❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷癖と摂食障害を晒して在る証。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・

『 癒え待ち野バラ -イエマチノバラ- 』
   詞・曲 月下陽香


みんな笑ってる  遠くで見てるだけ
上手く馴染めない  私だけひとり

涙詰め込んで  ここにいるんだよ
壊れそうなのに  誰も気付かない。

孤独の中で息をしている
こんな私になりたくないのに
怯え寂れて突き刺さる棘
もうがんばれないよ‥


負けそうな今日を 責めなくていい
やさしい言の葉を 自分にかけたげよう
春が来る頃には 可憐に咲けるように
輝く花荊(はなうばら)
可愛く咲けるように

大丈夫 君を愛してる



みんな楽しそう  ここから観てるだけ
いつも馴染めない 消えてしまいたい

嘆きを切りつけて  叫び続けてる
壊れそうなのに  誰も気付かない。

真ん中から吹き出す痛み
こんな私になりたくなかった
羨み妬み突き刺した棘
もう闘えないよ‥


負けそうな今日を 責めなくていい
やさしい言の葉を 自分にかけたげよう
秋が来る頃には 強く実るから
潤う紅果実(べにかじつ)
美しく実るから

大丈夫  君は愛される


輝く花荊
可愛く咲けるように
潤う紅果実
美しく実るから

大丈夫  君を愛してる
大丈夫  君は愛される



※野薔薇の花言葉・・痛手からの回復
※野薔薇の実(ローズヒップ)の花言葉・・無意識の美

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・

歌詞…。


間違えて歌ってしまって居ます…。

ごめんなさい。



これは

今年の5月


月下陽香の

レコ発も兼ねて出演した
【こぼれそうな夜 vol.2】のステージで歌った

「癒え待ち野バラ-イエマチノバラ-」



やっと
YouTubeにアップしました。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「限界超えて倒れそうだよ…。」(2014.11.13)】

【「境界線上で這い回る嫌悪感。」(2014.11.18)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着きを書き続けて居る。

【「殺された痛みはどうしても消せなくて。」(現在に向かう私・10)(2014.11.16)】

【「傷を負い傷付ける思考の選択。」(現在に向かう私・11)(2014.11.19)】





今日は
過程の続きではなくて
月下陽香について少し書きます。

過程の続きに当たる記事は
次回からまた書きますね。





今年

月下陽香が立ったステージは

たった
一度だけになってしまいました。


音楽活動に復帰して以来

最少の
年間ステージ数と
なってしまいました。




持病の悪化
体調

環境

そして

精神的にも
限界を超え過ぎてしまい


たった一度しか
ステージに立つ事が
出来ませんでした。



これは

とても

悔しくて

辛い
悲しい事です。



しかし

それ以外の選択は
出来ませんでした。



もう

本当に


心も
体も

疲れ切ってしまい

壊れてしまいました。




たった
一度となった
5月のステージは


ここを
ずっと読んで下さって居る方々は
ご存知でおられると思いますが


私にとっては

とても
とても

辛く苦しいライブでした。



恐らくは

この世で
最も愛して居たであろう

何よりも尊い命が


いつ消えるかもわからない
状況の中


それでも

そこを離れて

立ちに向かったステージでした。




ステージは

お客さまとの約束の場所だと
捉えて居ます。

基本的には

何が在ろうと
私は

そこに向かう気持ちで
いつも居ます。



それでも

この日は
出来る事ならば
そこに行かずに


痩せ細った
小さな体に

付き添って居たかったです。




それでも向かいました。


この日は

2曲入りのCDの
発売日でもありました。

“行かない”と言う選択は
出来ないと

考えました。

私には出来ませんでした。




ステージの
上に立って居ない時間は

申し訳ないけれど

心はそこに在らず。


ただただ祈りながら
イベントの進行だけはせねばと
必死で居ました。




ステージの上でも

いつもの私では
居られませんでした。


心は
どこか居心地の悪さを感じながら

集中力も
時に細切れとなり

歌詞は
多々間違えて居ました。





このステージから
ほぼ1ヶ月後


命は絶えました。


私にとって

その最期の日々は


とても壮絶で

衝撃でした。


彼女の生き方は

余りにも
強く美しく

また

死に方は

余りにも
深く優しくて


未だ

その痛みと

喪失感は

私に中で褪せる事がありません。



ライブの時は

基本的に
いつもビデオ撮影をして居ます。


ライブの後は
必ずそれを観ます。

そして次への課題を立てます。



しかし

このライブのビデオは
観れないまま

月日が流れました。



辛過ぎて

観れませんでした。


この日の苦しみが
リアルに思い出される事は
想像出来ましたし


また

ここに映る頃には

まだ
愛しい命が続いており


このステージの後から
看取るまでの

焼き付いた
光景の
ひとつひとつが


頭のなかで
捲られてゆくだろう事にも

私は

もう耐えられませんでした。




以前より
ここをご訪問下さっている方々には
もうお馴染みの方ですが


月下陽香の
ライブ写真を
いつも撮り残して下さる

まささんと
呼ばせて頂いて居る男性が
いらっしゃます。



この日
発売したCDの
ジャケット写真も

まささんが
撮影して下さったものです。



彼は

月下陽香の
様々な表情を
捉えて残して下さって居ます。



中には
とても苦しそうな表情や
おかしな表情
怖い顔も在ります。


それらは

全部
月下陽香である
私自身であり


彼の写真は嘘をつきません。



その日も
彼は
沢山の写真を写して下さいました。


その写真は
全て拝見し
大切に置いていますが


そのライブの
写して頂いた写真の中の私は

いつもよりも
ずっと

辛い顔をして居ました。


頑張って
月下陽香として
笑って
歌って居る私も居ましたが


いつもよりも
苦しい笑顔の私も
沢山居ました。


彼の写真は

あの日の私を
見ぬいて居ると
つくづく思いました。



写真は見れたけれど

そこで感じた
その日の自分に


もう私の心はいっぱいで

動く映像となるビデオは
観ぬままに
過ぎゆく事を選んで在りました。




ただ

永遠に封印をしようとは
考えては居ませんでした。


近い未来には

必ず

己の目で観
確かめてから


YouTubeに
アップしなくてはと

考えては居りました。


そして

それは
出来るならば
年内で在るよう
努力する事は決めて居ました。



約半年の月日が
間もなく過ぎようとして居る


昨日

やっと観る事が出来ました。



新曲の

『 癒え待ち野バラ -イエマチノバラ- 』と


この日のステージの
ノーカットを

YouTubeにアップしました。




やっと。

観れました。


あの日の私を。

見届ける事が出来ました。




この日のライブも

私は


「摂食障害」と
「自傷」を

掲げて立っています。


約30年もの年月を
共存してしまった


リストカットや
嘔吐。


それらを

このライブの時点で
やっと2年弱
していない話をした時に


客席から拍手を頂きました。



驚きました。

とても。
とても驚きました。


初めての経験でした。



人として
当たり前の事を

やっと
少しの月日

出来た私に


重なる拍手を頂きました。





ステージに立つ者にとって

拍手は
とても大きなものです。


拍手を頂ける事は

受け入れて頂けた事でも在ると
私は考えて居ます。


とてもとても
有難かったです。




「北風と太陽」の

太陽のように


以来
私は

切りたい

吐きたい感情に

襲われる度に


この日
頂いた拍手を

思い出して生きて居ます。







まだね。

いつだって
泣いてしまいます。


思い出すとね

泣いてしまいます。


寂しくて。
苦しくて。
愛しくて。


恋しくて。
たまらない。

会いたくてたまらない。




だからこそ

日々を

ただ
懸命に

向かいこなして
生きて居ます。



今年は
尊いものを多く失いました。

痛い痛い傷が
あちこちに
深く刻まれました。



そこに
一生懸命に
ひとつづつ

種を埋め込みました。


水をやり
陽をあてて


未来には


花が咲き
実が潤うよう


今は
ぐっとこらえて

日々を
消化する事に
注いで在ります。






この日
発売となった2曲入りCDには


 『 癒え待ち野バラ -イエマチノバラ- 』と共に


これは
この日の映像ではありませんが


この
『 キズグチイバラ 』が

収録されて居ます。



2曲入り500円です。

ご興味をお持ち頂ける方
お買い求め頂ける方は

 “お便りはこちらから❤”より
ご連絡を下さいますように
お願いを申し上げます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・

『 キズグチイバラ 』
   詞・曲 月下陽香

吹き付ける北風
重ね着をまとい  人並みを装い
愛が足りない・・
誰が殺した?
怯えてうずくまる
閉じ込めた痛みは  この体を巡る

暗闇に目をこらせば  流れ星
届かぬと知りつつも  願い事

もつれたこの足が
飛び下りる前に

腫れ上がる傷口に
埋め込んだイバラ
強く強く咲いてくれ


注がれる陽射しに  少し手を伸ばし
ぬくもりを知れたなら  微笑みがこぼれた
何を失くした?
振り返り眺めた
不足も武器にして  唇にのせよう

星空に手をかざせば  浮かぶ月
叶わぬと知りながら  願い事

無様でかまわない
生きて在る内に

ただれた傷痕に
植え付けたイバラ
強く強く咲いてくれ


腫れ上がる傷口に
埋め込んだイバラ

痛みを噛み殺し
爪を立て  かき分けて
熟れを吸い上げ  嘆きを渡らせて
強く強く咲いてくれ
強く強く咲いてくれ

艶やかに咲いてくれ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・



そして。


この日の
月下陽香のステージ

ノーカットはこちら。



2014年5月22日

大阪市中央区東心斎橋 “ ドアーズインヘブン ”にて
【 こぼれそうな夜 vol.2 】



セットリスト
1・浮草情火(うきくさじょうか)
2・烙印
3・モザイク
4・癒え待ち野バラ -イエマチノバラ-
5・キズグチイバラ





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡