❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キズグチを掘り起こさないで欲しいんだ。(現在に向かう私・12)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





3つ

並んだ骨壺には


今日も
花が供えられている。


毎日
声を掛ける生活は
変わらない。


もう


くりくりの目が
こっちを見上げる事も


鳴き声が
返って来る事も


その温もりに
触れる事も

出来ないのに。






前回の記事には

3つの動画を
共にアップした。


それを観た知り合いが
メッセージを送ってくれていた。


この日の

私の目が
泣いて居るって。


笑顔が見えるけれど
泣いて居るって。

すごくすごく
頑張ってたんだねって。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「限界超えて倒れそうだよ…。」(2014.11.13)】

【「境界線上で這い回る嫌悪感。」(2014.11.18)】

【「自傷癖と摂食障害を晒して在る証。」(2014.11.20)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着きを書き続けて居る。

【「殺された痛みはどうしても消せなくて。」(現在に向かう私・10)(2014.11.16)】

【「傷を負い傷付ける思考の選択。」(現在に向かう私・11)(2014.11.19)】




過程の続き
書いてゆかなきゃね。




私は
バンドメンバーを1人
クビにした。

彼が
悪い人間ではない事は
わかって居るけれど

歌を殺された事は
やはり
どうしても許せなかった。



助っ人メンバーだったギタリストも脱退し
バンドは
私と新しいベーシストの2人になった。


当たり前に
バンドとしての活動は止まった。


ほっとした。

あんなに
バンドがやりたかったのに

出来なくなって安心をした。




アコースティックである
月下陽香の活動は続けて居た。


手作りした
ファーストミニアルバムを連れて
あちこち出掛けた。


共に活動していた
ギタリストには

日々
不信と不満が募ってゆく事を感じた。


彼の雰囲気や音は
月下陽香には合わない事は
始めからわかって居た。

それは
彼の個性で在って
間違いでは全く無い。

合わないとわかって居ても
藁をも掴む想いで
彼との活動を

決めたのは私だ。



でも

始めから合わなかった歯車は
日を追う毎に
軋み壊れてゆく。


更に
対等に立ち始めたはずの活動は
常に
私が背負う負担の方が多く

集客に関しても
支払いに関しても

いつも
嘘をつき逃げる彼は
私には
重荷でしかなくなっていった。



私は
ギタリストの募集を続けた。

Duoはもう疲れた。
そう言いながら
結局は
ほとんどをひとりで背負うのならば
始めから
ただのサポートプレイヤーとして
割り切って関われる方が良い。


ギタリストは
特に男性を募集して居た訳では無いが
女性の応募は無く
数人の男性の応募が在った。


実際に会い
何度か練習もしてみた。

しかし
どれもピンとはこなかった。



勿論私よりもずっと上手い。
優れた腕を持たれ
素晴らしい音を奏でては下さるのだが

月下陽香とは合わない。

そう感じた。


中でも
とても嫌だったのは

あるギタリストが
とても適当に弾く事。


歌詞も
コードも
音源も渡して居るのに

全く
聴いても
覚えても来ず

練習が始まれば
曲名を伝えても
どれか判断も出来ず。


コード譜を前に置き
歌ってくれと言う。

私が歌い出すと
それに合わせて弾き始める。


歌詞を読み
歌を聴き

感じたり
理解したりして
考えて
事前練習をしてから

合同練習に臨む事が

その人のスタイルには
ひとつも無い。


常に
その時の気分と感覚だけ。


これはとても嫌で
私には理解出来なかったから
何度も声を掛けて頂いたが
実現はしなかった。



新たなサポートメンバーとは
出会えぬまま

続けて居た活動も

あと数ヶ月も過ぎれば
ファーストミニアルバム発売から
1年を迎える。


この頃私は

新たなCDの制作を考えて居た。



2つ目のCD。

ファーストミニアルバムを売り出す時に
1年後には
セカンドを出したいと

その時は

ミニアルバムではなく
アルバムとしたいと


それは
心の中に在った。



大阪で
音楽活動に復帰して
始めたバンドでは

楽曲は
全て私のオリジナルだった。


それを
あるメンバーに
否定され続け
楽曲を壊され殺された事は


私の中で
深く大きな傷となったまま

その後の活動全てに

それまで以上の

怯えと
委縮と
焦りを

起こさせていた。



ファーストを生み出した
始めの動機は


その
怯えと
焦りだったと思う。


始まりは
そうだったと思う。


これは
私の楽曲だと
形在る物で証明しなければ

いつ
また誰かに
殺されるか知れない。


その想いは確実に在った。

その想い
が始まりに立たせた
ファーストの制作。

【「自傷癖と摂食障害…それでも生まれてきた私。」(現在に向かう私・8)(2014.11.12)】




その時に
心には決めて居た
1年後のセカンドの制作。



アコースティックでの活動であった
月下陽香でも
基本的には
演奏曲は
私のオリジナル楽曲だった。


数曲のカバーこそ在れど
基本的にはオリジナル。


当時の私のオリジナル楽曲には

バンドでしかしなかった物と

月下陽香でしかしなかった物と

両方で
演奏していた物が在った。



この頃は
まだ

“月下陽香の陽”ちゃん

よりも
 
“バンド月陽の陽”ちゃんと

周りには
呼ばれる事が多かった。


私の中では
既に

活動の中心は
月下陽香なのに

どうしても
まだその認識を得られない。


バンドでも
月下陽香でも
共通に演奏をしている楽曲を

きちんと

「 月下陽香 」の名で

形に残したいと
感じて居た私は

セカンドアルバムの
制作に入る事を決めた。



が…。

自分のギターの腕は
余りにも雑で
乏しい事は
もう重々に理解出来て居る。


かと言って
この1年弱
共に活動してきたギタリストの音を
求めてはいない。

彼と物を生み出す事は
私の中では在り得ない事だった。




誰の音が欲しい?

私は問うた。

誰と関わって在りたい?

己の奥底に問うた。




当時
頻繁に遊びに行っていた店の

マスターや
そこの常連の人達とは
とても仲良くして頂いて居て

店以外でも
共に出掛けたりしていた。


マスターのバンドのライブにも
共に出掛けては
2曲程
そのバンドの音で
歌わせて頂いたりしていた。



そこには
素晴らしい音を奏でる
皆に愛されるギタリストが居た。


当時は
そうなる事を
想像も出来なかったのだが

後々

現在の
月下陽香の

ギタリストとなってくれた方だ。



普段は優しいお父さん…

いや
お兄さん?

ん?

・・・それはさておき


ステージの上の彼は
誰よりも素晴らしかった。


皆を笑わし
楽しい気分にさせる事も

涙が出そうな
感動を与える事も

彼の
音とキャラクターは

こなしてしまう。



彼の音で
歌わせては貰えないだろうか。

とても思った。

彼の音を少し借りて
この世にCDを遺したい。

とても思った。



お願いをしてみた。
引き受けて下さった。

私は
憧れのギタリストにお手伝いを頂いて

セカンドアルバムの制作に入った。



続きはまた。








今年

たった一度だけ
立てたステージは

5月の24日。


大阪市中央区東心斎橋 
“ ドアーズインヘブン ”にて開催した

【 こぼれそうな夜 vol.2 】


ノーカットでYouTubeにアップしました。

1時間弱の動画です。

お時間を頂ける時に
よろしければ
どうぞご覧ください。





セットリスト
1・浮草情火(うきくさじょうか)
2・烙印
3・モザイク
4・癒え待ち野バラ -イエマチノバラ-
5・キズグチイバラ








父から

とても汚い言葉を
留守番電話に残されたのは

少し前。


今年の始めに声を聞いて以来
話しても居ない。


距離を空けて
過ごしてきた。


仕事で
出られなかった電話には

何件かの
着信履歴と

留守電のメッセージが3つ。


1件目は無言。

2件目は
「クソ野郎」

3件目は
「くたばりやがれ」



どうせ
酔っぱらってかけてきたんだろうけれど。


とても気分が悪く

また
それは
数日引き摺り

心身共に
くたびれるものだった。



放置して居たら
再び残されたメッセージ。


それも
又酔っ払ってるんだろう口調の
甘えたバージョン。

虫唾が走る想いをして聞いた。




結局は

今年もまた
正月準備をしておいてくれという
催促だと理解は出来た。



過程を綴る記事のあちこちに

私が
父が正月を迎える為に

どんな労力を使い果たし

年明けには
寝込む繰り返しをしてきたかは

何度も書いて来たが


今年も
間もなく12月。



全く連絡をしなくなった私に
正月準備が不安になったのだろう。

留守電が入ってた。




とても
とても
辛くて苦しかった今年。


どん底だった月日を
ひとつも
知りもしない彼に

今更
いちいち話す気もない。


どうせ話したって

会話は
直ぐに


彼が
私に
聞いて貰いたい

人の悪口や

日々の不調や
不満だらけに

すり替わって

数時間
聞かされるだけになるのだから。



でも

電話が鳴る度に
吐き気がする想いをしたくない。



手紙を書いた。

簡単な手紙。


準備はきちんとして送るから
もう
そっとしといて欲しいと
書いた。


年末がくる度に

ずっと
くたくたになり続けてきてるから


もう
そっとしておいて欲しいと
書いた。


読んでるかどうかはわからない。


けど。書いて送った。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。