❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生を決める自身と死を決める私と。(現在に向かう私・3)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



まだ

上手く消化出来て居ない

感情が在る。


この胸に確かに在る。


だから

目覚めれば
体には
湿疹が吹き出してる。



自分が一番わかってる。

自分の気持ち。


まだ痛いって事。


だけど

知って居る。


私は

必ず

このキズグチを
治してゆける。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「私はなぜ今母を殺したのか。」 (2014.10.22)】

【「矛盾なき人を知り在れる事。」(2014.10.30)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書き終えて それから現在へ繋がる記事を書き始めた。

【「切っても吐いてもしがみつく歌の為に愛も捨てろ。」(転居後前半・69) (2014.10.31)】

【「吐きたく切りたくなる言葉。」(現在に向かう私・1) (2014.11.1)】

【「嘔吐と火傷と辿る記憶と。」(現在に向かう私・2)(2014.11.2)】




続きを書くね。





私は

猫を病院に連れて行った。


3年間

自分を犠牲にして
心に鬼を呼んで

インシュリン注射を
打ち続け
看護してきた

愛してやまない命を

独りで逝かせてしまった
場所。



巡る記憶に
痛む事から

逃げてきたけれど

明らかに大きくなってゆく
しこりを
もう

見ぬフリをして放置するのは
限界だと思った。

直ぐに検査となった。



どうか大丈夫で在って欲しい。


そう願う想いは
とてもとても大きかったけれど

心のどこかには

これまでの経験も踏まえれば

それは難しい事も
もう十分に想定は出来て居た。




結果は癌。

乳がんだった。


猫の乳は
左右に4つずつ在る。

前足の付け根辺りから
後ろ足の付け根辺りまでに
縦に並んでいる。


その

右側全部を
摘出せねばならない。


人で言うならば

脇の下から
足の付け根辺りまでを
切除する必要が在ると言う事。


私が
放置してしまった間に

腫瘍は大きくなっているから

かなりの肉を
切り取る事になる。


傷が癒えても
肉が引きつり
足を延ばしきれずに
上手く歩けなくなる可能性もある位

大きく切り取る事になってしまった。



手術をしないと言う選択も
無い訳では無い。

しかし
切り取らないと

腫瘍はどんどん大きくなり

やがて皮膚を破り
膿が垂れ流しになる。


そうなれば
日に何度も
消毒をし
ガーゼを変えて
世話をしなければならず 


それは
飼い主にも負担になるだろうし

痛みや匂いや

24時間
体にガーゼを当てたままとなる状況は

猫にも
大きな苦痛となるだろうから

まだ切り取れる範囲ならば
手術をした方が良いとの事だった。




私のせいだ。

私が逃げたから
悪化させてしまったんだ。



この子は
自分では選べないのだから

私が

もっと早くに
判断してやらなければいけなかったのに


自分の

勝手な

痛みから逃げて
欲に走り

放置したせいで


小さな体に
大きな負担を掛ける事になってしまった。




手術の日を決めて
同意書を書いた。


何度
ここに名を記しただろう…


この事は彼にも報告をした。



そして手術。

猫を病院に預け
一度帰宅。


手術が終わり
麻酔が覚めたら
病院から連絡が来る。


時計を見ながらひたすら待った。


電話が鳴り
無事終わった事を知り
直ぐに会いに行った。


猫は静かに横たわって居た。

私を見て小さな声で鳴いた。

元々が3キロの小さな体。

そのお腹には
約20センチのキズが残った。



数日で退院。

連日
キズグチの消毒に通いながら

腫瘍の病理検査等の結果を待った。

猫は一見は元気そうだった。

お腹のキズを舐めたがるから
ピンク色のパーカーを着せた。
その姿も可愛かった。


このまま
元気になってくれるような期待もした。

でもすぐに打ちのめされた。




腫瘍は間違いなく悪性で

今後の転移の可能性も大きい。


猫の乳がんは
肺に転移しやすい。

そうなれば呼吸困難で死に至る。

転移の確率を下げる為に
術後のキズが癒えたら
抗がん剤治療や
放射線治療も出来る。


ただ
それはとても高額で在る上に

副作用も酷く

それに耐えられるかは
個体によるし

うちの猫の場合は
それを選んでも

副作用に苦しみながら

生きて
あと3ヶ月程だろうと

医師に告げられた。



私は
これ以上治療しない事を決めた。

治るのならば
高額であっても
治療を続けたと思う。


でも

続けても

苦しんで
3ヶ月しか生きられないのならば

嫌いな病院ではなく
大好きな家で

辛い治療をせずに
過ごして終わらせたい。




術後のキズが落ち着いて

私は
動物病院の通院を辞めた。


残りは
自宅で過ごさせて
看取る事を決めた。





あと3ヶ月。

たった3ヶ月。


1日1日が
どんなに尊いか
改めて感じた。


今日を
生きて居てくれることに
毎日感謝出来た。


出来る限り
共に居るようにした。




この時から

今年の
6月22日に召されるまで

約4年程。


この子は

ぽんちゃんは

頑張って

生きて
生きぬいて

私のそばで過ごしてくれた。





私は飼い主だから

何か起きた時に

お金を払うのも
どこかへ連れてゆくのも
私だから



ペットに対して

何かを決めるのは
飼い主である自分だと
思って居た。



確かに

通院させたり
治療を受けさせたり

そういう事を決めて
実行するのは飼い主だ。


でも
寿命を決めるのは

飼い主でも
医師でも無い。


とてもそう思った。



だけど最期に思った。


死を迎える日を
決めて
実行したのは


やはり私だった。




続きはまた。





今日は遠出をする。

海が見える場所に行く。

移動は車だから安心。



色々あるけれど

楽しい事を
探しながら向かおう。



新しいスカートを履いてゆこう。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。