❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

「 月待 陽 」として始動します!!
   ❤ 2018年5月12日(土)
★tetsu企画・番外編
東梅田【Live Bar B-flat】

18:00オープン / 18:30スタート ・ おひとり様¥1,500+1ドリンク
月待陽は20:10頃~出演します。
21:00~は
プラス1000円でドリンク・フードが付いたうち上げもあるそうです。

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



殺された痛みはどうしても消せなくて。(現在に向かう私・10)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





魔法の土の種は

踏ん張って生きて居る。




夕べ。

仕事を終えて
やっとお風呂に入り
出てきたら

留守番電話が点灯してた。


耳に届いた声に
虫唾が走るような
嫌悪感が在り


その後
じわじわと

まだ
上手く言葉にはならない


苛立ちや
情けなさ

悲しみや

痛みが

胸に広がり


吐きそうな
気持ち悪さがこみ上げた。



今は

まだ

それらの感情を
ひとつずつ
分析している途中。



心の中に並べられた

感情や
思考の箱は


とても邪魔だから

早く片付けてしまいたいけれど


それらは
とても
馴染めないものであり

酷い吐き気に襲われるから


出来るだけ
少しずつ

ひとつづつ
箱を開けて

覗き込み

見つめてみようと思う。




私は
どこまで
自分のしたいように
行動を起こして良いのか

冷静に
考えたいと思う。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「苦しんで死ねば良い。」(2014.11.10)】

【「限界超えて倒れそうだよ…。」(2014.11.13)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代を書き始めた。

【「殺されたイキザマに癒えぬキズ。」(現在に向かう私・7)(2014.11.9)】

【「自傷癖と摂食障害…それでも生まれてきた私。」(現在に向かう私・8)(2014.11.12)】

【「自傷と嘔吐を呼ぶ人種を知れば。」(現在に向かう私・9)(2014.11.15)】




過程の続きを書くね。



CDも制作し

具体的に始まった
月下陽香の活動。


それは

万全に
準備を整えてから

時期を待ち
始めた活動では
全く無かった。

かなり強引に始めたものだった。



バンドメンバーの1人に
楽曲を
殺される出来事が無ければ

ここまで急いだ
強行突破のような始め方は

しなかっただろうと思う。

【「殺されたイキザマに癒えぬキズ。」(現在に向かう私・7)(2014.11.9)】



その出来事は

その後の
私の音楽活動を

大きく変えた。


足を引っ張ったり

恐怖を植え付けたり

本来以上の無理をさせたり

心も
体も

削がれる方向を選択する

大きな

原因や
理由となり


胸にこびり付いた。




月下陽香として
ソロ活動を進めるには
まだ
力の足りない私は

共に活動する人を探して
ステージに立ち続けた。


私の歌声は
近い未来には
再び出なくなる。

私の歌声には

期限が在る。


止まって居る余裕は無い。

今の内だ。

今の内に
歌っておかなくてはいけない。


焦りは
いつも
胸の真ん中に在った。



そして。

私の楽曲は
私のイキザマなんだ。

もう
誰にも

壊されたり
殺されたりしたくない。


二度と
こんな目には合いたくない。


歌わなきゃ。
遺さなきゃ。

これは私の歌だって
声を上げてなきゃ。


また
何かされるかも知れない。



消化出来ぬまま
痛み続ける恐怖も
常に付きまとった。


だから
止まれなかった。


どんなに
無理矢理で在ろうが

活動を止める事は
一番したくない事だった。




しかし
共に活動しているギタリストにも
不信は募り

私は
新たにギタリストの募集を始めた。

Duoではなく
サポートとして
参加してくれる人を探した。


相手がサポートならば

楽曲にも
選曲にも
必要以上に
相手の意向に沿う必要も無い。

集客等の責任は
自分に在ると考えられるし

求めて
苛立つ事も無い。


サポート募集をしながら
月下陽香の活動は
現状のままで繋いだ。





バンド活動は

結成当初からは
ベースが新しいメンバーになり

決まって居たライブを終えて居た。

【「砕け散る瞬間。」(現在に向かう私・5)(2014.11.7)】



解散はして居なかったが
しばらくは
ライブの予定も入れて居なかった。



ステージの上で

私は

自分の人生の

切り売りをする。

それが

“うたうたい”だと

考えて居る。



それには
大きなエネルギーが要る。

バンドで
それが出来るのは

きっと

メンバーが居てくれるからだ。


メンバーの音が
支えてくれるからだ。


ステージの上には

信頼できるメンバーが
共に在り

だから
目の前の

観客に

向かってゆける。

闘える。

そう思う。


でも
このバンドでは

もうとっくに
メンバーへの
そんな信頼も失せており


ステージの上は
いつも

恐ろしく
大きな孤独に
包まれて居た。



ステージに立つ事は
身も
心も
斬られるようで

ライブが終わると
いつも
潰れる勢いで飲んだ。

ボロボロに
酔っ払うまで飲んだ。


この頃になると
飲み方は益々荒れた。



だから
あえて予定も入れずに居たが

ひとつ
大きなホールでの
イベントへの出演が決まり
練習を再開した。


歌を殺したメンバーとは
目を合わす事も苦痛となった。


飲み込んで
飲み込んで
ステージに向かった。



その日のライブの後も
めちゃくちゃに飲んだ。

もうこんなのは嫌だと思った。



元々
助っ人メンバーとして加入して居た
ギタリストも
そのステージを終えて脱退した。

ずっと
本来所属して居たバンドの活動に
専念したいと聞いて居たが
お願いをして参加して貰って居た。

やっと
解放をしてあげる事が出来た。


バンドからギタリストが居なくなった。
これでライブ活動が止まる。
メンバーと会わなくてもよくなる。

ほっとした。


私のそんな想いを
歌を殺した彼は
どう感じて居たのだろう。


この頃からよく
自宅玄関前に
スーパーの大きな買い物袋が
置かれてるようになった。

彼からメールが入ると
玄関前に
山程の食材が置かれてある。

食べ切れるはずのない
大量の
レトルト食品や
冷凍食品や
総菜が
どっさり置かれている。


お礼を伝えた上で
こんなにも食べ切れない事や
生活に
困っては居ない事を伝えても
それは続いた。

何をしたいのかわからなかった。
過食嘔吐する為の応援みたいだった。


それでも
食べ切れず
捨てるしかないような物が
頻繁に大量に置いて行かれた。

お金もかかるだろうに…。


それをされる事も
日増しに辛くなった。


私の心は
本当にもう無理になった。
新メンバーであったベースに相談をし
了承を得た。




年末が来た。


大晦日。

馴染みの店では
常連客が集まって
年越しイベントが行われた。

早い時間から出掛けた。

この夜は
彼もここに来る事を知って居たから
準備をして出掛けた。



皆で
食べて
飲んで話して

楽しく
賑やかに過ごして居た。


そこに彼も来て
丁度私の斜め前の席に座った。


しばらくして
日付が変わる頃
皆が見て居る前で
私は彼に言った。


今日までお疲れさまと言う言葉と

今日で
バンドから脱退して欲しい事

これまでに預けた
楽曲の歌詞やコード
音源は
全て返却して欲しい事。



彼は
人前ではいつも穏やかだ。
でも
二人きりになると強制的になる。

だから私は
あえて知り合いが皆見て居る場所で
それを伝えた。

そして帰宅した。



翌日からは新しい年。

バンドは
私と
新しいベーシストのふたりになった。



続きはまた。








スマホの調子がとっても悪い…。

年末か年始には
買い換えようと思って居る。


現在はアンドロイド。

作業部屋に置く事もあるから
防水が欲しくて
アンドロイドを選んでる。


けど
周りのほとんどはiPhone。

iPhoneの方が
使いやすいとも聞く。


どっちにしようかな・・・





今年も作った雪模様の小皿とペンダント。





私が

本職である創作陶芸作家として
活動し
収入を得る中で


会場であったり
窓口であったりと

大きな役割を
受け持って頂いて居たお店が

閉店となり

心斎橋筋商店街から消えた。


納品や集金で
8年以上通ったビルも

閉鎖され
今後
改装工事が始まる。



店にストックされて在った
100を越えるうつわ達は

閉店直後の10月に
全て
自宅工房へ持ち帰った。



このままでは

これらのうつわが

人目に映る事無く
自宅工房に埋もれて

ゴミとなる。


これまでに
店を拠点とする事で
入って来た収入も無くなる。


継続してゆく為に

しばらくは
何も得られない状況も覚悟して
次の準備を続けて居る。



それでも
そのままでは居られないから
始めたバイト。

そこで働き始めて
1ヶ月が過ぎた。

仕事内容は
私にはとてもハードだ。


あちこち故障しながら
必死で働いて居る。




半日のオフも1日も無く
過ぎた1ヶ月。



1日も
まともに動けずに
苦痛に埋もれて過ぎた夏を
思い起こせば

体は
嘘みたいに動いてくれて居る。


目一杯無理をして
動かして居るけれど

その無理が
出来る事は
有難く思う。



心は
一生懸命前を向いてる。


でも…。

疲れてきてしまってるんだろうなぁ…



気分転換したい。

仕事から離れた外出が
したいなぁととても思う。





このぶろぐから
コメント欄が未設置となって以来

いつも
コメントを下さってた女性が

メールで
メッセージを下さっている。


お返事もろくに出来て居ないのに
いつも
優しいメッセージを送って下さる。


有難いと思う。


いつも感謝して居ます。
ありがとう




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
カウンター。
月別アーカイブ。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
検索。