❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷を負い傷付ける思考の選択。(現在に向かう私・11)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



日本には四季が在る。


季節は

当たり前に
冬を目指して
日々歩んで居る。


その次には
春を目指し

夏に辿り着けば

秋に向かい


巡りを止めず
変化してく。



朝晩の冷え込みは増し

異常だと
主治医が驚く程の
冷え性である私には
冬は厳しい。


でも

この時期の冷え込みは
まだ知れて居るし


この時期の晴れた日に

日差しを浴びて歩くのは

とても心地よくて
好きな季節だ。




どこか出掛けたいな…


まだ
電車&徒歩での移動は
長距離になると難しい。


呼吸器の疾患が
まだ
安定している所までは
調整出来ては居ないから


移動に時間が掛かる程
現地での身動きはとれなくなるし 


万が一
途中で具合が悪くなっても

余程の急変でなければ
自力で帰宅できるだろう距離に

移動は止めている。



でも

バイトの帰り

山を見上げれば

少しづつ
あちこちが秋の色。


初夏の新緑に
目を奪われた山は



赤や黄や茶に
装いを変えつつある。


紅葉でも観に
少し出掛けられたらいいな。







2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「限界超えて倒れそうだよ…。」(2014.11.13)】

【「境界線上で這い回る嫌悪感。」(2014.11.18)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着きを書き続けて居る。

【「自傷癖と摂食障害…それでも生まれてきた私。」(現在に向かう私・8)(2014.11.12)】

【「自傷と嘔吐を呼ぶ人種を知れば。」(現在に向かう私・9)(2014.11.15)】

【「殺された痛みはどうしても消せなくて。」(現在に向かう私・10)(2014.11.16)】





前回は寄り道をしたから
今日は
過程の続きを

少しだけど書くね。





月下陽香の活動を
模索しながらも続けながら


私は
バンドの活動を
一度止めたかった。



もう
我慢は
限界を超え過ぎて居た。


もう
どんな事をしても
なにひとつ
メンバーと共に向かえる気持ちも

残って居なかった。



私は
自分の楽曲を殺したメンバーを
クビにした。


された彼は
ショックだったろうと思う。


それでも
その気持ちを
考えてあげられる余裕も

私には

もう
無かった。


その日を待ちわびて

冷たく切り捨てたのは
大晦日。



翌日からは新年だと言うのに

彼が
新年を気分良く迎えられないだろう事は
想像出来ても

それでも切り捨てた。

それで良いと思った。

すっきりした。

やっと離れられたと
すっきりした。



正月が過ぎ
日常が戻って来た頃

玄関前には
活動中
私が書いた歌詞や
音源が
返却されており
スーパーの袋
いっぱいの食材も
再び共に置かれていた。

【「殺された痛みはどうしても消せなくて。」(現在に向かう私・10)(2014.11.16)】

“僕がしてやれる最後の支援だ”と
メッセージが在った。



私はずっと伝えて来た。

そんな支援は必要ないと。

食べ切れない食材を
届けられても困る事を。


彼には

彼の
考えや優しさが
在ったのだろうけれど

私には
それがとても迷惑で
負担でも在った。



何よりも

やはり

歌を殺された事

そして
それを
きちんと詫びては貰えなかった事は

彼との決別を
揺らがないものにさせたのだと思う。




今の私なら


ここまで
関係が
壊れ切ってしまう前に

別れを切り出すだろう。


不要だと

添えないと

告げるのだろう。


そこまでの我慢は
するべき我慢では
無いと思うし


互いの為に

そんな関係は
1日も早く消去して 

新たな選択を探した方が賢い。



ここまで
深く傷つけ合う事に

得るものはとても少ない。


無駄に苦しむ時間が
増えるだけだ。



今なら思うんだ。

もっと早くに
解散を選べば良かったと。




この頃
ひとりでも
しょっちゅう遊びに行っていた店で

まだ来店も他になく
マスターと
ふたりで話して居た時に

聞いた言葉をとてもよく覚えて居る。


「良い時もあったはずやで。」



そうなんだ。

良い時間もね
在ったんだよ。


また歌える

そう思えただけで
飛び上がるように
嬉しかった時期もね


在ったんだよ。



それすらも

汚点として
こびり付くような


結末に導いたのは


選択を

迷い
遅らせた

自分自身だと
今ならわかる。





バンドは
新たに加入したベーシストと
私の2人になった。


当たり前に活動は止まった。


ベーシストは
同年代の穏やかな人で
家庭もあり
落ち着いた男性だった。


いつも冷静に
互いの意見が言えて
気持ち良く関われた。



私は
月下陽香の活動に力を入れていたし

私の名で募集をかけても
どうも
怪しい人材ばかりが
近付いて来る傾向もあり

新メンバーの募集は
ベーシストに任せる事にした。

ギタリストとドラマーの募集。


急がず
慌てず
メンバーが見付かったら
また再開しようと


それ位の考えで
バンドの活動は休止した。



続きはまた。






昨日は

自宅工房に
お客さまがご訪問下さった。


前回に記したが

これまでの約7年間は
基本的に
自宅に人を招き入れる事が出来なかった。


余程の用事や
仕事で
来て頂いても

短時間だったり
玄関で済ませたり…。



動物を飼い
看取った経験が無い方には
ご理解を得る事は
難しいのかも知れないが


飼い猫を
本当に
我が子の様に愛し

病気の看護を続け

介護し
看取るまでの我が家に


お客さまを招き入れる事は
出来ない事だった。




6月に命が召され

その後は
自分の体の治療に注ぎ

身動き取れない夏が過ぎ


やっと
体はまだ万全ではないが

働きながら
暮らせるほど

楽になりつつあり


昨日は

お客さまが

ご依頼のうつわを見に

私に会いに

お越し下さった。



とても久し振りに

我が家に
違う人のオーラが指して
空気が持ち込まれた。


空気が流れて在る実感が
感じ取れて
気持ちが良かった。



かつて
3匹の猫が暮らした我が家は
壁も床も傷だらけ。

あちこちボロボロの部屋を


彼女は

「落ち着く」と
言って下さった。


しばらくは
こたつを囲んで話をして。


その後
作業部屋で
ご依頼のうつわを確認して頂き


店が閉店し
先月
自宅工房に持ち帰って来た
うつわの中から

ふたつ

ご自宅で使われる物を
選んでお買い求め下さった。



いくつかのうつわの中から
どれにしようか考える
彼女の姿を見ながら

とてもとても有難かった。



お買い求め頂ける事は
とても有難い。


店という場所が無くなって
しばらくは
収入も大きく減ってしまうから
とても有難いという

感謝もとても大きい。



同時に

すぐ目の前で
うつわを選んで下さる姿を
見て居られる事が

こんなにも嬉しく
しあわせで在る事を


改めて
再認識出来た事に

とても感動を頂いた。



これから

彼女と
彼女の彼との食卓で

この子たちには

何が盛られて

ふたりの時間に
沿わせて頂けるのだろう。


楽しい食事ばかりではないだろう。

気まずい食卓も在れば
ひとりで食べる夜もあるだろう。



1日1日
重ねて
作り上げてゆく
彼女の生活に

日々
当たり前に
存在を与えられたなら


作家として
こんなに嬉しい事は無い。




うつわを選んで頂いた後は
食事に出掛けた。

大将こだわりの料理が頂ける
蕎麦屋さんで
共に食事をした。


心にも
体にも
とてもおいしい
楽しい時間だった。


こういう食事が

人を
強く支える
エネルギーになるんだろうなって

思った。






先日


いつも気に掛けて下さる
大切な女性のブログに

私の作った
マグカップの写真と記事が在った。


いつも
ライブに駆け付けて下さったり
メッセージを下さる方で


私にとっては
家族であり
我が子であった
猫が急変した際には
お金まで送って下さった女性。


そのお礼をどうしても伝えたくて
少し落ち着いた時に
送ったマグカップに

コーヒーが注がれた写真があった。


割れると辛いなって思って
飾って下さっていたのだけれど

この度使い始めたと
メッセージも下さった。




そのメッセージを読みながら

とてもリアルに
記憶に刻まれた

ある出来事を思い出した。



それはまた
近い未来に記事にしよう。







1週間は7日。


この1ヶ月超は

内4日が
本業とバイトの掛け持ち 

1日が
本業とバイトと
月下陽香の練習の3本立て

そして
2日が本業


そんなスケジュールで
あっという間に過ぎてゆく。



今年

月下陽香が立てたステージは

結局

1回だけ。



痛む想い出となったままの

1度だけ。




今年の残りは

じっと我慢して

静かに耐えて

身辺を整理するしかないと
言い聞かせる。



空しさは広がる。

悲しみは大きく


今だ

喪失感は

余りにも深い。



来年には
今年よりも
ステージに立って在りたい。



心にも体にも

今年までのステージよりも
無理をしない私で

立ってみたい。




今日は本業だけ。
出来ないままのメールも出来たらと思う。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。