならないが

真似て作ってみた段階の物を

自分の作品として出したり
商品として売ったりは

しない。



真似をする事で学んだ
技術で

新たな物を生み出して

初めて

自分の創作作品として
発表をする。



それは

当たり前の
正しいプロセスのひとつだと

私は考えて在る。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷癖と摂食障害を晒して在る証。」(2014.11.20)】

【「自傷と摂食障害の30年間を晒して向かう日々に。」(2014.11.25)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着きを書き続けて居る。

【「キズグチを掘り起こさないで欲しいんだ。」(現在に向かう私・12)(2014.11.22)】

【「亡くして失くしたままのここから。」(現在に向かう私・13)(2014.11.24)】






過程の続きからは反れて
想いを綴った前回。

続きを書き進めたいのだが


どうしても
自分に問うて
考えたい事が在り


今日も寄り道を記す。







月下陽香は

現在

1人のギタリストと
ボーカルの私

2人で構成されて居る。


基本的に
楽器はギター1本。

歌にはハモリも無く

とてもとてもシンプルだ。



そして

そのシンプルさとは反対に
ゴテゴテで
コテコテの
ステージ衣装と


基本的には
椅子に座って
出来るだけ
観客と近い目線になってからの
長いMC


それから

あちこちに
ギタリストのツッコミがある。


それが
月下陽香&ギタリストのステージ。



今のスタイルに行き着くまでには

やはり
色々な方々を参考にしたり
影響を受けて
考えたりしてきた

過程が在る。


真似では無く

影響を受けたものを参考に

自らのスタイルへと
吸収してきた足跡が在る。




逆も在る。

きっと
この方たちは

月下陽香を参考に
変化した部分が
おありなのだろうと

感じる事も在る。




例えば

月下陽香は

MCの時
必ず
ギタリストが
私のトークの後ろに
小さな音でギターを弾き続けて居る。


トークの時間も
内容も
特に彼には伝えられていないが

喋り終わり
次の楽曲が始まるタイミングを
きっちり押さえ
合わせてくれる。



ある時

月下陽香のライブをご覧下さった
デュオで活動されておられる方々のステージを
観覧に伺うと


MCの間に
ギタリストさんが
何か弾いて居るステージングに
変化して居た。



私は

きっと
月下陽香を観て
良いなって思って
取り入れて下さったのだろうと思った。



私たちが
そのお二人から
刺激を受けて考える事も在る。


そういうのは
お互いに与え合えて
良い繋がりだと思え

有難く感じて居る。






昨夜
私は

沢山の毒を吐いた。

いくつものツイートに

とうとう爆発してしまった
不信を
ぶちまけてしまった。

そして
改めて再確認をした。



これは
決して
一度の出来事に
カッとなっての不信では無く

ある時からずっと
いくつかの出来事が
心に引っ掛かって居て


それでも
その人は良い人だとか
大事な仲間だとか
思う気持ちは
とても大きかったから


引っ掛かる自分が
きっと間違って居ると

何度も言い聞かせ
飲み込んできた事だった。



でも
ひとつも
消化は出来ないで居た。


全て
無理矢理
我慢してるだけだった。


だから
とうとう爆発してしまった。



そうだ。

こういう事は
今までにも何度も在ったのに…


また
爆発するまで黙ってたから

こうして
爆発してしまうと

もう
元には
余程でなければ戻れない。



一体
私はこれから
どうすれば良いのだろう。






なぜそこに至ったか。

ひとつずつ
思い出してみた。



そこに
私は
どんな感情を抱いて在ったのかは

理解出来て居る。


どうしても

「盗まれた」

「奪われた」

そんな想いが
付きまとってしまうんだ。


知らない人ならば
きっと何も思わないのだろう。


でも

とても良く知って居るはずの人に
される事は

私には

大きく傷付く事であり

深い侮辱でも在るんだ。


そして

とてもとても
悲しかった。







月下陽香の楽曲
「アゲハ蝶」の歌詞の中に

“腫れ上がる皮膚を削ぐように”

と言う言葉が在る。


その楽曲を
発表して間もない頃


ある方のブログの記事の中で
“腫れ上がる皮膚を削ぐように”
という言葉が使われていた。


好みが
どこか似ている部分も在る人だから
似た物を選ぶ事は
あるだろうけれど

これは
きっと

私の歌詞を知って
使ったのだろうと


その時感じたが
私は黙って居た。



月下陽香の楽曲に
「月は陽(ひ)に焦がれ」
というタイトルの歌が在る。

その方と
同じイベントに出演した時に

恐らくは
その方の新曲だっただろうか…
それは記憶に自信が無い。


その歌の歌詞には
“月は日に憧れ”
という言葉が何度もあり

それは
歌い回しでは
“月は陽に焦がれ”とも聴こえ

共に出演する日に
その歌をなぜ選んだのか
本音を言えば
良い気はしておらず

月下陽香に
会いに来て下さったお客さま達にも
それは指摘され

更にその想いは増し


それでも
私は黙る選択をした。




月下陽香が
「浮草情火」と言う楽曲を出した
すぐ後

その方が出した新曲は
浮草情火と
どこか背景の重なるものに思え

私の胸の中では
疑いを持ちかけた。


これは
私の
勝手な思い込みである可能性も
とても高い。



なぜ今それなのかと
思ったのは本音だった。





「あれ?」って思う事は
何度か在った訳だ。


それは

良い刺激や
影響を与え合って

参考にし合い
吸収し

お互いに
変化し
向上してゆくプロセスとは


私には考えにくく 


「安易に真似をされた」とか

「勝手に持って行かれた」とか


そんな感情に
どうしても近かった。




だけど言わなかった。


言えなかった。


ギタリストさんには
何度か相談をしたけれど

ご本人には
私は何も言わないで来た。


大事な人だから。

その方も
その方のご家族も

大好きだから。


言えなかった。




でも。

大好きなら
言わなきゃいけなかったんだなと
今日とても思って居る。


なのに言わぬままに


この記事を書いて居る。


今言ってしまうと

気持ちの整理が
まだ出来て居ないから

相手だけを責めそうで



この記事を読めば

このお相手である方には
私が
誰に書いて居るのか
わかってしまうのだけれど


こうして
書きながら

まだ
過程や想いを
分析している途中。






夕べは
感情が爆発した。


引き金が何だったかは
理解して居る。




月下陽香の楽曲には

「毒華」
と言う歌が在る。



これは

個人的にも
思い入れが
とても大きい楽曲のひとつ。


セカンドアルバムの
2曲目にも収録した物である。



まだ
子供だった私の手に
家の鍵を渡し

誰にも言っちゃいけないと
何度も念を押し

月が綺麗な
静かな夜


母親が
出て行った時の事を

歌にしている。




大好きなその方が
発信していた
決して私では無い
女性ミュージシャンの画像と記事の

タイトルには
“毒華”という言葉が
使われているのを見てしまった。






月下陽香の
楽曲のタイトルは色々と在る。


「うたうたい」とか
「伝えたい事」
と言うタイトルの物も在る。


「うたうたい」なんて楽曲は
この世に
数多く溢れてる。



もし…

とても親しい誰かが

仮に

“うたうたいの私” や
“君に伝えたい事”

なんてタイトルで
新曲を出しても


きっと何も思わない。
疑う気持ちは無い。


それは
在りふれた日本語だから。

誰の物でも
きっとないから。




でも。


月下陽香の楽曲で


例えば
今年発売したCDに
収録された2曲は


「キズグチイバラ」 と

「癒え待ち野バラ」 である。



また
勝手な妄想だが


もし…

とても親しい
互いに良く知る誰かが


仮に

“悲しいキズグチイバラ” や

“癒え待ち野バラが咲いた” (めっちゃダサいけど…)


なんてタイトルの新曲を出したなら
それはとても気分が悪い。




“キズグチ”も
“イバラ”も
“野バラ”も

日本語だけれど


 
「キズグチイバラ」
「癒え待ち野バラ」


私が考え
生み出した言葉だからだ。


私のオリジナルだからだ。




「毒華」もそう。


“毒”も
“華”も

日本語だけれど


 
「毒華」って言葉は

正しい日本語では無く

私の
オリジナルの表現である
言葉なんだ。



「毒華」は
月下陽香の
イキザマのひとつである
歌の名前なんだ。



そういうのが
曖昧にされる事はとても辛い。






間違って居るのは
私なのだろうか。

物凄く考えて居る。


でも


とても良く知る人に
大好きな人に

それをされる事は


やはりとても嫌だと思う。


共通の知人にも
疑いをもたれると思う。








いつも読ませて頂いて居る
ブログがいくつかあるのだが


少し前
ある女性の書かれた記事には
私の事が
少し書かれていた。


「“キズグチ”に
 種を植えると言ったボーカリストに出会った」

というような文字が
そこには在った。



仲良くして下さる方々の中には
私と出会って以降

記事に
「キズグチ」と言う言葉を使う時に

それまでは漢字だったのに
カタカナで
「キズグチ」と書くようになった方が
何人かいらっしゃる。


これまた
勝手な思い込みかも知れないが


私は
それは

私の楽曲
「キズグチイバラ」に
影響を受けて下さったからかなと
思って居る。


そこには
誰も
なぜカタカナで書くようになったのかなど 
一言も書かれて居ないから 

私の
勝手な受け止め方で在り 


もしそうであっても 
そこの読者さんには
それは伝わらない。

その日
初めてそこを読んだ人が居れば 

カタカナを選択したのは
記事を書いて居る方の選択だと
受け止めるだろう。


それに対して
何かしらの不満を感じている訳では
全く無い。




ただ

私の事が書かれていた
少し前に拝読した記事には


私の名前や
曲名が
書かれて居た訳では無いが


その方と


共通の知人が見たならば


それは
月下陽香の事だと
わかる言葉であり


だからこそ

“傷口”ではなく

“キズグチ”という文字が
選ばれて在る事が伝わり


その方のお心配りは
とても有難く


自分以外の誰かが
生み出したものを
尊重するとは


そういう事でもあるのではないかと
とても考えた事が在る。








昨夜から
ずっと考えて居る。


私は
どうすべきだろうか。


どこまでが
正しい主張なのだろうか。


まだ悩んで居る。



まだ
しばらくは考えてみようと思う。


ただ
このままではいけないと思う。


このままだと
大好きで
大切な人が
大嫌いになってしまう。



話した方が良い。

きっとそうした方が良い。


私の誤解も
在るかも知れない。


それでも
飲み込めない事は

嫌だと伝えた方がいい。



毎日はとても忙しい。

時間には
余裕が全く無い。


もうしばらくは
よく考えて

どうすべきか決めよう。






過程の続きは
次回からまた書きますね。





・・・・・・・・・・・・・
【 毒 華 】
       月下陽香

赤い毒を吐き出し 曼珠沙華が咲いた
滴る夜を抱き締め 曼珠沙華は咲いた

 蓮華畑  埋もれる笑顔
 高い高いで届くお日様
 その手の先に 繋がれるもの
 青いお空と花飾り

赤い嘘を晒して 曼珠沙華が泣いた
刻まれた就縛に 曼珠沙華は泣いた

 渡された鍵  消えた足音
 ふたりの秘密  見届けた月
 その指先が 置いてゆくもの
 要らなくなった食べ残し

赤い涙流して 曼珠沙華か呼んだ
我が身を裂かれ焦がれて
曼珠沙華は呼んだ

赤い涙失くして 曼珠沙華が涸れた
細い首をはねられ 曼珠沙華は涸れた
崩れ落ちるように 干かれ涸らびてゆく
お別れの瞬間(とき)だね
曼珠沙華は枯れた。

・・・・・・・・・・・・・

先日

ふたつの動画を
やっとYouTubeにアップしました。


新曲であり
今年発売したシングルCDにも収録した

【 癒え待ち野バラ –イエマチノバラ- 】と

1時間弱の
ライブノーカット動画です。


お時間を頂ける時に

よろしければどうぞご覧ください。



【 癒え待ち野バラ -イエマチノバラ- 】


【 ライブノーカット 】


・・・セットリスト・・・

1・浮草情火(うきくさじょうか)
2・烙印
3・モザイク
4・癒え待ち野バラ -イエマチノバラ-
5・キズグチイバラ





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡