❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹き出す膿に血が滲むまで。(転居後前半・62)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





作業部屋に

小さなサボテンを

ひとつ置いた。



最近焼き上げた
小さな鉢に

植え替えて置いた。



花屋さんが

植え替えるなら

今月中か

今月が無理なら
来年春まで待ってからにしてねって


教えてくれたから

昨日植え替えた。


ゆで卵よりも
小さな植木鉢。



気に入って居る。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「朽ちたならキズグチには新たな種を。」 (2014.10.7)】

【「嵐の中で終わり始まり。」 (2014.10.13)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「私が私をこの世から消す為に。」(転居後前半・59) (2014.10.9)】

【「引き戻された自傷癖。」(転居後前半・60) (2014.10.10)】

【「焼き付けて傷付けて。」(転居後前半・61) (2014.10.12)】




前回は寄り道をしたけれど

今回から
また過程の続きを書いてゆくね。







暫くはおとなしかった
私の自傷。


でも
それは戻って来た。


失った歌声を
必死になって
やっと取戻し
再び歌えるようになったけれど


歌える環境を
手放さずに在る為には

どんなに
噛み砕き
飲み込もうと
努力をしても

噛み砕く事も出来ない

納得の出来ない
我慢を

し続ける事でしか継続出来ず


また
当時の私には
それでも
そこしか見付けられず

そこで歌おうとするならば

もう
自傷をしなければ
存在出来なくなってしまった。






初めての
個展が決まり


うつわの制作に
日々追われる中。


焼成中。

1200度の窯に
私は腕を押し付けた。


切る自傷よりも
焼く自傷が好きだった。

だから
窯で焼いてやろうと思ったんだ。





気合を入れて
窯の壁に腕を付けた。


ぐっと押し付けるつもりだった。


しばらく
そのままで居るつもりだった。

簡単だと思った。



でも

その高温の衝撃は凄まじかった。

体はビクンと飛び上がった。

後ろに飛ぶように弾かれ
尻もちをついた。

強烈な痛みが
腕に走った。



それ以上は出来なかった。

再び腕を付ける事は
出来なかった。


心臓が
バクバクと
跳ねるように鳴った。


腕は
赤くぽっこりと腫れ上がった。

その後は
じんじんと痛むけれど

そのまま放置した。




そして翌朝
目覚めて
腕を見れば

皮がずるっと剥けていた。

夕べ見た腕とは違って居た。


ちょっとやり過ぎたかなって
思った。

とりあえずガーゼを当てて
1日
看護と仕事に追われた。



その内
カサブタになるだろうから

なれば
また

むしって
剥がして
焼けばいい


それ位に考えていたのだけれど

火傷を知った知り合いに
通院を勧められた。

感染症を考えて
きちんと通院するように
きつく言われた。





翌日
皮膚科に通院。


自分でやったとは言えない。

作業中に
うっかり火傷をしたと伝えた。



医師の判断は
「3度の熱傷」。


捲れた皮膚の下は
ぱんぱんに腫れ上がり
膿が溜っており

このままでは
皮膚が再生しないと言う。



40日を目処に
毎日通院するように言われた。

毎日毎日消毒に通い
抗生剤を投与される。

その上で
皮膚が再生しなければ
皮膚移植だと言われた。


水に濡らせないから 

その部分だけは
風呂に入っても
洗う事も出来ない。



めんどくさくて
とても不便だ。


全くの想定外だった。


うつわを作る事や
猫への
インシュリン注射は出来るけれど

生活全般に影響する。



失敗したと思った。


40日間
毎日通院なんて

12時間おきに
愛猫にインシュリン注射を打ちながら

近付くうつわの個展と
バンドのライブに向けて

それこそ
眠る時間も無い勢いで
忙しい私には


手枷
足枷
掛けられたような状況だ。



自業自得とは
こういう事だと
つくづく感じた。


翌日から
毎日朝一で通院。

それでも
3時間程を割かれてしまう。



診察室に入れば

包帯が取られ

ガーゼが剥がされ


医師が

膿の膜が出来たキズグチを

消毒液を含ませた脱脂綿で
削ぎ取るように
ふき取る。


これがやたら痛い。


とても痛いのに

キズグチからは
血は出てこない。


血が出ないと言う事は
再生出来ないという事だそうだ。



毎日毎日
膿の膜を剥がされて
消毒の繰り返し。


1週間過ぎても
2週間過ぎても


腕から吹き出す
膿の膜は張り続けた。


これ以上
この状態が続くなら
移植手術を考えようと

医師が言い始めた頃

やっと

僅かに
血が滲み始めた。



いつものように

膿の膜を削がれると

そのキズグチに血が滲んだ。


それでも膿は無くならず
暫くは通院が続いた。


やっと膿が無くなり

キズグチから
綺麗な血が出るようになり

皮膚が出来始めた。



40日以上が流れ
やっと毎日の通院から解放された。

新しく生まれた皮膚は
その年は紫外線に当てぬように
強く言われた。



その後
キズはアザのようになり

当時は
ケロイドにならないかと
楽しみにしていたが

年々赤味が薄れ
目立たなくなった。


当時は
それがとても残念だったが

今は
それに感謝して居る。




やり過ぎた自傷に振り回されて
想定外の想いをし

それでも
そのキズが癒えたなら

また自傷は続いた。




そして。
初の個展を迎えた。



続きはまた。







今朝7時。

ベランダから見えた空。



少し前に
怒鳴り込んで来たお隣さんは
今朝は
大きな声で夫婦喧嘩。
子供がびっくりして泣いてた。




昨日からとても寒くなった。

免疫力が
とても乏しい事は
自分でよくわかっているから

物凄く
気を付けては居るのだけれど…。


風邪をひいてしまったようだ。


朝目覚めた時から
鼻と喉の具合が悪く
午後からは寒気もしてきた。


今日中に
やらなければならない事は
沢山在って。


今日は
通院してる場合ではなく

手持ちの風薬も切れており

とりあえず
薬局に行って来た。



帰り道
スーパーの横を通ったら

何だか様子が違う。


シャッターが下りていて
貼り紙があって。

何人かの主婦さん達が
その前で話してる。


時々行く店だから
自転車を止めて見に行ってみた。



「今日はお休みなんですか?」って
一人の主婦さんの声をかけたら

「休みと違って閉めたみたいなんよ」

って返って来た。


紙を見たら
「倒産」の内容。


閉められたシャッターの横には
掲示板があって

そこには
お知らせや広告が
いつも貼られていたんだけど


広告がまだ残ってて
11日のセールのチラシだった。


次々と
買い物客がやってきては
倒産の内容を見て
驚いて
去ってゆく。

前もっての知らせは
無かったらしい。



“ここのコロッケをもう食べられないのね”って
後ろに立ってた主婦さんが言った。

皆寂しそうに見えた。



そこは
元々は地元の市場だったそうだ。

だから
スーパーとなった今でも
野菜は八百屋さんが
魚は魚屋さんが
肉は肉屋さんが
それぞれに独立してる。


同じ場所で
沢山のお店が経営してる。

商品も新鮮で評判も良かった。


50年前からあったらしく

私は
ここに越してきて
初めてパートに就いた時に
そこで知り合った人に
そこを教えて頂いた。


無くなるのは寂しいね。


今年は
そんな光景を

沢山見てる気がする。





夕べも
ギタリストさんが
差し入れを届けてくれていた。


新しく行き始めたバイトの初日

頑張ったご褒美のお菓子。



そうだ。

バイトも増えたんだし
頑張って
風邪を治さなきゃ。



頑張って仕事終わらせたら

ぬくぬくにして
今夜も早く眠ろう。







※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。