❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

嘔吐と火傷と辿る記憶と。(現在に向かう私・2)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





吐き気に

襲われた昨夜。




忘れよう…

忘れよう…


言い聞かせて
在る

と言う事は

まだ


覚えて在ると言う事。



耳に
こびり付いてる言葉。



例えば

震えるような
怒りを感じて居るとか

泣き崩れるような
悲しみを感じて居るとか


そう言う訳では
全く無い。



心中は

大きく荒れて居る訳でも無く

冷静でも在るのだけれど


ふと
とても嫌な感覚が
胸の真ん中に
澱んで現れるのは


まだ

忘れてはいないから。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「私はなぜ今母を殺したのか。」 (2014.10.22)】

【「矛盾なき人を知り在れる事。」(2014.10.30)】




過程を綴る記事は

前々回の記事で
30代前半頃の私を書き終えて

前回より

それから
現在へ繋がる
ここ数年の出来事を記し始めた。

【「切っても吐いてもしがみつく歌の為に愛も捨てろ。」(転居後前半・69) (2014.10.31)】

【「吐きたく切りたくなる言葉。」(現在に向かう私・1) (2014.11.1)】





今日も続きを書いておこう。






主人は家を出て行った。

私を責める事も無く
怒る事も無く

とても穏やかに
出て行った。


マンションも
家具も
家電も

全て残して
出て行ってくれた。



最後の1匹となった猫と私。


家の中は
温度が
少し下がったような感覚が在った。


空気に
隙間が出来たような
感覚が在った。

肩が軽くなったように感じた。



自由になった。

そう思った。

楽だ。
とてもそう思った。

嬉しかった。


私が
喜びを感じて居た頃

きっと
主人は
とても寂しくて
不安だっただろうに

その時の私は

彼の気持ちを
気遣うような想いも

持っていなかった。



とてもすっきりした気持ちだった。


「しなくてはいけない事」として
私自身が捉え

日々こなしていた事が
とても減った。

家事を頑張る
必要がなくなった。

自分のペースで
生活が出来る。

それは
物凄く嬉しい事だった。


食事の時間も
お風呂の時間も
自由に決めて良い。


自傷も
嘔吐も

やりたい時にすれば良い。


隠す相手が居ないのだから
気楽に出来る。



歌でも
うつわでも

創作を始めれば

中断する事無く
気の済むまで続けても良い。


時計を見ながら

帰宅時間までに
終わらせる事を

もうしなくても良い。

とても嬉しかった。




この時
猫の病状は

一過性の糖尿病も落ち着き

お腹に在る
しこりの心配を除けば

留守番をさせる位は
問題ない状態だった。

夜は
そばで眠るようにしていたが

それでも
一時期のような
危機感は無く居られた。



外出も自由になった。


今までも
誰と会おうが
どこに行こうが

束縛は
された事がないけれど


やはり
それなりに

帰宅時間や
お金には
気を遣う事もあった。


もう

時間も自由。
お金も自由。


やりたい事をするには
お金が足りない。

陶芸だけでは
不安定だから
バイトにも行き始めた。




楽しかった。

深夜まで
飲んで遊んでいたり

何時間も練習したり


深夜でも
早朝でも
創作が出来たり。


私には
とても楽しい毎日だった。






主人に
別れたいと打ち明けた時。

主人が言ってくれた言葉。


「 独りになるのは寂しい。
  でも寂しいのはいつか慣れるから大丈夫だ。 」


「 人一倍
  苦労して生きて来た事を知って居るのに

  これまで多くの苦労をかけてしまったけれど

  僕は
  君には
  しあわせになって欲しいから

              全て受け入れる。」



これらの言葉には
とても感謝をしたし

改めて

彼と言う人を見直しもした。



結局は
私はまた

この人のそばに
戻るのかも知れない。

そうも思った。




彼は
寂しさに
慣れる事が出来ると言った。

私と彼の違いは
そこだろうか。


私は
寂しさには
慣れる事が出来ない。


寂しさは
慣れる事ではないと
考えて居るから

彼のその言葉は
理解が出来なくて


だけど

だから

深く
寂しい味がした。





別々に暮らし始めたけれど

連絡を
取り合わない日は無かった。


いつも必ず
帰宅時間を
メールしてくれていた彼は

帰宅した時に

帰って来た事だけを
報告してくれるようになった。


私は
それに対して

「お疲れさま」と

返信をする。


そんな事する必要もないのに

当たり前のように
私たちはそれをして居た。



お互いに

近くに
家族が居る訳でもなければ

帰れば
待って居てくれる人が
居る実家も無い。


生まれ育った訳でもない場所で

完全に
繋がりを断ち切る事は

私たちには
出来なかったんだろう。




それでも
私は
自由を満喫して居た。






ある日。

いつものように
膝の上に乗って来た猫を

くるんとひっくり返して

お腹を撫でて居た。



猫は

喜んで
喉をぐるぐるごろごろ鳴らして
私の髪を舐めてくれる。


暫くそうしながら


ずっと気になって居た

お腹

右後ろ足の付け根の
近くにある

しこりに触れた。


痛がる事も無い。


でも
確かにそれは
大きくなっている。


少し前よりも

確実に
大きくなっている。




3年間の看護生活が終わり

やっと
張り詰めた
縛られた
生活から逃れ


私は

今は
もう
どうしても

看護から離れたくて


しこりに気付いていたのに

直ぐに通院をさせなかった。

出来なかった。



きっと大丈夫だと

元気そうだから
大した事は無いと

大きくもなっていないからと


心の中に
言い訳を重ねて

病院を避けた。




もうこれ以上は逃げられない。

そう思った。


約3ヶ月
見ないフリをしてきたけれど


もう
それも限界だと思った。


猫を通院させる事にした。




続きはまた。





酷い吐き気で

何度も
嘔吐する事となってしまった夕べ。


耳の付け根から

顎を沿うように

首まで
ぱんぱんに腫れてしまった。


嘔吐を繰り返すような
不調に見舞われると

このように
なってしまう事が在る。


輪郭も別人のように変わる。


こういう時
人に会うのは避けたい。



納品が入ってる。


間もなく出掛けなくてはならない。



バイト先で

腕に
小さな火傷をしてしまった。


小指の爪位の
小さな火傷だから

気にせず
放置して居たら


腫れて
膿んでしまった。


うっかりと
油断をしすぎた。


私の白血球数は
まだ
ギリギリだった事を忘れてた。



明日は
少し遠くまで行かなくてはいけない。


納品が終わったら

今日は
少し体を休めたい。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: