❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

境界線上で這い回る嫌悪感。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





べっとりと


心に

纏わり付いた


とても
嫌な感情。



自分でも

驚く程に
大きな嫌悪感。


拒絶反応。


1日の
何もかもに

陰を落とし
笑えなくさせる。



頭の中では

埋め尽くす程
大量の蟻が

うじゃうじゃと

獲物に集るように 
這い回る

そんな感覚に
突然襲われて


胸がバクバクと震え

呼吸が乱れて
大声を上げそうになる。




あれ…?

これって
やばいよねって


自分に思う。


毎日は


本当に

目一杯忙しくて


必死で動きながら

体には
どんどんと
過労が蓄積されて


表情が
固まってしまいつつ在り


それはそれで
よろしくは無いが


明らかに

私の精神は

境界線上に在る事を
感じてる。




そっとしておいて欲しい。

もう

私の腕に
ぶら下がらないで欲しい。


私の足首を
掴まないで欲しい。


私の背に
乗らないで欲しい。


もう
私を乱さないで欲しい。



今年
私に起きた出来事を
何一つ知りもせずに

感情を

処理させないで欲しい。




電話が鳴ると吐き気がする。

留守電が
点滅していると

締め付けられて
吐き気がする。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「苦しんで死ねば良い。」(2014.11.10)】

【「限界超えて倒れそうだよ…。」(2014.11.13)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着きを書き続けて居る。

【「自傷癖と摂食障害…それでも生まれてきた私。」(現在に向かう私・8)(2014.11.12)】

【「自傷と嘔吐を呼ぶ人種を知れば。」(現在に向かう私・9)(2014.11.15)】

【「殺された痛みはどうしても消せなくて。」(現在に向かう私・10)(2014.11.16)】






今日は
過程の続きからは
離れて記事を書く。


心身共に

物凄く
力尽きて在るからね。

少しだけ書く。



この少しの記事にも
一体
何時間注いで

それでも
これだけしか書けなかった事にも

感情がしっくりこない。





今朝は5時半に起床。

目が覚めてから
少しだけ

ほんの5分位だけ

玄関の外に出て

空を見てた。


紺色の空。


東の方向は
うっすらと明るみを抱き

隠れ行く星が
まだ白くかすれて


明るい三日月が

こっちを見てた。





今日は

とても久し振りに
お客さまが
我が家に来て下さる。



今年6月22日・・・


かつては
3匹の猫たちが
共に暮らして居たが

最後の猫が召され
我が家はとても静かになった。



猫たちは次々と病気になり
今年最後の子を看取るまでの
約7年間は

私は
ベッドで
布団で
体を伸ばし眠る事も無く

基本的には
ずっと

何らかの看護をし続けてきた。



それまでは
友人が訪ねて来る事も多かったが


猫たちが病気になってからは

父や義姉が来るとか

昔から
猫たちを知って居る
長い年月の付き合いの友人でなければ

我が家に
人を招く事はなくなった。



猫が怖がるから。

少しでも
ストレスを与えないように
とても気を遣って居た。



うつわの仕事は

店と言う場所が在ったし

直接のご依頼は

経過は
写真とメールで出来るし

お渡しは
送るか
出向いての手渡しだから

家に招いてする必要は無い。


自宅工房に在るうつわを
見たいとか

取りに来て頂ける時も


基本的には
自宅近くの
どこかを利用するし


知り合いであっても
玄関でのやり取りをしていた。




猫たちが居なくなって

看護も
介護も
私の日々からなくなり


怖がらせないか
ストレスにならないかと

気遣う対象も居なくなり

自宅に
人を呼べるようになった。





いつも仲良くして下さる
妹みたいな女性が

贈り物のうつわを
ご依頼下さっていたのだが


それが焼き上がり

品物を見に

寒い中
遠いのに

我が家まで来て下さる。





日曜日は
納品等で出掛ける事が多く

また
夜は
ご近所との関わりで
人を招きにくく


先月から始めたバイトが

平日はほぼ毎日在り

平日の夕方
限定となってしまっている
私のスケジュールに

合わせてまで

うつわと
私に
会いに来て下さる。


ギリギリまでバイトだから
きちんと準備をして
おもてなしする事も出来ないのに
来て下さる。




我が家の
小さな自宅工房に

人が訪れて下さるのは

展示会の搬送以外では

7年ぶり…とかになる。


猫が居ない生活の中に
居るんだなと

改めて思う。





あちこちが傷だらけで

3匹の猫たちの爪痕が遺る
狭くてボロボロの我が家だけど


これからは
こうして
誰かが
訪ねてきたりして貰えたら

いいなと思う。





先月
自宅工房に
持ち帰ったうつわ達は

やっと
段ボールからは出された。


まだまだ
きちんと整理してから

サイトを立ち上げる準備を続けてく。



いつになれば
見て貰えるようになるのかな…





自傷癖者の私は

このうつわ達を
焼き上げる為の

窯で

腕を焼いた事も在る。

【「吹き出す膿に血が滲むまで。」(転居後前半・62) (2014.10.15)】



摂食障害者の私は

食のうつわを
もう数え切れぬ数生み出してきたが


その過程では

何度も何度も

飲食を考え直したり
気付いたり


また
見失っては
嘔吐を繰り返してきた。


行ったり来たりの
過食嘔吐や拒食。


その中で

常に
土に触れ

飲食器を作り続けて来た。




今。

創作陶芸作家として
活動をしながら…


現状は
大きな問題を抱えながらの
悪戦苦闘なのだけれど…



持ち帰ったうつわを

ひとつ
ひとつ

確かめながら思う。



まだ
りたい物が在るから

この子たちを
何とかしなくちゃいけないんだって。








心の中から
父の声が消えない。

それが

てもしんどい。



朝から晩まで
何かにつけて
べっとりと付き纏うから

しんどい。


ほんの少しでも
油断をすれば

パニックを起こしそうになる。


一瞬を
油断してしまえば

びっくり箱の蓋が緩んで

閉じ込めて在る感情が
一気に吹き出して


必死こいて
手に入れて在る
現状を

ぶち壊してしまいそうになる。





さぁ。

記事を更新して

働こう。


今日が
昨日よりも


穏やかでありますように。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: