❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっと私が終わらせたんだ…。(転居後前半・66)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





やっと。

小さな
小さな芽が

出ようとしてる。



待ってたよ。

凄く

心配しながら
待ってたよ。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「疲れ果て女に消した憎悪を。」 (2014.10.21)】

【「私はなぜ今母を殺したのか。」 (2014.10.22)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「吹き出す膿に血が滲むまで。」(転居後前半・62) (2014.10.15)】

【「気付いてしまったキズグチを探す人。」(転居後前半・63) (2014.10.17)】

【「独り刀を振りかざしても。」(転居後前半・64) (2014.10.20)】

【「自傷と摂食障害に付き纏われても歌いたくて。」(転居後前半・65) (2014.10.22)】




今日も過程の続きを書いてゆくね。





私は音楽活動に必死だった。

失った歌声を
何年もかけて取戻し
やっと歌えるようになった事が

何よりもうれしかった。

メンバーとの関わりは
いつも必ず飲み込めないものがあって
それでも 
そんな時には

自傷で自分を誤魔化した。


歌声は取り戻したけれど
これは永遠ではない。

この体は
確実に悪化をしていて
近い未来には
だんだんと歌えなくなってゆくだろう。


時間が無い。

新たにメンバーを探すには
私には
まだ人脈もなければ
それをして
活動を止めて居る
時間の余裕も無い。


何よりも
死に物狂いで辿り着いたステージの
上に立てる現実を


もう
手放したくはなかった。


バンドの中

外側からは
見えない部分には
痛みが付きまとっていたけれど

それでも執着をした。


再び
ステージに立てるようになって

改めて思い知った。


私は
歌いたかったんだなって。

こんなにも
歌いたかったんだなって。


一度
歌声を失って

身の回りの音楽を
全て
片付けて
消して

過ごした何年もの間

閉じ込めた
想いの真ん中に在ったのは

これだったんだと
気付いた。

だから

どんな苦痛が在れど
そこに居る事を選んだ。





毎日は看護に縛られている。

愛おしい愛猫は糖尿病。


12時間おきに
小さな体に
インシュリン注射を
私が打ち

また
この手で
日に数回
耳から採血をして
血糖値測定をし

管理をしてやらなければ

死んでしまう。

苦しんで死んでしまう。


低血糖を起こさぬように
高血糖が続かぬように

いつも張り詰めて居る。


外出も
猫の血糖値が安定している時間だけ。

注射に間に合うように
帰らなければならないし

どうしても
それが無理な時は

病院に預ける等
準備をしなくてはいけない。


どんな急変にも
直ぐに気付いて対応出来るように

夜も
猫のそばで
床の上で丸まって仮眠。

そんな生活はもう3年になる。





12月。

その日はライブだった。

年内最後のライブに日だった。

朝から
猫の様子がおかしかった。

明らかに元気がなかった。

朝の注射の後
いつもよりも
こまめに血糖値測定をしながら
経過を見て居た。



夕方には
ライブバーに向かわなければいけない。

ステージを
キャンセルするという考えは
私には無かった。


歌いたい気持ちも
勿論大きく在る。

それだけではなくて

遠方から
駆け付けて下さる観客も居る。


これまでに
一生懸命注いできた
過程も在る。


例えば
親が倒れたとか
家族が亡くなったとか

そういう事態ならば
納得も得られるだろうが

飼い猫の病気でのキャンセルなんて
許されない気もしていた。


主人に猫を任せて出掛けた。

何かあれば
直ぐに連絡をくれるように
何度も何度も
重ねて確認をして出掛けた。


途中
何度も電話をして
様子を聞いた。


元気は無く
食べても居ないようだった。



帰宅して
すぐに血糖値を測定したが
上がっては居ない。

注射を打っても
その後で
食べてくれなければ
低血糖になり死に至る。


低血糖で運ばれて
亡くなった猫を
これまでに何回か
病院で目の当たりににてきた。


同じ事になる可能性があるのに
打つなんて

怖くて出来ない。



その夜は
インシュリン注射を打たなかった。



翌日も
猫の様子はおかしかった。

元気はなかった。


病院に連れて行ったが
原因はわからず。


帰宅後しばらくしたら
突然フードを食べ始めた。

もう1匹の分まで
壊れたように
食べて
食べて。


その後は
水の器の前で
ぐったりと寝込み

ふらふらと歩いては
風呂場に行き


元気は
どんどんなくなっていった。


とても短い時間だった。
目もうつろになり
弱って行った。


急いで再び通院。


とても危険な状態だった。

このまま
直ぐに点滴をして
処置をしても

助かる確率は極めて低い。


でも
処置しなければ
確実に
間もなく死を迎えるだろうとの事。



以前に
中毒症状に陥った際に
点滴を打ち続けた事で

この子には
もう
針を刺せる血管が

ほとんど残って居ない。


点滴に繋いだとしても
その夜一晩で限界だろう。



このまま
息を引き取るのを待つか

少しでも
楽になれるかも知れない
一晩の入院にかけるか

私は
決められなかった。

自分で決められなかった。


主人に意見を求めた。

主人も酷く悩んで居たが

今よりも
楽になる可能性があるなら
今夜だけ預けて見て

それでも駄目ならば
明日連れて帰ればどうかと言った。



私はそれに従った。

病院に置いて
家に帰る事は
たまらなく辛かった。


早く明日が来て欲しい。

どうか
生きて明日を迎えて欲しい。


万が一の事が起きた場合は
携帯に電話を貰う事になっていた。



苦しくて眠れなくて。

でも
明日が来て
迎えに行ったら
暫くは眠れないだろうから

少しでも眠ろうと
うとうとした時に


電話が鳴った。



午前3時頃だった。




その時の事や
その頃の事は

以前にも
触れて書いた事が在る。

【「知り尽くした不足の吹き溜まりに吸い込まれぬように。」 (2013.5.11)】

【「無様な生き方を責めるのはアンタやないよ。」 (2013.3.16)】




愛おしい
大事な子を

私は

ひとりぼっちして

冷たいオリの中で
寂しく逝かせてしまった。


これまでにした
後悔の中で

これは
最も大きく痛む

後悔となった。



なぜ
自分で決めなかったんだろう。

なぜ
ひとりにしてしまったんだろう。


3年間
針を打ち続け
必死で守って来たくせに

なぜ

最期に

こんな目に合わせてしまったんだろう。



すぐに迎えにはいけなかった。

翌朝の開院まで
待たなければいけない。


そして
その時には
もうあの子は動かない。



電話を切ってから
朝までに
家を片付けた。


亡くなった猫が使って居た物を
全て
マンションのゴミ置き場に捨てた。


もう1匹
残った猫に
必要な物だけを残して
全部捨てた。



翌朝
タクシーを呼び迎えに行った。


診察室に案内されて
待って居たら

白い箱に横たわる
愛おしい
「たらちゃん」が居た。


「ごめんよ」
「ごめん」
「ごめん」・・・


何度言っても
もう動かない。



帰宅後は
ずっと一緒に居た。

抱き締めて
家の中をうろうろしてた。


最後に
自分から行きたがった
お風呂場にも連れてった。


そこを出て
洗面台の鏡に

猫を抱いた
自分の姿が映った。


その時に思った。


私が

抱いてるのは
死体なんだって。

やっと思った。


この子も
ちゃんと骨にしてあげなきゃいけない。





痩せ細った
小さな小さな体。


私は

この3年で

何本の針を
この子の体に
刺し続けてきたのだろうか。


毎日毎日
針を刺された背中は

固いしこりが出来て
盛り上がって居た。


毎日辛かった。


針を刺す事も

時間に縛られる事も

血糖値に怯えて
張り詰めて過ごす事も

苦しくてたまらなかった。

でも愛おしかった。

たまらなく愛おしくて
かわいくて
たまらなかった。



再び
歌が歌えるようになって

もう歌を失いたくなかった。

でも
縛られる毎日は
活動にはとても不便だった。


注射を打つ事に
私の心は疲れて行った。

どんどん疲れて行った。


もう嫌だって
思う気持ちが
生まれ始めてた。

きっと
それに気付いたんだと思う。

だから
逝く事を選んだのだと思う。

私の想いを
きっと
誰よりも感じて気付いて

亡くなる事を
選んだのだと思った。




火葬車が来た。


沢山のフードやおやつ
少しのおもちゃ
お気に入りのフリース

そして
我が家の猫が皆持っている
お守りと共に

自分の手で猫を寝かせた。


オレンジ色の月が
低く見えて
眩しい位に輝いてた。




私は

やっと
針を刺す生活から
逃れる事が出来た。


針を刺す度に
心に呼び続けた鬼を 

もう呼ばなくてもよくなった。




続きはまた。









書き続ける過程。

自分で選んで
している事だけど…

とても苦しい時が在る。

とても
辛くてたまらない時があるね。





毎日忙し過ぎて
あっという間。

細切れに
時間をかき集めては
記事を書いて居るけれど


これが
また
とってもしんどくて

負担に思う時も在る。


こんなに頑張って
一体何になるの?って

報われるの?って

思ってしまう事も在る。


でも
決めたから向かう。


自分で決めて
生きて居たいし

自分で決めた事位は
守って在りたいって

思うんだ。




あまり調子は良くない。

でも頑張ってる。

仕事も
バイトも。

逃げずに頑張ってる。


自分を
ちょっと誉めてやれる位
毎日頑張ってる。



買い物とか行きたいんだけど
今はそれどころじゃない。

もう少しバイトに慣れたら

ゆっくり
買い物に行きたいな…





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。