❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

吐きたく切りたくなる言葉。(現在に向かう私・1)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



「 まるで殺人やな … 」


後ろの方で

知らない人が言った。



昨夜見た夢。



沢山の人間が居て。


それぞれに

楽しそうに過ごしてる所に


爆弾みたいに
大きな

弾丸みたいに
早い

何かが突っ込んできて。


当たった人が
飛ばされて

丁度
私の足元に

滑り込むように
転がってきて。


寝返りを打つように
半身を返せば

真っ黒に焦げて


焦げた下地は
赤く熟れて


手首から

先が

千切れて無くなって。



物凄く
苦しんで居るのに。


誰も何もしない。


ほとんどの人達は気

付きもせずに
楽しんで居て。


気付いた
周りの数人も
見てるだけ。

見て
過ぎてゆくだけ。




相変わらず

夢の中まで
穏やかではない

私の毎日。




それでも

毎朝
必ず言い聞かせる。

大丈夫だって。

今日も
真っ直ぐ笑って居れば

ちゃんと
大丈夫になってゆく。

委縮して

逃げ腰にならぬように

引き締めて
ゆけば良い。



そうすれば
今日も
絶対大丈夫。

失敗したって大丈夫。


そして
極力
そのテンションのままで


人に
物に

関わりながら

今日を過ごそう。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「私はなぜ今母を殺したのか。」 (2014.10.22)】

【「矛盾なき人を知り在れる事。」(2014.10.30)】





過程を綴る記事は前回の記事で30代前半頃の私を書き終えた。

【「血も涙も詰め込んだイキザマだから。」(転居後前半・68) (2014.10.28)】

【「切っても吐いてもしがみつく歌の為に愛も捨てろ。」(転居後前半・69) (2014.10.31)】





今日からは
30代後半の私

ここ最近の足跡を

書いてゆく事になる。






私は
自由になろうと決めた。

だから
離婚届を貰ってきた。




主人との結婚が決まった時

何よりもうれしかったのは

住んで居た
その土地を
離れられる事だった。


私の過去を知る人は
ひとりも居ない
知らない土地で

生きる事をやり直せる


そう思えた事だった。



そして
次にうれしかったのは

苗字が変わる事だった。


数年を掛けて
私は

戸籍から名も変えて

それまでの私を
指し示す姓名を

この世から消した。



でも
私は

「結婚」については

いつもどこかで否定的だった。


それが
喜ばしい出来事だとは
考えた事は無かった。


壊れた両親を見て来たし
壊れ行く家庭で育ったし。



女が結婚をし
子を産み
母となるシステムは

私には
受け付け難いものだった。


幸い
私たち夫婦は
子を持たない選択を
お互いに納得の上で選べた。




結婚した事で
私には家族が出来
安定を知り

それは
きっと幸せなはずなのに。

いつも
どこかで探して居た。

それが
幸せだとは思えなくて

探して居た。



私が幸せになれる場所は

きっと

もっと
他に在るはずだとか

私を幸せにしてくれる人は

きっと
もっと他にも居るはずだとか


もっと収入が在るとか
家柄が良いとか
もっと安定しているとか
地位が在るとか


そう

もっと

もっと


私の未来を満たす人が
どこかに居るはずだとか

思って居た。



いつだって

現状は
通過点だと捉えて居た。


同棲して居た男を捨てて
父と結婚し
それでも
私の上司と逃げた母は

きっと

そう思いながら

最後に
その人を選んで
自分のものにしたのだと
私は思って居たし


それをしたから

母は
きっと

私と父を犠牲にしても

幸せを得たのだと
思って居るし


そんな生き方は
間違って居ないとも

考えて居た。





母親の与える影響は

どの家庭でも
大きいのだろうか…。



私が

20年も
30年も

摂食障害と

自傷と

共に生きる事となった原因として

私が
真っ先に
これだったと言えるのは

母の

異常な
抑圧と束縛

だったと思う。


そして次に
その母を
自分の妻を
扱えなかった
手の掛かる父だったのではないかと
思って居る。



私を
こういう人間にした

根底には


両親の

偏りや
不足が

何よりも

大きな原因で在ったと
言える。



このブログには
その過程を綴ってきて居るが

私は

母も父も

どこかでは
とても軽蔑もして居るのに


それでも
私はどこかで

父のように生きるなら

母のように生きたいと

思って居たように思う。




結婚したにも関わらず

他の

「もっと」を

探し続けてた。




結婚がどんなものなのか
体験してみれば

それらは
私には不服の連続で在り

本来ならば
色々と在って当たり前なのだけれど

当時は
そうも思えず

私は離婚を考えて居た。






ある朝
主人に告げた。

今夜話がしたいと。

夜話をした。


家を出たいと申し出た。


妻で在る事に疲れた事

嫁として受け入れて貰えない事に
疲れた事

歌が歌いたい事

仕事と歌に注いで在りたい事等

自分の気持ちと
考えを
ひとつひとつ話した。



仕事は順調だった。

節約を心がけながらの生活なら
小さな部屋でも借りて
何とか出来そうな状態にはなれていた。

ただ
個人的な預金が余りなかった。


家を出るのは
私の勝手な行動であるから
何も求めはしないが

必ず返すから

新生活の環境を整える為に必要な
最低限のお金を
貸して欲しいと頼んだ。




主人は

他に好きな男が出来たのか
と聞いた。

違うと答えた。

事実そうではない。


他を探そうと思う
気持ちこそ在れど

現状はそうでは無い。



それを聞いて

主人が

「わかった」と言った。


そして
自分が出て行くと言った。


このマンションは
主人の会社の社宅手当が出ており
安く借りて居る。


その状態で
ここを置いてゆくと
主人が言った。


病気の猫を抱えて
自分も持病が在りながら
まだ良くわからない土地で
新しい暮らしを始めるのは

大変だから

自分が出て行くと
言ってくれた。




そして言った。


寂しいと。

ずっと一緒に居た
妻も猫も居なくなって
独りになるのは

寂しいと。

でも
寂しいのは
いつか慣れると。

だから大丈夫だと。


人一倍苦労して
生きて来た事を知って居るのに

これまで
多くの苦労をかけてしまったけれど


僕は

君には
しあわせになって欲しいから

全て受け入れると。





主人の新居は一緒に決めた。

荷造りも手伝った。

家具も
家電も

ほとんどを
私に残して

主人は家を出て行った。




私たちは
この事を誰にも言わなかった。

親族にも
友人にも

誰にも。


血の繋がる人間が
ひとりも居ない訳では無い。

私には父が居たし

彼にも
もう両親は居なくても

姉や
伯父や伯母達が居る。


でも
誰にも言わなかった。


血こそ
繋がっては居ても

私たちには

帰る家も無ければ

受け入れてくれる家族も

結局は
居なかった。


「 ただいま 」って

行ける場所は
どこにもなかった。



だから
誰にも言わぬまま

私たちは
別々の生活を始めた。




続きはまた。










今日もバイトに行き

一生懸命働き

帰りに花屋さんに寄って

帰宅後は
本業をこつこつとこなして

合間に
少しづつ記事を書き

やっと更新をして

これからまた
仕事を続ける。




今日から11月。


失う事が多すぎる今年は
あと2ヶ月となった。


まだまだ
日々は

迷路の中で

本音を言えば
もうくたくたなのに

迷路の中で

出口を探して

必死こいて

息をしてる。




負けない。
まだ負けない。

大丈夫。
負けないよ。

これからだよ。

自分に言う。

がんばれって。



新しい年には

きっと得るものが在り

再び
ステージに立てると

強く信じてる。






数ヶ月
とても調子の悪い
私のスマホ。


年末には
買い換えようと考えて居る。



昨夜は
やっと仕事を終えて
スマホをチェックしたら

しょっちゅうフリーズするくせに

沢山の着信履歴と

3件の
留守番電話のメッセージが
きっちり残されていて。



そこには

とても

汚い

気分の悪い

言葉だけが

吐き出されて在り


ずっと
嫌な想いが消えない。



切りたい。

焼きたい。

吐きたい。


一気に
その想いが吹き出した。


胸が痛くて
ツイートした。



頑張って忘れよう。

そして
もう
覚悟をすれば良い。


これで
最後でも

後悔しないと
自信を持って良い。


そう言い聞かせる。


もう
年末の心配も
してあげる事をやめよう。



何が在っても

言うべきでない言葉が在る。

私はそう思う。


何が在ろうと

言うべきではない
相手が在る。

私はそう思う。





魔法の土。

やっと双葉が開いたよ。


数ミリの
小さな葉っぱ。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡