❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷と摂食障害に付き纏われても歌いたくて。(転居後前半・65)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



私がしてきた

自傷と

摂食障害と。


チラ見せではなく

真ん中に掲げて
ステージに立ち始めたのは

2013年。



会場には

自傷とも
摂食障害とも

関わる事無く
生きて来た人たちの方が

圧倒的に多くて。



大きく拒絶されても仕方がないと
何度も言い聞かせ
覚悟をし

それでも
何とかして
受け入れては貰えないだろうかと

常に
考えて
考えて

数こそ大きく減ったが


月下陽香のステージを
作り上げて来た。



自傷と
摂食障害を

掲げて居ると知れば

一度も
私の歌を聴いた事も
ステージを観た事も

無い多くの音楽関係者には

「暗そうだから」
「重そうだから」と

イメージだけで
拒絶もされる。



掲げるものが一般的では無い。


じーんときたり
ほっこりしたり
ノリノリになれたり・・・


誰もが
気軽に耳を傾けたり
楽しめるような

楽曲を提供しても居ない。




だから

お店が対バンを決めたライブに
加わらないかと
お声を掛けて頂いても

気軽には受けられない。


対バンのお客さんに
嫌がられる事も在るだろうし

そうなれば
お店や対バンさんに迷惑を掛けてしまうから
簡単には受けられない。



月下陽香は

どこにでも
立たせて貰える
うたうたいでは無い事は

2013年からは
とても
とても
感じるようになった。



自傷と

摂食障害を

掲げての活動を始めてからは
とてもやりにくくもなった。



自分でそれを選んだのだけれど。


時々思う。


音楽が好きで
明るい歌が好きで
誰もに受け入れられやすい楽曲を
奏でる事を楽しんで居て

活動出来る人は

いいなって。




結局

私は

自分の不足を武器にして
生きてみたところで

その偏りは

重い足枷だと
感じてしまうんだ。



この

歌える体も
環境も


それこそ
死に物狂いで

手に入れてきたものなのに。



もっと簡単に
楽しみながら
手に入れてる人達が

たくさん
沢山居て


それなのに
私は

体も
心も

壊れる程に積み重ねて


そこには

行く事が出来ない。




子供の頃から
何度も思った気持ちを思い出す。


当たり前に
与えられて在れる人は

いいよね。


当たり前に
抵抗なく
物が食べられたり

それにかかるお金も
自分で働かなくても
親が与えて居て当たり前で

欲しい物は
欲しいって言えて

嫌な事は
嫌だって言えて



腕を切ろうなんて

考えた事もない
環境を

当たり前に
持ってる人は

いいよねって。



いつも

思って居た事を思い出す。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。




時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「既にこの世に亡きものと未だ在るものと。」 (2014.10.18)】

【「疲れ果て女に消した憎悪を。」 (2014.10.21)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「吹き出す膿に血が滲むまで。」(転居後前半・62) (2014.10.15)】

【「気付いてしまったキズグチを探す人。」(転居後前半・63) (2014.10.17)】

【「独り刀を振りかざしても。」(転居後前半・64) (2014.10.20)】




今日は過程の続きを書いておくね。





歌声を失くして

音楽活動から離れた年月。


世の中に

流れる歌の全てが
憎くて

歌える人の全ては
痛む羨みとなり


いつも
耳を塞いでいたような年月。



そこから

医師の反対も無視して
日々トレーニングを重ね
何度血を吐こうが
諦めずに続けて


やっと
取り戻した歌声。




目指して居たステージに
どうしても立ちたかった。


どんなに苦しんでも
そこに立ちたかった。


また

自傷を繰り返さなければ
嘔吐を繰り返さなければ

その環境は
飲み込む事ができなかったけれど


それでも

そのステージを目指す為なら
それらも選んで向かった。



そして
私は
そのステージに立てた。


細かい事を言い出したらキリがない。

ドラムはリズムのキープも出来ないし
ベースはよく違う音を鳴らすし
ギターは
顔が見えない位目の前に譜面を置いて固まってるし

故郷に連れて帰るには
酷い言い方をすれば恥ずかしい。


でも
当時の私には
それしかなかったし

当時は
見ないようにしていたけれど


今思えば
当時の私も
デタラメが余りにも多い事に
もう気付いて居た訳で


だけど
あの夜は

もう一度ステージに立てたと言う事実に

私は大きな納得をした。



バンドの
初めてのライブも終わり

私たちは
他でもライブ活動がしたいと思うようになった。

当時練習でお世話になって居た
スタジオのマスターの紹介で
あるライブバーを尋ねた。


直ぐにライブが決まった。

いよいよ大阪での活動が始めると
思うと嬉しかった。



バンドでの活動と言うよりも

移動に車を出してくれたり
食事をおごってくれたり
年上のメンバーは
そういう面では
とても助けてくれるけれど

ステージの上では
誰も頼りにしてはいけない事は
もう痛い程にわかって居た。


それでも
活動を止める気はもう無かった。

やっと
ステージに立てるようになれた。

ここまで来るのに
何年も苦しんできたんだ。

もう

羨んで
想いを
捻じ伏せてるだけの

自分には戻りたくない。


次々とライブを決めた。


ライブ活動には
大きなエネルギーが要った。

ステージの上では
誰もアテに出来ない。

自分が背負って
引っ張らなくてはいけない。



いつも
スタジオ代は払わせてくれないまま。

毎回1000円と少し位のお金を
払って貰わなければいけない事で
言いたい事も我慢してしまう。

宣伝や集客の為に
かかるお金の方が大きくても
言えなくてひとりで背負う。

ステージは
見た目も大事だと思うのだけれど
メンバーの半分は全くの無頓着。

遠回しに伝えても気付かない。
衣装まで
私が考えたり
準備したりする事も増えた。

知り合いが多いと息巻いてたメンバーほど
ひとりの観客も呼べなかったり
どの店も知らなかったりする。


始めの頃は
うっすらと
何だか引っ掛かるなと感じて居たものが

一体何なのか
だんだんと露わになってくる。


それでも
再び歌い始められたのは
メンバーのおかげだと
感謝して
信じて居なきゃいけないと

思う気持ちと
疑いが

いつも背を合わせて胸に在った。



でも活動を続けた。

ステージの上に立てる事が
こんなにもうれしい事だったとは

改めて感じた喜びは
何にも代えられない

快感だった。




だけど私の毎日は

12時間おきに
愛猫に打たなければならない
インシュリン注射に縛られている。


自分の通院や仕事は
調整が出来る。

家事も
前もって済ませて置けば問題ない。


注射だけはそうはいかない。

私が打たなければ
愛おしい命は

苦しんで消えてしまう。



ライブの日は

注射を打ち
食事を与え
血糖値測定をし

安定したのを確認してから出掛ける。

ライブ後は
次の注射に間に合うように
帰宅する。


出来るだけ
長く現地に居たいから

どうしてもギリギリになる。


どんなに酔っぱらって居ても

血糖値測定をし
インシュリン注射をし
落ち着くまで見守り

落ち着いたら

床の上で仮眠をする。




猫は可愛い。

たまらなくかわいい。


この世の中に存在する
生きて在るものの中で

猫は
私にとって
最も長い年月を
共に暮らしてくれた家族であり

我が子のような存在だ。

愛おしくてたまらない。


それでも。

看護に縛られる毎日も
3年にもなり

歌える喜びを
感じてしまったこの頃になると


正直
大きな負担にも

感じるように

なってしまった。


生きて居て欲しい。

でも縛られるのは辛い。


感情は
いつも

心に中いっぱいに
ぶつかって居た。





12月。

その日はライブだった。

猫の具合が良くなかった。
どこかおかしかった。


インシュリン注射を打ち
血糖値を測定し

数値は異常がなかったから
主人に任せて出掛けた。


任せると言っても
彼に何か出来る訳では無い。

見て
何か在れば
私に連絡をくれて

その時に応じて
病院につれて行く位しか
彼には出来ない。



それでも
ずっと見ていて
報告をくれる事は有難い。

明らかに
元気のない猫を

私は


置いて
出掛けた。




ライブを欠席しようとは
思わなかった。

出来なかった。

行きたかった。


思い切り
後ろ髪を引かれながら


私は会場に向かった。




続きはまたね。









長い年月を
私は猫と暮らしてきた。


母も妹も
10代の頃に生き別れたし

父とも
10代の頃から離れて暮らしたし

血の繋がる家族よりも

長い年月を
共に暮らしてきたのは猫だった。



看護や
介護の中で

生まれる様々な感情も

私は猫たちに学んだ。



今年6月
最後の1匹が亡くなった。


19年間
私の
一番近くで

生きて居た命が召されて


私の生活は大きく変わった。





今日は月命日。

猫たちが居なくなって
今日から5ヶ月目。





夕べはギタリストさんが花を届けてくれていた。





自分でも買ってきたから

今日は骨壺の前には
いつもより花がいっぱい。






そう言えば…

うつわを置いて居た店の閉店が決まり

うつわの梱包の為に
店に行った時。


片付けながら
スタッフさんといろんな話をしてた。



その方の妹さんが
私と似た病気を持って居て

腫瘍が悪性化し
顔の半分を失い
若くして亡くなった事や

ご両親の事や

飼われていたペットの事や

色々な事を聞いた。



その時に
スタッフさんが私に聞いた。



お母様は早くに他界されたの?

って。



5年間続けたうつわ展に
父も来た事があり
その時に挨拶をしたから

父の存在は知って居るし

母が居ない事も知って居る。


ただ
理由を聞かれた事もなく

わざわざ言った事も無かった。


8年以上の付き合いの中で
初めて聞かれた。




その時

私は

「そうです。」って答えた。


これまでにも
様々なシーンで

母の事を聞かれた事が
何度も在る。


その都度
私は

自分の両親は
離婚している事を
正直に話してきた。


姉妹は居ないのかと言う事も
これまでに
何度も聞かれた事が在る。


その都度
離婚した母に着いて行ったと
話して居た。



でも

この時

私は
初めて



「早くに亡くなりました。」


と答えた。



姉妹の存在も聞かれて



 「一人っ子です。」


と答えた。




今まで

その嘘だけは
つけなかったのに

嘘を言った。


言いながら思った。


これからは
そうして生きた方が
きっと良いのだろうなって。


ついた方が良い嘘が
世の中には
沢山在るのだから。

ね。




過程を綴る記事も
やっともうすぐ

(転居後前半)から
後半に辿り着けそうだ。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。