❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

命を終わらせたから得たものに。(転居後前半・67)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



使い果たしてる。

そんな毎日。


物凄く

疲れてる。


内臓
全部吸い取られて
ぺちゃんこに
萎んでしまいそうな位に

くたくたに疲れてる。



こんなにもくたくたなのに

何度も目が覚めて
深く眠れて居ない。


昨夜の夢の中では
爆弾が落ちてきて


沢山の人間の

腕が飛んで行ったり

足が千切れ落ちたり

首がもげて転がったり

木端微塵に
破裂したりしてて。


私は

その中を
逃げ延びて居た。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「疲れ果て女に消した憎悪を。」 (2014.10.21)】

【「私はなぜ今母を殺したのか。」 (2014.10.22)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「自傷と摂食障害に付き纏われても歌いたくて。」(転居後前半・65) (2014.10.22)】

【「きっと私が終わらせたんだ…。」(転居後前半・66) (2014.10.24)】



今日も過程の続きを書いてゆくね。





愛しい命が消えた。

この世から消えた。


私は
やっと

12時間おきに打たなければならない
インシュリン注射に

縛られる生活から
逃れる事が出来た。



でも

深い喪失感が付きまとった。

大きな後悔も付きまとった。

独りで
寂しく逝かせてしまった
最期。


これまで
看護に注ぎ続けた
3年間の全てが

無駄に終わったような想いだった。




これで

これまでに
2匹の猫たちとの別れが在った。

でも
家には
まだもう1匹猫が居た。

いつも
私にくっついて居る子だった。


他の猫たちの看護で
かまってやれない時は

鳴いて
鳴いて

鳴き疲れると
私の服の上で
丸まって眠るような子だった。



それまで以上に甘えるようになった。

少し出掛けただけでも
帰宅すれば
走ってきて

私の足に飛びついて
抱っこをねだる。


飼って居るのは
猫なんだけど

まるで
飼い主の帰りを待ちわびる
飼い犬のようだった。




私の胸に
深く刻まれた

喪失感と後悔。

1匹の気配が消えた家。

それでも
そこに居られたのは

残った1匹が
いつも
私のそばに居てくれたからだった。


この子の存在が在るから
私は
家の中で
ひとりぼっちになる事が無かった。



これまでに見送った
2匹は糖尿病だった。

残った1匹である
この子も
健康では無い。


口腔内の腫瘍を
除去する手術も2回しているし

子宮に膿が溜まって
取り除く手術もして居る。


また
一過性ではあったが
糖尿病にもなり

暫くの間は
この子にも

私は
インシュリン注射を
打って居た事が在る。



いつも甘えて来るこの子は
家では
私が座れば
必ず膝に乗って来る。

撫でてやると
とても喜ぶ。


よく
膝に乗せて腹を撫でた。

少し前から気になって居た。


右足の付け根に
しこりが在る。



でも

私はそれを放置した。

気付いて居たけれど

もう
動物病院に通うのは辛くて


やっと解放された
時間に追われず
血糖値に
張り詰めなくても良い生活に

今は居たくて仕方なかった。




時間に追われなくなった。
外に出たいと思った。

仕事も家でしているし
1日中
猫と家の中に居ても

猫はかわいいけれど

やはり
刻まれた喪失感と後悔に
襲われて

苦しくてたまらない。




自宅からは2駅離れた所に
ライブバーが在る事は

いつも練習して居る
スタジオのマスターから聞いて
知って居たが

まだ行った事が無かった。


ある夜
メンバーと出掛けた。


駅からは直ぐ。

小さな店。

少しくせのあるマスターが
出迎えてくれた。

早い時間は来店が少ないらしく
まだ他には客も居なかった。


マスターと
メンバーと
話したり
ギターを弾いたり
歌ったり。


遅くまで遊んでから帰宅した。


猫は
その夜も
走って飛びついて来た。

随分鳴いて探して居たようだ。

たたんでいた
私のパジャマは

真ん中が
まぁるくへこんで
あたたかかった。




近くにライブバーがある。

そこなら場所ももうわかる。


私は
ひとりでも
ちょくちょく
そこに出掛けるようになった。


家に閉じこもって居ると
苦しくてたまらない。

喪失感と後悔に
潰されそうで
よくそこに行った。


行っては大量に飲んだ。
それしか出来なかった。


この店には
その後
とてもお世話になった。

常連さん達とも
仲良くして頂いて

ここに来た事で
私には知り合いが増えた。



現在のギタリストに
出会ったのもここ。

マスターのバンドメンバーだった。


一見
普通のおじさんのような人。

でも
すごいギターを弾く。


目がでっかくて
ちょっと顔が怖い時が在るんだけど

話せば優しくて
皆の人気者。


随分前に
パートを辞めたコンビニの客に
まだ付きまとわれて困って居たのだけれど

初めて会った時は
後ろ姿が
その人にそっくりで

一瞬
凄く焦った事を
覚えてる。



この頃は
まさか
こうして共に活動して貰える
掛替えの無い相棒さんになるとは

全く想像も出来なかった。




後々知るけれど

当時は
憑り付いた
やばい変な子が
来始めたと

マスターや
常連さん達に
思われていたらしい。


確かに。。

今の私が思い出しても
当時の私は
やばかったと思う。



それでも
皆が
私の相手をしてくれていた。


ここに通い始めてから
私は
少しづつ

ちゃんと笑えるように
なっていったんだと

思う。




年内最後のライブを終え
ひとつの命が消え

私は
新たな逃げ場所を得て


大晦日。


この年の最後は
大阪で
初めてライブをさせてくれた店に
挨拶に出掛けて
カウントダウンをした。


そこで

マスターに
年明けに
諸口あきらさんのライブがあるから
来ないかと声を掛けられた。

私には
誰なのか全くわからなかった。

共に行っていたメンバーは
よく知って居るようだった。
諸口あきらさんのラジオを
いつも聞いて居たそうだ。


私は
名前を聞くのも初めてだったけれど
一緒に行ってみる事にした。


それは

月下陽香として
活動を始める

大きなきっかけとなったのだけれど

その時はわからなかった。




続きはまた。





この冬。

履こうと決めた
ルームシューズ。



これね。

まだ小学生の頃

母親が
仕事の仕入れで出掛けた時に

妹と私に
お土産に買って帰って来た物。



これ貰った時

凄くうれしくてね。


使う事で
古されてしまえば

その
うれしかった気持ちが
なくなってしまうように思えて


ずっと
使わないで
飾ってたの。



元々

何かを頂いても
「勿体ない」とか思って

直ぐには使えなくて

置いておいたりする
性格だったんだけどね。


ここ数年
それをしなくなってきた。



残りの人生は
どんどん少なくなってるんだし

自分に頂いた物は
どんどん使わなきゃ

ずっと置いておいたって


私が死んだ後に

私以外の誰かが使うか

ゴミになって
処分に
誰かの手を煩わせるだけなのだから。



一度きりの人生で
せっかく頂いた品物は

自分が使ってこそじゃないかって
思うようになったから。



私は

母親と妹が置いて行った
ゴミに溢れた

ゴミ屋敷になった
父の暮らす家を

死にたくなる想いをして

自傷を重ねながら耐えて

片付けた事が在る。


自死した義父の
荷物もそのままに

義姉は物を捨てる事が苦手で
お菓子の箱やスーパーの袋や
なんでも置いていて

ゴミ屋敷のようになって居た
主人の実家も

苛立ちを飲み込み
耐えて
耐えて

片付けた事が在る。



何でも
置いておく事は

不要だと考えるようになった。


私には姉妹も居ない。

私が死んだ後に
片付けてくれる人が居ない。

友達に迷惑を掛けるのも嫌だ。



私に
品物を下さった方も

使わずに
置いておかれる事なんて

望んで居ないはずだ。

頂いた物も
自分が選んで買った物も

感謝しながら
どんどん使って

自分で
ちゃんと使ってから

自分で
処分をしてゆく。



要らない物はさっさと捨てて
整理をしなきゃと
改めて見直して


先日
このルームシューズを貰った頃に
母に貰った
クマのぬいぐるみを捨てた。


もう要らないはずなのに
なんで持ってるんだろうって

考えたら

まだまだ
整理が必要だなって思って。


これも
履いて
使い古してから
捨ててしまおうって

思った。


履いたら

うれしくなった。


その
うれしい気持ちは

現在の私の
「うれしい」じゃなくて


当時の
ちびっこの私の


「うれしい」だと思った。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡