❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

独り刀を振りかざしても。(転居後前半・64)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。

           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



とても疲れて居る。


酷く疲れて居る。



毎日毎日

来年に向けて
新たに
立ち上げなくてはいけない仕事と

新しく始めた
初めての仕事を


どちらも
手を抜かず
サボらずに

こつこつと
真面目に重ねて居るけれど


それは
体には
とてもとてもハードで

毎日使い果たして居る。



気持ちは
萎えては居ない。


少し前よりも
体が動けるようになった事は
たまらなく嬉しいと思うし

新たな事を

「起こそう」
「始めよう」
「学ぼう」
「経験しよう」


思える自分も

行動に移す自分も

好きで居られる。



“ 自分を好きで居られる ”


これは
私には
何よりも大事な思考だと
思って居る。

日々
自分の力で
働いて生きる事を
実践出来る事は

私には
とても重要に思う。



でも。

多分
現状は頑張り過ぎ。

休む事に
焦りや
罪悪感を
感じてしまう自分の性格は

もう理解出来て居るはずだから

どこかで
自分を
休ませてあげられるように
考えてゆかなきゃと思う。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「嵐の中で終わり始まり。」 (2014.10.13)】

【「既にこの世に亡きものと未だ在るものと。」 (2014.10.18)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「吹き出す膿に血が滲むまで。」(転居後前半・62) (2014.10.15)】

【「気付いてしまったキズグチを探す人。」(転居後前半・63) (2014.10.17)】




前回は寄り道をしたから
今日は過程の続きをかいておくね。





初めてのうつわの個展。

期間は1ヶ月。

週に2日3日
会場に顔を出しながら

期間中
うつわの新作と在庫が
常に会場に在るように
詰め込んで創作を続けた。


看護も通院も
当たり前に在る。

迫るライブに向けての
練習も在る。


肩も首も腕も
酷く傷めてしまって居る。

それでも
1日も休まずに働き続けた。



自分の生み出した作品に
金銭をお支払い頂ける事が
どういう事なのか

改めて
考え
想う事も出来た。


個展はとても大変っだったけれど
とても良い経験となった。




1ヶ月が無事過ぎ
いよいよライブが目前となった。


まだ
メンバーも揃って居ない内から
決まって居たステージ。

ライブバーを探して居て
出会ったベース
ベースが連れて来たドラム
ドラムの知り合いのギター

そしてギターボーカルの私。

私のオリジナル楽曲のみを
演奏するバンド。


1年間の練習を重ね
何とか
1ステージをやりきるだけの数の
楽曲を固めた。

とは言え
曲数は最低限。

1曲は
私ひとりの弾き語りを入れ
後は私の喋りでもたす

そんなセットリスト。



何があっても
私がメンバーを守る。

そう決意を固めて向かった。

全部
私が背負う。

その覚悟が無ければ
このバンドでは歌えないと
もうわかっているから
強く強く心に決めて居た。



作詞はずっとしてきたが

この1年と少しの間

初めて楽器を学び
ギターを学び

初めて作曲をし
何曲も産み出し

手術を繰り返した顎を
酷使し発声を続け

動かない指を動かし
無理矢理ギターを弾き

肩も腕も傷めながら
弾き語りを練習し

メンバーを引っ張って来た自分は
物凄く頑張って居たと

思い起こせば
とても思う。


全てに
無理をし過ぎて居た事が
とてもわかる。

そして
それらはは全て
この
目指したステージに立つ為だった。




いよいよ当日を迎えた。

大阪に移り住む前に
暮らして居た土地に在る

故郷のようなライブハウス。

移転して
場所は変わってしまったが
新しい場所のそこには
初めて立つ事になる。


午後から
メンバーと車で現地に向かった。

もう一度
そこに立てる日が来るなんて
夢のまた夢だと思って居た。

歌声を失くしてから
今日までに
何をどれだけ
重ね注いで来ただろうか。


現実は
多くの問題を抱えたまま

それでも
私は歌にずがり

嘔吐と自傷と言う
逃げ道に
支えられながらでないと
在れないそこに

依存していたから
当時を生きて居たのだと思う。




現地に就けば
懐かしい顔がいっぱい。

もう
嬉しくて仕方がなかった。

リハーサルを終え
本番を待ちながら
胸いっぱいに
次々と溢れる
様々な想いを確かめた。



私は
この土地が嫌いだった。

この土地で暮らす事が
嫌で嫌でたまらなくて。


どこに行っても

私の過去を知る人達に
出会ってしまう
この小さな町は

余りにも息苦しく

また
生き苦しくて

ここから逃げた。


なのに。

ここに
歌いに帰ってこれた事は

とてもとても嬉しくて。

私の中で

この町は
いつの間にか

大嫌いな場所では
なくなっている事に気付いた。




この日のイベントは

大阪に越す前に
10年所属したバンドの
解散ライブイベントを立ち上げて下さった方が
再び立ち上げて下さったもの。

歌声を失くし
一度は音楽活動から離れたが
再び歌い始める事が出来た私が
ここに帰って来る為に
立ち上げて頂いたものだった。


出演は計4組。
起承転結を考えて
主催者が選んだ
素晴らしい方々ばかり。

この主催の
このイベントでなければ
ライブ経験もまだない
私たちのバンドなんかが
共演して頂ける訳がない
方々ばかりが揃って居た。



イベントタイトルは


【 お帰りなさい。 】


私にとって
これまでに耳にした
どの「おかえり」よりも

大きな
「おかえりなさい」だった。



開場すれば
次から次へ
扉が開き
観客が入って来る。


受付カウンターでは
列が出来

あっという間に
席は埋まり
立ち見の観客が
会場の後ろに並んだ。

こんなにも多くの人達が
駆け付けてくれるなんて

願っては居たが
思っては居なかった。


ステージは
1組目から大盛り上がり。

ドキドキしていた。

ステージを観る事にも
出演時間が近付く事にも
ドキドキして
手が震えた。




ついにその時が来た。

衣装に着替え
ギターを持ち
ステージに向かう。


足はもちろん裸足。

うたうたい陽は
基本的にいつも裸足だ。

自分の足で
板を踏みしめて歌うのが
私のスタイルだ。

これは余程でない限り
野外でも変わらない。





始まったステージの上。

目の前には
数え切れない
人 人 人・・・。


全部を込めて
目の前に向かった。


一生懸命弾いて歌って。
動いて。
喋って。



この日のイベントを
主催者の方が
後日
ご自身のブログで紹介しておられたが

私たちのステージは

「 ボーカルの陽(私)が
 メンバーの前に立ちはだかり
 刀1本で
 大勢の敵に
  向かってゆくようなライブだった。」

と表現されていた。





ステージの後は
とにかく飲んだ。

飲んで大騒ぎだった。


待ってくれているメンバーには
申し訳なかったが
駆け付けて下さった人達みんなと
順番に乾杯して
話して居たら
時間なんて直ぐに流れて
足りない位だった。


頂いた沢山の花と共に
深夜大阪へ帰宅。


達成感には欠けて居た。

でも
満足は出来た。

私は
再びステージに立てた。
その満足感はきちんと在った。


このメンバーと共に
自分のイキザマを込めた楽曲を
奏で続けてゆく事は難しいだろう。
既に私は
自傷で消化しながらでなければ
彼らと関わって在る事が出来ない。

メンバーが嫌いなのではない。
でも
合わない事や
理解出来ない事がとても多く

また
それは
私にとっては
とてもとても重要な
核に当たる部分での
ズレや違いで在って

彼等には
とても感謝をして居るが
どうしても飲み込めはしない。

この先の
ずっと前を想像する事は出来なかった。
実際に
この先1年ももたずに
このバンドは壊れ始める。

でも
この日は
自分の中に
満足感を感じて居た。




続きはまた。








作業部屋の中が
足の踏み場も無い状態。


ご依頼の制作をしながら

先日閉店した店から
持ち帰ったうつわを整理しているが

どれも
ひとつひとつ
とても時間がかかり

部屋中が
ひっくり返ったような状態に在る。


今日は
まだ始めたばかりのバイトもあり

教わり
覚える事ばかりなので

その時間は
その仕事に
脳みそをフル回転させながら

また
忙しい仕事なので
休む事無く
体を動かし続けて注ぎ


帰宅後は

うつわの制作工程の
優先順位を考えながら対応し

その合間には

どのうつわを
どう分類し
整理して
把握してゆくのか

これも
思考をフルに働かせ
片付けてゆく。



とにかく
朝から晩まで

頭も体もフル稼働。


余計な事を考える暇もないから
落ち込む事も無いのかな…

落ち込むにも
余裕が要るのかな・・
なんて

ふと思ったりもした。





毎日
今日の為のエネルギーを
今日使い果たして過ごしてる。

良い事だと思ってる。


年内は
こうして
必死こいて日々を消化しながら

沢山の
出来事や
想いを

整理してゆこう。





外は静かな雨降り。

数日雨が降るらしい。

雨降りは苦手だけど
頑張らなきゃね。



最近
顎の具合がとても悪い。

そろそろ
口腔外科の定期検診。


まだ
歌える状態で在れますように。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: