❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はなぜ今母を殺したのか。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





骨壺には

沢山の花。


月命日だったからね。



愛おしい
命が召されて

今日から

5ヶ月目に入った。


明日は

座り込む時間も
無いかも知れない。


珍しく

同日の更新になるが
記事を書いた。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「疲れ果て女に消した憎悪を。」 (2014.10.21)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「吹き出す膿に血が滲むまで。」(転居後前半・62) (2014.10.15)】

【「気付いてしまったキズグチを探す人。」(転居後前半・63) (2014.10.17)】

【「独り刀を振りかざしても。」(転居後前半・64) (2014.10.20)】

【「自傷と摂食障害に付き纏われても歌いたくて。」(転居後前半・65) (2014.10.22)】






今朝は

いつもよりも
1時間半程

遅くまで
ベッドに居た。



もうとてもしんどくて


これ以上
少しでも頑張れば

明日をこなせなくなりそうで


何度も
細切れに
目覚めながらでも

布団の中に居た。




外は雨が降ったり止んだり。


観葉植物も
今日は
ベランダでの日向ぼっこが出来ず。


お天気悪いし

今日は
通院も
バイトも無いから


作業部屋で
うつわの整理をしながら

少し体を休めようと
決めた。




午前中は
事務仕事をしてから
記事を更新した。



最近は

記事の内容が
以前ほど
過激ではなくなってきた事も
あるのだろうけれど


一時期よりも
PVランキング数が
なかなか上がらず



どんなに
辛くても

決してサボらずに

書き続けて居るのに


空しいなぁ…
悲しいなぁ…



情けなくなる事も増えた。




それでも


どんなに
体が辛くても

心が
痛くても


無い時間を

細切れに
かき集めてでも


こうして
書き続けて在れるのは


必ず
欠かさず

ご訪問下さる方々が

確実に居て下さる事を
自分で
知れて居るからだと思う。



落ち込んで
見失いそうになる
揺らぐ背中に

そっと

手を
当てて頂いて居るような

想いがする。


ありがとうございます。





今日

お昼頃に
更新した記事には
過程の続きを記した。


だから

同日に
更新するこの記事は

過程の続きからは
離れようと思う。





2013年7月7日から

書き続けて居る
私の足跡。

無様なイキザマ。


寄り道もしながら

その日から
書き続けた記事の数は
この記事までで

339。


ネット環境が
無いギタリストさんに
私は
毎回
記事をプリントアウトして
読んで貰って居るけれど

彼の家に在る
私の記事は

辞書のようになった。



寄り道の記事を除き

過程を
綴る記事だけを数えれば

やっともうすぐ

現在の私に
結び付く時代を書く事になる。


年内を目指して居たが
さすがにそれは難しそうだ。



でも

次の春が来る頃には


記事は
現在の私と結びつき 


私は

今よりも
楽に想いを綴りながら


今の様に
追い詰められる事も無く 

記事を書く事を
楽しめるようになれて


ランキングサイトからも
卒業して
在れたらいいなと

考えたりしてる。







前回の
記事の終わりに

少し書いた事を


改めて
思い出して

考えて居る。




この8年

うつわの販売をして頂いて居た店が
閉店する事となり

少し前に
うつわを搬送する為の
梱包をしに
店に出掛けた。



心斎橋筋商店街の中に在る
5階建てのビル。





ビルの改装も決まったので

他の階の店舗も
閉店作業に追われている中

4階にあった店に行けば

8年前に
そこにお世話になり始めた頃から
働いておられるスタッフさんが居て

ふたりで
いろんな話をしながら
梱包をして居た。





そのスタッフさんは75歳。

40歳を過ぎた頃から
その会社で働いて居る。


私の
父親よりも

一回り程年上だが


若々しくて
美しくて
そうは見えない。



それでも
出会った頃よりも
小さくなられたし
足元も危なっかしくなった。

リウマチの持病もありながら
働き続けて来た。



さすがに
今回の閉店は
「最後のご奉公」だと
笑って居た。





これまでにも
いろんな話を聞いてきたが

今回も
思い出話と共に

彼女の人生を
色々と聞いた。



その会話の中で

母の事を聞かれた。


うつわ展に来た事があるので
父の存在は知って居る。
母が居ない事も知って居る。



理由を聞かれた事は
そう言えば無かった。




スタッフの彼女が私に言った


「お母様は早くに他界なされたの?」


って。




私は

直ぐに


「そうです。」って

答えた。


そして
その自分に驚いた。




これまでにも
様々なシーンで
沢山の人達に
何度も聞かれてきた。


母の存在と
姉妹の存在。


その都度
私は

正直に説明をしてきた。



子供の頃に両親が離婚をして
妹が母についてゆき
私は父と暮らしてきたと。


一々言わなくても良いだろうに
ちゃんと言ってきた。


生きて居るだろう家族を

勝手に
殺してはいけないような気持ちが
物凄く在ったからだ。


なぜだかわからないけれど

お母さんを

死んだ者として
扱うのは

いけない気が

とてもしていた。


それこそ

叱られるような気持ちであったり
罪悪感であったり。





でも

その日

私は
初めて

嘘を言った。



母は


早くに他界し

妹はおらず
自分は一人っ子だ

と言った。





店にあるうつわを搬送し終えたら

もう
付き合う人でもないのだから

別に
真実を
今更語る必要は無い。


そう言う思いも
そこには在ったはず。


それでも

余りにも
簡単に
言葉を発して

発した後に

それをした自分に驚いて

以来

理由を考えて居た。




「死んだ」


嘘をついた事で 

話はそちらに流れた。



「寂しかったでしょう」とか

「大変だったでしょう」とか。



彼女は
母親が亡くなった時
辛くて
しがみついて泣いたそうだ。


母親の存在は

大きいと

話してくれた。



それを聞きながら

私は
そこで

きっと
ひとつだけ
本音を話した。



「私に母親が居たならば
 私は
 子を産み
    母になって居たかも知れないですね。」





私は

その日
初めて


母親を

殺して


妹の存在を

否定した。







何となく

心地が悪い感情が在る。


それでも
それで良い気がしてる。


これからは
それで良いと考えて居る。




新しくバイトも始めて
人間関係も新しく始まった。


また

いつか

聞かれるかも知れない。


そうしたら
私はまた言うんだろう。


「他界しました」って。




今の私が
それを選んだ事には
意味が在ると

今とても感じて居る。



やっと

私は
本当に 


あの
母親を

捨てる事が

出来始めたのかも知れない。







今年も
あと2ヶ月半。


もう
お節料理の予約が始まっている。




まだ
子供の頃から


私は
年末には

父が新年を迎える為の準備に 
心身共に
疲れ果て
壊れるまで
費やしてきた。


自分では
何もしない父に

先読みをして
気を遣い

声を掛けては


「まかしとくわ」

の一言で

全てを背負って
準備してきた。



もう嫌になって

昨年は
父から言って来るまでは
放っておこうかとも思ったが

やはり気になり
連絡をしてしまい


とても
疲れて
苛立ち
乱れる

結果となった。





今年も
年末が近付いて来る。


今年は

年始に
冷たい会話を交わしただけで


以来

一度も
父と話して居ない。

連絡をしていない。



どうしようか悩んで居る。

声を
かけてやれば良いんだろうとも思う。



でも。

もう嫌だ。


これから先に
もっと老いた父を
必ず
助けなければならない時も来るのだろう。



でも
まだ十分に動ける年齢であり

私よりも
健康である父の


甘えに振り回されて


自分の心を乱し
体を壊す事はもう嫌だ。


自傷に呼ばれる事が
わかって居て

そこに向かう事にも

もう疲れた。



声を掛けないで居ようかと
考えて居る。


父が

独りなのは

私のせいではない。

父の責任だ。


父が
その人生を選んだんだ。



その
ホローをする為に

私は
生まれた訳でも
生きてる訳でも無い。


自分の事は
自分でする事を

もう
定年も迎えた年齢なのだから


考えて
行動に移してみて欲しい。


自分で
お節料理を予約したり
混雑する年末のスーパーに
食材を買いに行ったり
出来る大人に

なって居て欲しい。


だから

今年は

声を
掛けないつもり。






私は私で
穏やかに
新年を迎えられるように 

今は

毎日



我慢して
積み上げて

息を

殺して

生きて居る。






次回は過程の続きを書くね。




いっぱいいっぱいで生きて居ますが

どうかまだ今は

クリックで
応援を下さい。
お願い致します。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。