❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

血も涙も詰め込んだイキザマだから。(転居後前半・68)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





ご近所に在る

空家の庭。


よく通る道から
庭が見える。


以前は
ご老人が住んで居られたが

空家となり
何年過ぎるだろう。



誰にも
手入れのされなくなった庭は

年々
自由に伸び行く

多くの植物が

新たな住人のように
占領し


今年は

通る度に
目を奪われる
美しさだった。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「疲れ果て女に消した憎悪を。」 (2014.10.21)】

【「私はなぜ今母を殺したのか。」 (2014.10.22)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「自傷と摂食障害に付き纏われても歌いたくて。」(転居後前半・65) (2014.10.22)】

【「きっと私が終わらせたんだ…。」(転居後前半・66) (2014.10.24)】

【「命を終わらせたから得たものに。」(転居後前半・67) (2014.10.26)】



過程の続きを書いてゆくね。





諸口あきらさんとは
どのような方なのか

全く知らぬまま

誘われたライブに出掛けた。


諸口さんのラジオを
いつも聞いて居たと言うメンバーは
とても喜んでいたが


私には
そういう気持ちは無かった。


お付き合いのひとつ。

そんな気持ちと

家で居るよりも
外に出たい気持ちと。

そんな感じだった。



ライブが始まる前

客席には
一際目を引くおじいさまが居られた。

飲みながら
多くの人達と話して居た。


それが諸口さんだった。


随分と時間を押して
ステージが始まった。



これまでに

私が
観た事の無い形のライブだった。


こんなステージを
観たのは初めてだった。

独特だった。


知っている歌も
1曲も無かったけれど

だからではなくて
初めてだった。


歌とトークを
じっと観て聴いた。

ファンの方の反応を
一生懸命観てた。


長年のファンの方々が
多く駆け付けて居られたけれど
皆とても楽しそうで
諸口さんを囲む
家族のようだった。



長いライブが終了した後は

出演者全員と
ファンの方々が

共に飲食し
話して居るのを

私は
メンバーと一緒に
少し離れた席で
飲みながら眺めてた。



すると

諸口さんが
私たちのテーブルまで来て
声を掛けて下さった。


店のマスターに
お誘い頂いて来店した事や
音楽をしている事など話したら

諸口さんが言った。



「なんだお前
   歌ってるならもっと早くに言わんか。」


「歌ってみろ。」




今日
会ったばかりの私に
ステージの上で歌えと言う。

まだ
観客も大勢居る会場で
ステージに上がれと言う。



うれしいけれど…

その夜は
店のステージは
諸口さん達が立つ

プロの方々が立つ場所であって

ステージは終わったとは言え
素人の私が上がるなんて
してはいけない気がした。



それでも
聴いてくれると
おっしゃっておられる。

行かなきゃと思った。


楽譜はあるのか
伴奏は必要か
自分で弾けるのか
何を弾けるのか


諸口さんの一声で
諸口さんのバッグのメンバーの方々が
ギターを貸して下さり
ステージを作って下さった。






当時は

メンバーと
ライブバー等に出掛ける度に

店に
自分も音楽をしている事を話し
挨拶をするようにしていたが

そうすると
大抵

どんな歌を歌って居るのか聞かれ

オリジナルだと伝えると
一度聴かせて欲しいという話になり

演奏をさせて頂ける事が多かった。


そんな時
決まって
メンバーは参加しなかった。


初心者の者は

初心者である事が見破られ
馬鹿にされると恥ずかしいからと
立ち向かわない


経験豊富だと
口では言っていた者は

本当は
そうでない事が
ばれてしまう事を恐れて

言い訳を重ねて
必死で逃げる。



だから
そういう時は

いつも
私は
ひとりで弾き語りをして居た。


楽器に関しては
ド素人だった私だが

1年以上
メンバーを引っ張って
演奏を続けて来た事で

簡単なギターではあったが
自分で弾きながら
歌えるようにはなっていた。






せっかくのチャンスだ。
もう歌うしかない。

諸口さんが
皆に
「聴こう」と
大きな声を掛けた。

皆が私を見た。
緊張は押し寄せた。



私は
自分のオリジナル楽曲から

【 うたうたい 】を歌った。


目一杯声を出して
必死で歌った。


この楽曲は長い。

7分程は在る。


それでも
目を瞑りながら
諸口さんは聴いて下さった。



そして。

歌い終わった途端に
拍手を下さり

大きな声で叱られた。


「叫ぶな」

そう言われた。



「お前はなんで叫ぶんだ」


「そんな必死になって
   顔をしかめて叫んでたって

         伝わらないだろう」



この時は
意味がわからなかった。



他のパートとの
バランスを考えた音作りや
音量調整など

考えもしないメンバーの音で
歌を歌おうとすれば


常に
大声で
叫び続けてなけりゃ

声なんて届かない。


深い大きな痛みを
イキザマを

込めた楽曲を
歌おうとすれば


もう
叫ばばずには居られない想いにだって
襲われる。



なのに

なぜ叫んではいけないの?



諸口さんは言った。
繰り返し言った。


「いいか。メグ。
   歌は歌っては駄目だ。
   叫んではもっと駄目だ。
            語りなさい。」



これをきっかけに
私は
諸口さんに
歌を教われる事になった。


それでも
諸口さんのおっしゃる事の意味が
本当に理解出来るまでには

何年もかかった。


諸口さんは
ご自身のライブの時に
私が会場に伺える時には

必ず
大切なステージに

私も上げて歌わせて下さった。


私は
そこで
多くの事を学ばせて頂いた。





当時
加入して居たバンドが

結成された時は
本当にうれしかった。


何年もかけて
血を吐く想いもし

やっと取り戻した歌声で

私は
やっと
また
音楽活動を始められて

ステージに立てる。


それが
たまらなくうれしかった。



でも

そこは
どんどんと重荷になり

いつも
飲み込めない
怒りや
悲しみが在り


嫌いではないから
仲良くはしていても

共に
生み出し
作り上げる
仲間としては

この先を考える気持ちは
次第に失せて居た。





そんな中で
新たな学びを得た。


ひとりで弾き語りをすれば

そこには
ドラムのリズムも
ベースの音も
ギターソロもなく

かつて
私の求めた
バンドの音ではないけれど…。


しかし

現状は
いつだって

演奏に関して
メンバーを頼れる状況ではなく

バンドとして立てば

沢山のものを
ひとりで背合わなければならず。


ひとりで立つ事は
いつも緊張して怖かったけれど

メンバーと立つよりも
楽であり

自分の楽曲を
大切に出来るように思えた。




諸口さんは
とても可愛がって下さった。

ライブに参加させて頂く程に

メンバーは
やきもちを焼き始めた。


私は
益々

個人での活動を
思い描くようになった。




続きはまた。






随分と寒さが増した。


やっと
魔法の土には
小さな芽を見る事が出来たけど


この寒さに負けないか
とても心配している。





始めに芽を出してくれた方は
今のところ
頑張って居る。




私も頑張って居る。


もう

毎日いっぱいいっぱい。


でも
気持ちは
落ちずに向かってる。



毎日思う。

日々訓練だと。


改めて思いながら

いつも
何かに挑戦して在れる
自分の人生は


大変だけど
豊かだと


考えられるようになってきたと
感じてる。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡