❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺される前に願い事。(現在に向かう私・6)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





内臓を

全部


おえぇーって
吐き出したみたいな

空っぽ感は

やたら
体に重たくて


10分弱で歩ける道のりを

20分近く掛けなければ
辿り着けなかった帰り。



朝は6時に起きて

バイトの出勤前に
記事を書き足し


途中で保存して
バイトに向かい

どっぷり
浸かれる労働に励み


帰宅後は
本業である陶芸に向かい



やっと少し

15分や
20分

休憩をする
その時間にも

記事を書き足してゆく。



全ての記事
一つ一つは

1日も
そんな短い時間では
書き上げられない物であり


心身も
時間も

磨り減らし
かき集めて

打ち込む

ただただ



繰り返し。



過程を綴り続けて在る
このブログの

記事たちは

日々

そうして
ぎりぎりで
更新を続けてる。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「私はなぜ今母を殺したのか。」 (2014.10.22)】

【「矛盾なき人を知り在れる事。」(2014.10.30)】

【「死者と繋がれた輪。」(2014.11.4)】





過程を綴る記事は
現在の私へ繋がる時代を書き始めた。

【「嘔吐と自傷を呼ばれても明日を探して。」(現在に向かう私・4)(2014.11.5)】

【「砕け散る瞬間。」(現在に向かう私・5)(2014.11.7)】




今日も続きを書くね。






次々と
問題ばかりが起こる
バンド活動。


新たなメンバーを迎え
次のライブを目指して居た。


新メンバーは
楽器に関しての経験は
とても豊富で

彼の加入により

楽曲の音は
それまでよりも
タイトに
まとまった物になった。



決まっているライブには
安心して向かえそうだった。




バンドの音で歌いたい。
その気持ちはずっと在った。ア

コースティックよりも
ロックバンドで歌いたい。


私は
昔からそう思って居た。


アコースティックの楽しさに
気付き
それを選ぶようになったのは

近年の事。



それまでは
心のどこかでは

ずっと

バンドの音に焦がれて居た。


だから
バンドという形への
未練はとても在った。


それでも

もう

バンド「月陽」は
長くは続かないだろう。



新メンバーの加入により
今後
しばらくの安定は
得ただろうけれど


ギタリストは
助っ人メンバーであり
長くは頼れないし

ドラマーは
相変わらず
私の楽曲を
否定をし続けていた。



「暗いからダメだ」

「応援歌やラブソングを
   歌わなくてはダメだ」

「陶酔して歌う姿が怖い」

彼はいつも
自分の理想を私に求める。


楽曲だけでは無い。

タバコの吸い方
喋り方
飲み方

いちいち否定をしては
自分の理想を求め付け

「もっと上品に振る舞え」

等々
言い出したらキリが無く


束縛や
抑圧が

何よりも嫌いな私には

苦痛でしかなかった。


その度に

切りたくてたまらなくなるし

焼かなくてはいられなくなるし

指を突っ込んで
嘔吐しなくても
自然に
吐き気がこみ上げてきた。



壊される。

殺される。

私は
いつもそう感じて居た。




だから
ソロ活動に
より力を注いだ。


自宅近くのライブバーには
頻繁に出掛けた。


そこでは
誰でも参加できる
セッションデーが色々とあり

当日の参加者が
順番に
2曲ほどづつ披露し合う
イベントデーもあった。



まずはそこに参加した。

人前で
自分で弾いて歌うと言う事は

私には
とてもとても
大変な作業だけれど

どんな事をしても
それが出来るようにならなければ

このまま

壊されてしまう。

殺されてしまう。



ても下手な私でも
マスターは歓迎して下さり

そこで
練習と訓練をさせて頂いた。


そこでは
いつも遅くまで遊んだ。

現在のギタリストとも
よく深夜まで遊んでいた。



そこで
色々な出会いや
経験を
頂いた私は

ずっと考えて居た
レコーディングを

実現させようと考え始めた。



血を吐くような訓練を重ねて
何年も失って居た歌声を
取戻し

やっと始めた
大阪での音楽活動。



そこで

私は

自分の楽曲 
とくに歌詞について

一メンバーから
否定をされ続けて居た。


それは
私には

何よりも痛く傷付く事だった。



自信は
持ち過ぎてはいけないと
いつも思って居る。

自信過剰になってはいけない。

私はそう考えて居る。


しかし。


自信は
無さ過ぎてはいけない。


顔を上げて
生きてゆく上で

最低限
絶対に
必要な自信が
人には必要に思う。


その
最低限の
必須である自信まで

メンバーに
日々

奪い捨てられてゆくようだった。


その度に思って居た。



これは

私の
楽曲

なんだと。



好かれない事も
嫌われる事も

在って当然だと
理解して居る。


でも。


否定や
修正は

誰にも出来やしない。


アマチュアシンガーソングライターの私が

自身のイキザマを
言の葉と
音程で
表現している事に対して


私が
望まぬ
認めぬ者が

意見を強制し

修正を要求する事は

間違って居る。




これは
私の歌詞であり
楽曲であると言う事実を

形にしておきたいと思った。


証を残したいと思った。


遺しておきたい。
とても強くそう思ってきた。




誰に否定されても

これは
私のイキザマを
表現した私の楽曲なんだ。



私は

ひとりで
アルバムの
制作に挑む決意を固めた。





続きはまた。









毎日が
騒がしく過ぎてゆく。

使い果たして

暮れてゆく。


具体的に

目指す場所が
欲しいと思う。



2月頃に。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。