❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

亡くして失くしたままのここから。(現在に向かう私・13)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





息が切れるような
忙しさの中で
過ぎた連休。



それでも

色付く木々に
足を止めた。


季節の美は

見ておきたいと思った。




22日は
月命日で


別れから
5ヶ月が過ぎ

愛おしいものに
触れられなくなった生活は


6ヶ月目に入った。



ギタリストさんは

忘れずに
花を届けてくれたけれど


仕事で出先に居り
直ぐに受け取れないまま

帰宅すれば

花は
首を垂れて
萎れていて。



いつものように
写真を写す余裕も無く


急いで水切りをし
水に浸したら


数時間で
元気を取り戻してくれて
ほっとした。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。




時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「限界超えて倒れそうだよ…。」(2014.11.13)】

【「境界線上で這い回る嫌悪感。」(2014.11.18)】

【「自傷癖と摂食障害を晒して在る証。」(2014.11.20)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着きを書き続けて居る。

【「殺された痛みはどうしても消せなくて。」(現在に向かう私・10)(2014.11.16)】

【「傷を負い傷付ける思考の選択。」(現在に向かう私・11)(2014.11.19)】

【「キズグチを掘り起こさないで欲しいんだ。」(現在に向かう私・12)(2014.11.22)】







先日

ふたつの動画を
やっとYouTubeにアップしました。


新曲であり
今年発売した
シングルCDにも収録した

【 癒え待ち野バラ –イエマチノバラ- 】と


1時間弱の
ライブノーカット動画です。


お時間を頂ける時に

よろしければ
どうぞご覧ください。


【 癒え待ち野バラ -イエマチノバラ- 】


【 ライブノーカット 】



・・・セットリスト・・・

1・浮草情火(うきくさじょうか)
2・烙印
3・モザイク
4・癒え待ち野バラ -イエマチノバラ-
5・キズグチイバラ






さて。


余りにも
使い果たして過ごして居る。


だから
今日は少しだけ。

過程の続きを書いておこう。






私は
セカンドアルバムの制作を始めた。

収録は6曲に決めた。


自分の楽曲の
全てを
CDと言う形に遺せるならば
そうしたいが

それには
沢山の時間と
大きなお金が必要だし

一度に出来るものではない。



セカンドアルバムには
6曲で限界だろうと考えた。


絶対に
入れると決めていたのは

ファーストミニアルバムにも
収録した

「 うたうたい 」。


【 うたうたい 】 



【「自傷癖と摂食障害…それでも生まれてきた私。」(現在に向かう私・8)(2014.11.12)】




それ以外の
5曲についても

ある程度の選曲は
自分の中で固まって居た。


1曲目から6曲目まで

収録順と
その流れを考えながら


どうしても

セカンドアルバムに収めたい物を

最終的に決めた。



そして

猛練習を重ね

レコーディングの日程を決めた。



6時間スタジオを押さえ

ひとりで
6曲分のギター録りから始めた。


物凄く
練習を重ねてきたのに

いざ

音を録り
それをヘッドホンで聴けば

それこそ
死にたくなる位に
その音は酷かった。


力任せに
弦を
叩き付けるだけの音。



本当に
物凄く練習を続けて来たのに

やはり
私には

楽器を奏でるに当たり

備わるものは無いと
思い知った。


それでも
作ると決めたセカンドアルバム。



ギターの
サポートは
お願いしていたが


これは
基本的には
自分で弾かなくてはいけないと
とても思って居た。


それを成し遂げてやっと
次へ向かう為の
整理が出来始めるかも知れない。





私は
人を頼るのが苦手だ。

甘え方が
未だよくわからない。


どうしようもなく
人を頼っても

結局は
無理をして
更に疲れて壊れてしまう。

どこまでを
頼って良いのかも

よくわからない。



そんな私
がどうしても欲しいと思った
ギタリストの音は
サポートで頂ける事になった。


サポートって
一体どこまでを言うのだろう?

それもよくわからない。



この時の私は

出来る限りの事は
自分ですべきだと判断した。


どんなに
無様でも
不細工でも

極力は
自力で絞り出した物で

セカンドアルバムは
生み出してみようと。




始めに抑えた6時間では
ギター録りだけでも
終わらせる事は出来なかった。

引き続き別日を押さえ

練習をした。


そして
やっと
自分のギター録りは終えた。



それからは歌録り。



これも

何時間もかけて

何度もやり直し

声が嗄れてしまい
後日に延期して再開だった。


録音に
スタジオに入る度に


何万と言うお金が消えてゆく。



気持ちは
焦るし
萎える。


それでも
繰り返し続くレコーディング。


重ねて
重ねて

やっと

サポートギターの
音録りの日を迎えた。




7月7日だった。

七夕の午後だった。


外は大雨で
湿度がとても高かった。


べっとりと
まとわりつくような空気に
うんざりするような
悪天候。


ギタリストは
遠い中
苦労して
スタジオまで来てくれた。


カレンダーは
七夕であるその日。


彦星は来ずとも
ギタリストは
一生懸命来てくれた。




さすがギタリスト。

私など
比べ物にならぬ速さで
次々と弾いてゆく。

それでも。

なかなか終わらない。


不安定な
私の音をベースに

それに合わせて
音を足してゆく作業は

想像以上に難しく
はかどらない。


あちこちに
妥協を重ねる繰り返し。


バランスの悪さや
合わないタイミング

あちこちに
そんな妥協は明らかで


それでも
全ては
それ以上の
調整が不可能な所まで
考え抜かれての決断。



予定して居た時間内に
終わる訳が無く
更にスケジュールを追加した。


ギタリストは
最後まで
笑顔で
共に奏でてくれていた。


ギャラが出る訳でも
交通費が出る訳でもないのに 
貴重な時間を割いて
録音に通ってくれた。




彼の音は素晴らしい。


それなのに
私の粗く乱暴なギターの音に
埋もれさせて
収録してしまうような扱いをする事は

とても申し訳なかった。


それでも
彼は弾き続けてくれた。



そして
やっとレコーディングを終えた。

やっとだった。

本当にやっとだった。


大きく打ちのめされながら

それでも
向かう事しか出来なくて

ボロボロになった
レコーディングだった。



音源は出来た。


次は
マスタリングと
ジャケットのデザインと投稿。



レコ発を決めて
押さえて在るステージまでは
あと1ヶ月と少し。


私は
1日の休日も無く
走り続けて居た。




続きはまた。






11月もあと少し。


もうすぐ12月。


今年もあと少しだ。


やっと。
あと少しだ。



今年が
早く終わる事を


私はとても望んで在る。




私にとっては

2014年は

深く
大きく
失った年。



刻まれた喪失感は

未だ褪せる事無く


少しの油断で
涙が溢れ出してしまう心境も

変わる事無く


その中で

改めて
傷付いてしまった出来事は

まだ
いくつもが
分析の途中で在り


キズグチの中には

どうしても癒えぬまま
傷み続けて在るものも
存在する。



そんな今年が

早く過ぎ去って欲しいと

心底
新年を待ち焦がれて居る。





ここしばらく
仕事が詰まり過ぎて
疲れは溜まる一方だ。


年内は
大晦日まで
仕事の予定が入って居る。


だから
そろそろ
今の内に

どこかで少し休んで
気分転換でもしておきたい。



そう思いながら
スケジュールノートと
にらめっこ。


来年は

傷まずに
傷まずに
歌えるステージの予定が


ノートに
いくつか書き込める事を


とても願って居る。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: