❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷と摂食障害の30年間を晒して向かう日々に。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・







2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「限界超えて倒れそうだよ…。」(2014.11.13)】

【「境界線上で這い回る嫌悪感。」(2014.11.18)】

【「自傷癖と摂食障害を晒して在る証。」(2014.11.20)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着きを書き続けて居る。

【「キズグチを掘り起こさないで欲しいんだ。」(現在に向かう私・12)(2014.11.22)】

【「亡くして失くしたままのここから。」(現在に向かう私・13)(2014.11.24)】






過程を綴る記事は


月下陽香として
セカンドアルバムの制作をして居た頃の

私を記して在る途中。


振り返る足跡を
早く
現在に繋げたい想いは

日々強まるのだが


どうしても
体力的に難しいので


今日は
寄り道を綴る事にする。






先日


仕事で少し遠出をした。

とは言え

まだ
電車と徒歩での
自力で移動出来る範囲は

病状的にも限度がある。



しかし

どうしても
お客さまのご自宅にお伺いして
現場を見ない事には

打ち合わせが出来ない。



頑張るしかない

と考えて居たが


とても有難い事に
お客さまは
途中の駅まで
車で迎えに来て下さったので

自力での移動は
1時間程で済ませる事が出来た。






お伺いの際
手土産を持参した。


何にしようかとても悩んだのだが


おうどんや
お蕎麦が好きな方で


以前に
丼のご注文を頂いた事が在るので


香りの良い七味を
選んでお持ちした。




今日
早速
お召し上がり頂けたようで

メールを下さって居た。


そして
そこには


以前ご依頼頂いた時に
納品した丼に

美味しそうな
おうどんが盛り付けられており

横には
七味が置かれた写真も
添付して下さって居た。



とても嬉しい。

とてもとても嬉しい。


うつわをご依頼頂いたり
お買い求め下さるお客さまが


後日
写真を送信して下さる事が在る。



そのうつわを
使って下さって居るご様子を
お伝え下さる。



私が
陶芸を通して
最も
喜びを感じる時の

ひとつだと思う。




ほとんどの器を
心斎橋の店に置いて居た時は

どこにお住いの
どんな方が
お買い求め下さったのか
わからない事も多かった。



そういう場合は

うつわ達の
その後を

知る事は出来ない。



時々
お店に
ファンレターのようなお便りや
写真を

郵送して下さる方はいらっしゃって

そんな方々とは
お返事を送り
その後もお繋がり頂いて居るが


そうでなければ
私には

その後はわからない。




今日も
くたくたに使い果たして

先ほど
パソコンを立ち上げれば
頂いて居たメールに


朝から
ずっと張り詰めて居た気持ちが

やっと緩んで
安心した気持ちになった。







例えば

誰かと待ち合わせをして
どこかで共に過ごす時


例えば
どなたかが
出向いて下さる時


例えば
お知り合いに
どこかでお会い出来る時


私は
出来るだけ
小さなお土産を
持って行くように心掛けて居る。



どうしても出来なかった時は
途中で
お菓子やお花を
探す事になったりするが

出来るだけ
準備をしたいと
いつも思って居る。



大きな物は
出先なら嵩張るし

高価な物は
返って気を遣わせてしまうから


嵩も値段も小さな物だが


お渡しする方を思い描いて
選んだ物を

お持ちしたいといつも思う。


別にしなくても良い事だ。


それをしなければ
礼儀に反するなんて事は
全く無い。


ただ
私の中の
小さな表現のひとつなだけだ。





時間は貴重だ。


私はとてもそう考えて居る。


その貴重な時間を

私と過ごす為に分けて下さったり

出向いて下さる為に
交通費まで掛けて
作って下さったりする方に


感謝を
きちんと伝えられるのか


ちょっと緊張したりすると
言葉が足りなくなる事が在る
私なりに
伝えたいと思えば


何か
小さな物を
お渡ししたいと思う。



お顔を見たくてお伺いする時に

その時間を
とても楽しみに過ごして居た事を


やはり
上手く伝えられなくても


待ちわびて居た想いを
小さな物に込めて

この手でお渡ししたい。




お別れした後で

その方の手元に
私がお渡し出来た物が在って


お会い出来た時間を
思い出して頂けたりしたら

もうたまらなく嬉しい。





だから
小さなお土産を
いつも
選べる自分で在りたい

と思う。



私の

自己満足を


お受け取り頂いて居るだけなのだけれど…





今日

パソコンに届いた写真には

うつわのその後も
お土産のその後も

私を想い出して
写真を写し送信下さった方の心も


私に伝えて頂けて
本当に嬉しかった。


欲しくても
自分では買えない
大きなお土産を
頂いたようだった。







長い長い年月。


20年間。



摂食障害と
自傷癖と

共に

私は生きて来た。


その後の10年は


やめようと向き合いながらも
何度も何度も引き戻されては


打ちのめされて

それでも生きてしまった。





喉に指を突っ込み

飲食物を嘔吐し続けた私は

現在
自ら望んで吐く行為からは
何とか距離を置いて居る。


しかし。


深く
大きく
揺らがされ
抉られる時には


自然と
吐き気が襲い
嘔吐してしまう事も

未だ多い。





そんな私は


食のうつわを産み出して居る。


今日も産み出して育てて居る。





自傷と摂食障害。



私の人生の
半分以上を

楽勝で
埋め尽くしてしまう年月を


共に過ごした依存。



それらを覚えた頃から
現在までを


2013年7月7日より
ここに順に綴り始めて


やっと

振り返る記事は
最近の数年まで行き着いた。






1年と4ヶ月と20日。



私は
サボらずに
記事を書き続けて来て


ゴールを目指して在るけれど


きっと
ゴールはそこには無くて


それも
もう十分に感じながら


決めた場所まで
まずは行こうと

日々注いで在る。





記事を書きながら


自分の

愚かさを
改めて確認もすれば


そこから
どうして現在に行き着いたのか

確認もする。




未だ
熟れたままのキズグチも

再確認するし


恨み辛みの感情が
まだこの胸に

残り在る事も知る。




そんな繰り返しの中で



最近
最も思うのは



私には

帰る家が無く 


迎えてくれる家族が無く



だから
中学から仕事をし


結婚後の2年間を除けば


中学生の頃から
ずっと

何かしらの仕事を
常に

持ち

働き


金銭を
自力で稼ぎ


闘って生きて来た年月は


私の

大きな武器で在ると言う事。



とても辛くて
大変で


人を
羨んだその時代が


最近になって

やっと


いつも
守られて居られた人たちには無い

私の武器だと


小さな誇りに
ひとつ
変えられたように思う。







先日

ふたつの動画を
やっと
YouTubeにアップしました。



新曲であり

今年発売したシングルCDにも収録した
【 癒え待ち野バラ –イエマチノバラ- 】と



1時間弱の
ライブノーカット動画です。



お時間を頂ける時に


よろしければ
どうぞご覧ください。


【 癒え待ち野バラ -イエマチノバラ- 】


【 ライブノーカット 】



・・・セットリスト・・・

1・浮草情火(うきくさじょうか)
2・烙印
3・モザイク
4・癒え待ち野バラ -イエマチノバラ-
5・キズグチイバラ




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: