❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砕け散る瞬間。(現在に向かう私・5)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





魔法の土から

1つだけ


芽吹いてくれた芽は

少し大きくなった。



魔法の土と種。


この夏
大好きな人達に
送ったのだけれど

なかなか
芽吹いてくれないみたいで

とても
申し訳ない気持ち…。



その分も

どうか

この子が
育って欲しいと

大事にしてるんだけど。


どうなるかな…











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「私はなぜ今母を殺したのか。」 (2014.10.22)】

【「矛盾なき人を知り在れる事。」(2014.10.30)】

【「死者と繋がれた輪。」(2014.11.4)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代を書き始めた。

【「生を決める自身と死を決める私と。」(現在に向かう私・3)(2014.11.3)】

【「嘔吐と自傷を呼ばれても明日を探して。。」(現在に向かう私・4)(2014.11.5)】




今日も続きを書いておく。


バンド活動は一見は順調だった。

表向きは
とても順調に見えて居た。

当時
よくライブをさせて頂いて居た店の紹介で
インターネットラジオも始めた。



インターネットラジオとは
あらかじめ収録した音源を
一定期間
パソコンで
誰もがいつでも無料で聴ける
ラジオ番組。

私たちが紹介されたのは
30分番組を
2週間毎にオンエアする
ネットラジオだった。

勿論出演料は無い。

出演者が
制作費用を支払って番組を放送する。
毎月5~6000円程を支払って
収録して
オンエアをして貰う訳。




まずは番組名を考えた。

この
インターネットラジオの
サイトのトップページには

五十音別で
各番組名が紹介されていた。


って事は

始めに載る程に
目に触れやすい。


私は

「あ」

から始まる番組名にしたいと思った。

自分の楽曲の雰囲気等
色々と考えて

【 あかずの扉 】

と言う番組名を思い付いた。

メンバーも任せてくれた。。

パソコンから
わざわざ
この番組を聴く為に
クリックして
耳を傾けて下さる方々にだけ

開く扉。

そんなタイトル。

これに決定。

扉の開く音で始まり
閉じて
鍵を掛ける事で

締めくくる番組にしたくて
効果音の音源も探した。


喋りで番組を作る経験が
無いメンバーは
どうすれば良いか
わからないようだった。

台本に近い物は
私が書いて準備をした。



いよいよ収録日。

1日で2話の収録をする。

番組は
1話2週間流れるから
1ヶ月分の収録となる。

打ち合わせも念入りにした。
にも関わらず
1回目の収録は
ただただバタバタ。

キューが出て
秒に合わせて喋れるのは
私だけだから
仕切るのは私。


環境によって
喋る速さは変わる。

普通の会話であっても

朗読のように
あえて早口にしたり

間を持たせてみたりすれば

雰囲気も変わる。

でも
例えば

シンプルに締め括るとか

そういうシーンなら

1秒で
5文字程を
吐き出す感覚で話せば
まとめやすい。


1秒あれば 
「ありがとう」や
「さようなら」が
言えるって事。

そういう事は
過去に
アナウンス業に
就いていた経験が在るから

私は体で覚えてる。


当たり前だけど
ラジオだから目には見えない。
声を発しなければ
出演者の顔が見えない。

そんな事も理解して居ないメンバーも居る。
緊張して喋れないなら
せめて相槌だけは
声を出して打ってくれと
何度言っても
「うん」の一言も言えない者も居る。

メンバーを引っ張るのは
とても大変で頭を抱えた。
多くの課題を次に残しながら
それでも何とか収録を終えた。

バンドの番組だから音源を流したい。
でもデモすら無い。
ギターを持ち込んで
その場で弾いて歌う。

それもとても大変。
もうドタバタ劇のように終わった。



収録は月に1日。
第2話が放送されている頃に
3話4話を収録する。

それまでに
少しでも良くなるようにと
色々と考えた。


番組内で
1曲歌う為に
ギターを背負って
スタジオまで来るのも大変だろうし
アコギでの伴奏なら
練習しておくから
楽器を持たずに収録に来ても良いと
あるメンバーが言ってくれた。


番組の内容も
台本も進行も
ひとりで背負って
とてもしんどかったから
これは凄く有難かった。
そのメンバーに任せる事にした。



そして収録日。


メンバーは
新しく
アコースティックギターを購入してまで
練習してきてくれたようで
気合十分の様子だった。

収録が始まり
歌う時が来た。

が。

全く歌えない。

音が取れない。

ボーカルが
音程を取る為に欲しい音が
無い。
要らない音が
数多く詰め込まれて居てわからない。

一度収録を止めて
歌だけを確認してみる。
何度やっても
第一声が出ない。
音程が全く取れない。

そもそも
その楽曲は
Amで始まる
コードも少ない
シンプルな曲であり
バンドでも
そういう雰囲気に仕上げて在る物で
弦を連打するように
ギターの音数を詰め込む
楽曲ではない。


それでは音が取れないから
ただシンプルに
音を出して欲しい事を伝えたが
メンバーはそれを拒否。

気持ちはわかる。
ギターを買ってまで
きっと
とても張り切って
考えて
練習してきてくれたはずだ。

アコースティックでの
ソロ活動を
始めようとしている私を
想いやる気持ちも

参加したい想いも

在っただろう事も想像できた。

でも
歌えない伴奏では困る。

ただシンプルに
コードを鳴らして欲しい。
それでも
メンバーは聞き入れてはくれなかった。


「頼まれたから練習してきてやったのに」
「お前が持って来いって言うから
  ギター持って来てやったのに」
彼は怒りを露わにした。

頑張ってくれた事はわかる。
それでも
全く違う方向に走って行かれても困る。

その違う方向に
当日になって気付いても
彼のプライドは
「あ…ごめんごめん」って
戻って来るような事は
出来ない事ももう知って居る。


収録にならない。
スタッフも呆れて待ちぼうけ。
契約した時間内に
2話の収録を終わらせなくては
時間もお金も倍必要になる。


これ以上何を話しても
無駄なのは明らかなのに
他のメンバーも何も言えない。
結局
決めるのは私って事だ。



「帰れば?」

私は言った。

出来ないなら
帰れば良いと
目を見て彼に告げた。

その瞬間
彼の顔付が大きく変わった。
キレた。
暴れた。
スタジオを飛び出した。

スタジオを飛び出す時に
私の横を通り抜ける彼が私を見た。
私は動かず見返した。
この人は
どんなに暴れても
私には手を上げない事は
確信が在ったから
動かなかった。


スタジオを出た彼は
スタッフに
私の悪口を言いまくって出て行った。

終わったと思った。
このメンバーでの活動はこ
れで終わるんだなと思った。



彼はとてもいい奴だった。
私は彼を
仲間としてとても大好きだった。

沢山のデタラメも在った。
それに気付きながらも愛おしい存在だった。

私が再び歌えるようになるきっかけは
彼が作って下さったと
今でも思って居る。

今でもずっと
その事には感謝をして居る。

自傷と嘔吐を
繰り返さなければ在
れなかった場所だったけれど
そこが在ったから
今が在ると
感謝して居る。




でも。
こうなるとダメな事も理解してた。
頭を下げて
笑って戻って来る事の
出来ない性格を知って居る。

これまでも
自分を止められずキレてしまって
その後始末をする事が出来なくて
逃げ出す事を
何度も経験してきただろう人だから
もう戻ってこれないだろうと思った。



この日は3人で収録を続けた。

余りにも
もろく砕け散った現実から

とりあえずは
目を反らして収録を終えた。



この時
バンドには
ライブが2本決まって居た。

ひとつは
もうすぐそこ。

お世話になって居るスタジオの
周年記念イベントだった。

収録スタジオから飛び出したメンバーは
ライブに向けての練習にも来なかった。

私からは連絡をしなかった。
やはり
彼からも何も言ってはこなかった。


ライブ当日。

彼が居なくても何とかなるように
万が一の時は
他の出演者に助けて貰えるよう
お願いもしておいた。


来るような気がしてた。


リハーサルにも来なかったけれど
本番には来るだろう気がしてた。

本番直前に彼は現れた。楽
屋にも来ず
客席から
そのままステージに上がった。

彼と交わした会話は
ステージ中のMCで一言
私に突っ込んだ言葉だけ。

出演後はすぐに帰ってしまった。
その後もやはり連絡はなかった。


この時に連絡があれば
私は
笑って
再び迎えるつもりで居たけれど
連絡は無かった。


次のライブは
私の古巣に
私が持ち込んだイベント。

このまま
練習も出来ずに
そこに立つなんて

考えられなかった。


次のステージは
もう
彼に立って貰おうと思えなかった。

私たちは新しいメンバーを迎えた。
とても穏やかな
頭の良い同年代の男性。

バンド「月陽」は
新たなメンバーで活動を続けた。




続きはまた。






日に日に

夜が長くなってゆく。



今朝は6時に起きて

バイトの準備をしてから

記事を書き足して

更新。


これから出勤して
帰宅後は
陶芸の仕事をする。




早く起きたり

仕事の合間の
ほんの15分とか
20分の
休憩時間を当てたり

そうでもしなきゃ

記事が書けない。




この忙しさは

色んな事が重なって

その中で
色々な事情を重ね合わせて

今は
そうするしかないと

自分で
考えて
決めたものだけれど

暫くは休みも無くて

また
息を詰まらせてる。



ただ

これまでと違うのは

忙しさを
きちんと楽しめて居る気はする。


今は
仕方ない事を
きちんと受け止めて居るし


体が
何とかして動けて在れる幸せも

大きく感じて居る。




今日も
夜まで一生懸命働いて生きよう。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。