❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘔吐と自傷を呼ばれても明日を探して。(現在に向かう私・4)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





使い

果たしてしまうのは

なぜだろう。


一体

何日
休んでないのかな…


少し前よりも

“ 無理をし過ぎない ”事の

意味は
理解し始めたと思うのだけれど


ついつい

詰め込んでしまう。



仕事も
バイトも
記事も
練習も。


無理をして
押し込んでしまう。



スケジュールと言うパズルを

もっと
上手に並べられる人に

ならなきゃいけないと

思いながら。

ついつい…。



暇が苦手。


寂しさを
思い出したり


自傷や
嘔吐の

快感を思い出したり


そんな時間も無く

必死で
働いて

生きてる方が

今の私は

まだ


楽なんだろうね。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。







時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「私はなぜ今母を殺したのか。」 (2014.10.22)】

【「矛盾なき人を知り在れる事。」(2014.10.30)】

【「死者と繋がれた輪。」(2014.11.4)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代を書き始めた。

【「吐きたく切りたくなる言葉。」(現在に向かう私・1) (2014.11.1)】

【「嘔吐と火傷と辿る記憶と。」(現在に向かう私・2)(2014.11.2)】

【「生を決める自身と死を決める私と。」(現在に向かう私・3)(2014.11.3)】




前回は寄り道の記事を書いたので
今日は
過程の続きを書こうと思う。





突き付けた離婚届。


私の勝手な願いを

穏やかに
受け入れてくれた主人。


自由を求めた私に

主人は
責めも
怒りもせずに

私に生活が出来る環境を
全て残して
出て行ってくれた。



結婚をきっかけに

私は
大阪に
逃げて来ることが出来た。

苗字が変わり

名も変えた事で

以前の私を示す姓名は
この世から消えた。


これは
きっと

それまでに
私が一番したかった事で在り

それが叶った。



血を吐く努力を
重ねてこそでは在るが

歌声を取り戻せた。


これには
本当に
厳しい努力を重ねたが

その努力が出来たのは

生活の基盤を
支え環境を与えてくれた
主人が居てくれたからだ。



それでも

不足は
積もってしまった。


私の欲する物が
変わったのだと

当時は思って居たけれど


それは違う。


欲する
物も
者も

きっと変わってはいない。


自分の

本心や
本願から

逃げない生き方を

改めて
欲し始めたのが


きっと
この頃だったのだろうと思う。



私は
欲しかった自由を手に入れた。


自由を得る為には
自力で稼ぐ必要が在る。


仕事は
更に力を入れたし
バイトも
出来る限り詰め込んだ。



最後の1匹となった
愛猫の

癌の手術を終え


今後は
静かに看取る事も決め

猫との時間は
とても大切にしながら

それでも

もう
主婦としての家事には
追われなくなり

音楽活動にも
存分に注ぎ始めた。




バンド活動は
一見は順調だった。

ライブも
毎月のように出演していたし

インターネットラジオも始めた。

でも
裏側では
次々とトラブルが発生した。


これは
私が管理を任されていたが

当時は
バンドのホームページが
常に更新されており
そこには掲示板も設置して居た。


当時
私たちのバンドが
ライブをするとなると

駆け付けて下さる観客の方々は
主に
3つのグループに分かれて居た。

1つは
ギターの友人やご家族が
いつも駆け付けて下さって居たグループ。 
もう1つは
ドラムの友人が観戦下さるグループ。

そして
私が
大阪で出会い
仲良くなった人達や
大阪に来る前から
聴きに来て下さって居た人達が
復帰を喜び
引き続き応援を下さり
ご来店下さるグループ。


中でも
古くから私を知って
応援を下さる人達は
ホームページの掲示板に
よくメッセージを下さった。


始めは良かった。

お客さま同士が
声を掛け合ったり
集客は出来ないが
ネット環境があるメンバーも
そこに参加して交流したり。

悪い雰囲気ではなかった。

でも
次第に荒れ始めた。

そこには
妬みや
羨みや
やきもちが
充満していたように
今は思う。


”自分が
一番
ボーカルの私
つまり陽を

知って居ると
言いたい人”

”昔から知って居て
仲が良いと言いたい人”

”ボーカルばかりが
話題に取り上げられる事に不満な人”

”私やメンバーに
構われたくて仕方のない人” ・・・


純粋に
参加したい人は
入れない雰囲気が強まり

決まった何人か
がつるんで

その中でも
最も声の大きいものに
善悪関係なく
他者が続く。


最終的には
相手を特定し
「死ね」とまで書き込む出来事が
起きてしまう。


私は
ホームページの管理をするだけで
体調を大きく崩す程に
振り回されて
潰される。


掲示板は閉鎖。

結局は
多くの人が傷付いて
バンド内の雰囲気は
益々悪化し

私は
更に
メンバーに不信感を募らせた。



募る不信は
自傷を呼んだ。

頻繁に
体のどこかを焼いた。

嘔吐も増えた。

食べた物が
体内に吸収される事に
罪悪を感じる想いが

大きくなった。

明らかに

無理と

我慢は

限界を超えて居た。





諸口さんとの出会いに
恵まれて以来

私は
弾き語りの練習を続けて居た。

【「血も涙も詰め込んだイキザマだから。」(転居後前半・68) (2014.10.28)】

【「切っても吐いてもしがみつく歌の為に愛も捨てろ。」(転居後前半・69) (2014.10.31)】



このまま
バンドが続く事はないだろう。


私は
ソロ活動も始める準備を
進めて居た。


ソロでの活動なのだから
自由なはずだが

一応メンバーには話をした。


後々揉めるのは辛い。

バンド活動に
影響が無い範囲での
ソロ活動をしたい事を
話して置いた。


誰も反対はしなかった。


共に
その活動にも参加したい事を
遠回しに言って来るメンバーも居た。

それはやんわりとスルーした。

バンドがダメになるだろう事は
目に見えているのに
そのメンバーと
他の活動をしたら
いずれ共倒れ。


もう
これ以上

自分の
イキザマを
晒し掲げた
楽曲を

殺されたくはないんだ。


バンドから
いや
メンバーからも

私は
もう
自由になりたかった。



この頃は
まだ
ソロ活動と言っても

諸口さんのライブで
ソロでの出演を
させて頂いて居るだけだった。

”一うたうたいの「陽(めぐ)」” として
ステージに上がるだけだった。


そこでは
それで良かった。


でも

今後も
そうする事を選べば


 「 バンド“月陽”のボーカルの陽が
         弾き語りもやって居る」

と言う見方を
されてしまうように思えた。



私は
いつ潰れるかもわからないバンドの
ボーカルとしての顔よりも

これから育ててゆく
ソロ活動での顔を

自分の活動の
“主”の顔としてゆきたいと
考えて居た。



名前が要る。

そう思った。


色々な名を考えた。


月が大好きな私と

月を照らす
太陽の一文字を
本名に変更した私は


「月」と「陽」の

二文字は
絶対に使いたかった。



あれやこれやと
散々悩み
頭を抱えた時に

ふと思い出した。


私の誕生日は

6月16日。

この日の

誕生花は

「月下香」だ。



花言葉は

“危険な戯れ”や
“危険な関係・楽しみ” 等。


これを使おうと思った。


私の名と

合わせて

【 月下陽香 (げっかようこう) 】



私は

バンドを離れた
ソロでの活動名を

【 月下陽香 】にする事を決めた。




続きはまた。





一昨日

拾ってきたのは

どんぐり。



私は

なぜか

どんぐりが凄く好き。

物凄く好き。


どんぐりに対して

特別な
想い出が在る訳でもなければ

グッズを
集めている訳でも無く


でも
物凄く好きなんだ。



見付けると
欲しくてたまらなくなる。

帽子をかぶった状態の
どんぐりは

もう

私には
プレミア物のように


とても
欲しい物体である。


見付けて
拾うと

もう
嬉しくてたまらなくて


 「見て見て」って

言いたくなる。



この時の
私の中身は

完全に子供だ。

かなりの幼子だ。


自分でも

それはとてもわかる。



自分の中の

いつまでも
在り続ける

インナーチャイルドに

まともに出会う。


きっと
この私は

私が死ぬまで

私の中に
在り続ける

私の分身。




消す事が出来るなら

きっと
そうした方が良いのだろうなと

思う気持ちは在る。


でも。


この

どんぐりを見付けて
拾った時に

私の中に

ぶわーって
沸き起こる幸福感は


とっても
とっても
たまらなく

良い感覚で


それを

私は
とても
心地よく感じて在るから


人に迷惑を掛けないのなら

無理して
消さなくても

良いかなとも

思って居る。






※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。