❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

既にこの世に亡きものと未だ在るものと。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。

           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





これは
8月1日のサボテン。


この子は
綺麗な
まぁるい体をしてた。


それが気に入って買ってきて
自分で焼いた鉢に植えた。

大事にしていたはずなのに。


うっかりしていたから
ナメクジにやられてしまった。


体を食べられて
大きな穴を空けられて
その中に入られて
更に食べられた。


気付いた時には
真ん中に
大きく穴が空いて
くしゃげてた。


看護に
仕事に
通院に
音楽に。

一杯に振り回されて


そこまで行きつくまで
気付いてやれなかった。



やっと気付いて
ナメクジを除去して
声を掛けて世話をして。

とても
イビツに
変形してしまった体は

少しづつ元気を取り戻し


小さな子供を
蓄え始めた。





今日のサボテン。

また少し大きくなってる。

頑張ってくれてたんだなって

ありがとうって
思う。


日々
随分と寒さが深まりつつ在り

お気に入りのベランダの隅っこにも
ふと
静けさを感じる時が在る。



そんな中で感じられる成長は

日々追われて在る私の
誰にも言えない苦痛を
少し和らげてくれる。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「嵐の中で終わり始まり。」 (2014.10.13)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「私が私をこの世から消す為に。」(転居後前半・59) (2014.10.9)】

【「引き戻された自傷癖。」(転居後前半・60) (2014.10.10)】

【「焼き付けて傷付けて。」(転居後前半・61) (2014.10.12)】

【「吹き出す膿に血が滲むまで。」(転居後前半・62) (2014.10.15)】

【「気付いてしまったキズグチを探す人。」(転居後前半・63) (2014.10.17)】





今日は
過程の続きではなくて
寄り道の記事。



とても疲れて居て

記憶を
呼び起こして
向き合いながら

文字にする

エネルギーが
見当たらないから。




年内のご依頼のうつわを作りながら

先日閉店した店から
持ち帰ったうつわを整理しながら

新たにバイトにも行きながら

歌の練習もしながら


生きる毎日は

まだ
今の私の体には
とても過酷過ぎて


コップに
目一杯注がれた水を
溢れてしまうから
一生懸命飲んでも

次々と吹き出して
溢れそうな状態は
変わらなくて 

それを
こぼさないように

張り詰めたまま
両手で
持ち続けてるような連日。



それでも
何とか継続して在れるのは

今は
看護も
介護もせずに
居られるからだと思う。


いつ何が起きてもおかしくない…

24時間
心配で
張り詰めて
悲しくて

そんな環境には
私はもう居ない。


体を横たえて
まともに眠れる夜も無い

そんな環境では
なくなったからだと思う。



亡くした事で
それまでの環境が
どんなに
心身共に追い詰めるものであったのか

よくわかる。




今も毎日は大変だ。

仕事も

体も。

物凄く厳しい。


でも
気持ちは落ちて居ない。

常に
追い詰められては居ても
落ちては居ない。



命が
消えるかもしれない事への

不安や悲しみや

命に感じる
責任や感情


痛みに
雁字搦めになるような環境ではないから

落ちはせずに

日々の
消化を考えられるのだろう。






余りにも
何よりも
愛おしい命が

消えたのは6月22日。

もうすぐ4ヶ月。



この4ヶ月

我が家には鉢植えが増えた。


それまでは
誰かを看取っても
まだ残る誰かが共に在り

家の中に植物は置けなかった。


だから
切り花を飾る事もあまり出来なかった。


ライブなどで花を頂いても
飾るのは
猫の居ない
玄関か作業部屋に限られた。



長い年月を共に暮らした
最後の命を見送ってからは

骨壺を花で囲んだ。


1日も欠かさず
沢山の花で囲んだ。

最近は
量は減らしたものの

やはり
必ず花を置いて居る。



これまでに
こんなにも

生活に
花を買い求めた事は無い。

こんなにも
花にお金を使った事がない。


家の中に
生きる何かの存在が欲しくて

鉢植えも買い始めて。


今は
ベランダにも
どの部屋にも
何かの鉢植えが在り

毎日水を与え
植え替えたりしながら世話をし

成長を感じると
どこか安心を感じてる。





今でも

写真を見てしまえば
締め付けられる想いは
あふれて
寂しくて泣く。

記憶を辿れば
寂しくて泣く。




今年の夏。

心にも
体にも
大きな限界を感じて

休む事にした

「歌う事」。


月下陽香の練習は
少しづつ始めてる。


でも
未だ
音楽関係の店にも行く事はしないし
ライブも決めて居ない。



体は
夏の頃に比べれば
随分と動けるようになった。

寝たきりのような8月を思えば
天と地の差があると言っても
大袈裟では無い位
動けるようになった。


まだ
沢山の事は出来ないけれど

遠距離の移動も出来ないけれど

動けて居る。


始めたバイトは
作陶よりもハードで
あちこちが痛むけど

一生懸命通えてる。




でも

心は

まだ

取り戻せては居ない。


まだ
喪失感の中で
痛む想いは
癒えては居ない。


愛しい命が消えた事

そして
まだ
思うように歌声が出せない事への

悲しみは

嘆きや
羨みを

呼び寄せる。




あと2ヶ月半程になった2014年。


本業の
これからの準備や
整理をしながら

バイトを始めた事で得た
新しい環境にも慣れながら


月下陽香の練習以外は
きっと
音楽と関わる事はまだ無く。



次に向かえる年に

心も
体も
きちんと動きだせるように


自分が

自分を
取り戻そうと

積み重ねる
ペースや
やり方を


もう
何にも
誰にも

邪魔をされずに

乱されずに

静かに
大事に
懸命に過ごしたい。





昨日は

忙しさの中で

思い出して見上げれば
空は
雲のない青が続いていた。


今日。


作業部屋の窓から
見えている空。

今日も美しい青。



今日も忙しい。

忙しいけど毛布を干そう。

ふかふかで眠りたいから
お日様に干そう。




ぽんちゃん。

お母さんがんばってるよ。
一生懸命がんばってるよ。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡