❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷と嘔吐を呼ぶ人種を知れば。(現在に向かう私・9)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



数日

なんだか

上手く笑えない。


どうしても無理。


疲れ過ぎて居る。



寒いな…










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「苦しんで死ねば良い。」(2014.11.10)】

【「限界超えて倒れそうだよ…。」(2014.11.13)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代を書き始めた。

【「殺されたイキザマに癒えぬキズ。」(現在に向かう私・7)(2014.11.9)】

【「自傷癖と摂食障害…それでも生まれてきた私。」(現在に向かう私・8)(2014.11.12)】





記憶を呼び起こして
綴る作業には

大きな時間と
労力を要するから


ギリギリで
走ってるような毎日に


記事は
どうしても
寄り道をしがち…。


前回もそうだったから

今日は
過程の続きを書かねばと思う。





私は

月下陽香としての
ファーストミニアルバムを制作した。


そして

その
レコ発ライブも
する事を決めた。



ひとりで
ステージに立つつもりでは居たが
私のギターの腕はとても低い。


どんなに練習を重ねても上
達しない。


人には
向き不向きが
在ると思うが


残念ながら
私は

全く
楽器には向いて居ない。


そんな私が弾く
ギターが1本だけでの1ステージは

聴いて下さるお客さまに
申し訳ない。



もうひとり
ギタリストを探すべきだと思った。




丁度その頃

ボーカルをして居る
知り合いの女の子が
男性ギタリストとの音楽活動を休止して
ピアニストとの活動に移行しようとしており

彼女が
ギタリストと立つ最後のライブを
観に伺った。


ライブ後
話をしたら
ギタリストの男性は
暫くは
特に活動の予定は無いとの事。



彼の腕は
私よりは
勿論確かである。



ただ…


月下陽香に
合う音では無いと思った。

彼の雰囲気は
私の作りたい
歌やステージには
合わないとも思った。

私の世界観を
押し付ける事は
彼に
とても無理をさせるようにも思え

悩んだ。


だが
とにかく
レコ発を迎える為には

今はギタリストが欲しい。



私は
自分の現状を正直に伝え

彼に
サポートを依頼しても良いか
先に
ボーカルの彼女に尋ね
了承を頂いたので
ギタリストの彼に話をした。


彼は
レコ発に向けて
月下陽香で
ギターを弾いてくれる事となった。

それが決まるまでの会話で

彼は
サポートでは無く
共同の活動として
つまり
Duoとして加わる事を
望んで居るように感じた。


それに関して
私の心は
引っ掛かる何かを感じた。

当時の私が求めて居たのは
“メンバー”ではなくて
“サポート”だったから。

でも
その時は
それどころでは無く 

そのスタイルで始めてみる事にした。




ふたりでの練習を始めた。

どうもしっくりこない。
合わない。

考え方や
姿勢が
まるで合わない。

想いは的中だった。



だけど
目の前のステージを目指したみた。

自分なりに頑張ってもみた。

出来るだけ
負担を掛けぬよう気を配った。

Duoなのに。




なぜだろう…。

私は
彼に
自分の気持ちを話せなかった。


ふたつ程年下の彼は
大人だけれど
とても子供で
物凄く気を遣う。

優しい青年なのだけれど
悪い人では全く無いのだけれど
とても疲れる。


ほんの一音を
変えて欲しいだけで

ほんの1フレーズを
増やして欲しいだけでも

必要以上に
言葉を選んで
発しながら

我慢してしまう。



私の
心の中のどこかで 


“弾いて貰ってる”

と言う気持ちが

言いたい言葉を飲み込ませる。

それでもまずは向かってみた。





そして迎えた
ファーストミニアルバムの

発売ライブ。




いつも
遊びに行っていたライブバーで

まだ
ワンマンをする程の
力の無い月下陽香が

レコ発を掲げて
メインを張れるように

マスターが
対バンの方を探したり
環境を整えて下さった。



そこで出会った
沢山の人達が
駆け付けて下さった。

有難かった。
うれしかった。


手作りをした
初めてのCDも

沢山お買い求め頂いた。


私の歌に
お金を払って
連れて帰って下さる。

それが
たまらなくうれしかった。



素晴らしい夜を
みなさまに
与えて頂いた。





その夜

会場は
ぎゅうぎゅう詰めの満席だった。


月下陽香を
支えて下さる仲
良くして下さるみなさまと

対バンさんのお客さまで溢れた。


このライブから
共に活動する事となったギタリストは

サポートではなく
Duoとして共に活動する事となった。

選曲も
彼の個性も考えて気を遣った。

月下陽香の
レコ発で在れど

彼の意向も取り入れた
共に立つステージだった。


でも

彼は
たった一人の観客も呼ばなかった。

ライブ前に

店に
挨拶がてら来ないかと
声を掛けたけれど
それも来ず。

当日に
一人の観客も呼べない。




最近は

出演者も
観客と同じチャージを支払って
出演する
小さなライブバーも多い。


それでも

演者は
場所と時間を提供してくれる
店に対して

ひとりでも
多くの集客をしようと
努力する事は

当たり前の礼儀だと
月下陽香は考えて居る。


どうしても
出来ない時も在る。

その時は

いつもより
1杯でも多く飲んだり
皆でつまめるように
何品かの食事を頼んだりして

お店の売り上げに
貢献する努力もする。



このレコ発をした店は
出演者からは
チャージを取らない。

無料でライブをさせて頂いて

しかも
いくらかのチャージバックまで下さる。

ならば
集客もしようよと思う。


どうしても無理だったなら

大人なのだから

2杯か3杯ほどでも
何か飲むとか

してくれないかと思う。




彼は
ライブ終了後は
早々と帰宅した。


これは
Duoじゃないよなって

私は思った。


それでも
しばらくは彼と活動して居た。

いつもしっくりこなかった。
でも
とにかく
数多く
ステージに立つ為には
彼も必要だった。




感想や意見を
はっきりと言ってくれる付き合いの
音楽関係者達の中には
反対の意見も多かった。


彼には
自分から言い出して
この活動が始まったのだけれど

確かに
日を追う毎に
彼の力は
私の力にはならず

負担の方が
遥かに大きくなり始めた。



独り立ちをしなくては
これからもずっと
我慢と負担が募るだけだ。



私は

ひとりでも
ギターを背負って
あちこちの店に出掛けては


どんな店か
自分の目で見

マスターに挨拶をして
歌を聞いて貰う事を始めた。

飛び込みで
営業を始めたって事。


これには
とても勇気が要った。


ギターも
歌も
自信がある訳じゃない。

人見知りは酷くて

緊張すれば
上手く喋れない。


それでも飛び込んだ。


自分の歌は
自分で守るしかない。

ひとりでも立てる
“うたうたい”にならなければ
歌を守れない。


体力も
時間も
お金も
沢山注いで
あちこち回った。



月下陽香がよくお世話になってきた
大阪市中央区にある
ライブバーも

この頃の飛び込みで
お繋がりを頂いた。




自分の力で
一生懸命動いてた。



バンドで始めた
インターネットラジオも

この頃は
ソロでやっていた。


歌を
否定して殺した
一メンバーと
トーク番組を継続出来るとは
思えなかったから
個人で続ける事にした。




ひとりで動く事が
どんどん増えた。

それでも
まだ
1ステージを
ひとりでやりきる事は難しく

ライブには
ギタリストも共に立った。






我慢の限界を超えて居た私は
集客について彼に話した。


もう少し
努力をして欲しいと伝えた。

自分から
言い出した活動だけれど
私はもう
彼とは
近々離れようと決めて居て

だから
黙って居ようと思ったが


そこまで背負う事に
疲れた気がした。





そのきっかけは
あの日にあったように思う。




ある日の練習帰り
彼と食事をした。

集客が多く出来た時に
お店から頂いたキャッシュバックを
彼と共に立ったステージの分は
別に置いて居た。


彼は
一人の集客もしないけれど
私は置いて居た。

それで食事をしようと誘った。


彼は
次々と注文をして沢山食べた。
アルコールは同じ数飲んだが
食べたのはほとんど彼だった。


支払いの時

1万円程の
キャッシュバックの入った封筒を
彼が取り
自分が払うから
先に外に出てくれと言った。

理由がわからなかった。
変だなって思った。

待って居たら
彼が
支払いを済ませ出て来て

足りないと言った。

3000円程足りないから
半分下さいと言った。


キャッシュバックは

私が
集客努力をして

それを応援下さる方々が
支払って下さった
お金の一部。


それを取り上げて
一人も呼ばない人の手で
支払われて

きちんとした金額も伝えられずに
不足の請求をされる。


嫌だなって思った。

そういうやり方は
とても気分が悪く思えた。

これからも
共に居る限り
これが続くのかと思った。


だから
彼に集客について話す事を決めた。






以来
ライブの度に

彼は
物凄く
集客努力をして居ると言った。

ライブ前日まで
バッチリだと言い続けた。


そして
当日になると
スマホを頻繁に見ながら
私に聞こえるように
「あれ?・・・」なんて言う。

そう。
結局一人も呼べない。

その繰り返し。

ならば

無理だと言えば

それに対しての行動を
私も起こせるのに
言わない。

当日まで言わない。


彼を信用出来るものが
私の中から無くなった。


いつも苛立ちを感じ
帰宅すれば吐き気がした。

イライラして
切りたくもなった。




続きはまた。










記憶と

向き合い
記事にしながら


いつも思うのは


私のそばには
いつも

 
問題を起こして
後始末をさせる人間が

多く
近寄ってきてたんだなって事。



いつもいつもそうだった。

自分で
処理出来ない奴が

私に
それを押し付けて

去ってゆく。

親も含めてね。



そういう人種を
呼び寄せてしまう
私が居た事も

わかって来た。


必要以上に
情に流されて
受け入れてしまう

クセが

私に在るからだ。



それは
恐らくは

親が
私に植え付けた感情に

縛られた思考が

選んだ環境の中で

根付いたものだ。



もう
そんなの要らない。


だから
気を付けるようになった。


都合の良い奴は要らない。


私に

自傷と嘔吐を呼ぶのは

いつも
人の矛盾で在るように思う。


だから

切りたくなる

吐きたくなる人は

要らない。

そう思う。



奪われる関係は要らない。

出来るだけ

与え合える関係で在れる人と
繋がりたい。


数がぐんと減ったり
増えなかったりしても


そういう

質を

持って関われる

繋がりの中で
生きたい。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。