❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

嵐の中で終わり始まり。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





大阪に越してきて10年程。


ここで暮らす前に住んで居た町は
海に近くて

台風が来ると
とても荒れた。



この10年
何度も台風はやって来たが

大した衝撃も無く
過ぎ去ってゆき


いつの間にか
台風は
ちょっと酷い風雨位でしか
なくなっていたけれど。



この度縦断した台風には

この土地の人達の意識も
さすがに違ったのだろうか

JRは
夕方から前線がストップ

百貨店も早くに閉店

USJも夕方で閉園。



そんな嵐の中で出掛けた。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。




時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「ひとつ終える前に。」(2014.9.29)】

【「朽ちたならキズグチには新たな種を。」 (2014.10.7)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「私が私をこの世から消す為に。」(転居後前半・59) (2014.10.9)】

【「引き戻された自傷癖。」(転居後前半・60) (2014.10.10)】

【「焼き付けて傷付けて。」(転居後前半・61) (2014.10.12)】






1200度の窯に

私は腕を押し付けた。


過程を綴る記事は
そこまでを書き終えた前回。



今日は
その続きを次回に回して
少し現状を書きたい。






一昨日の夜中。

何度か目が覚めた。


前日から
精神的に
不安定な状態で在った事も
原因だろう。


目覚めては眠り

疲れる夢を見る連続

3つ目の夢は
風の音で目覚めて中断。



外から聞こえる風の音は
ごーっとうねるようで 

前夜
準備はして居たものの

玄関先と
ベランダの植木が気になり
確認に行けば


想像以上の
突風が吹き荒れており
改めて処理をして

再びベッドに入った。



そして
また疲れる夢を見て
暗い早朝
目が覚めて。

眠れなくなった。


作業部屋の窓から覗く外は
物凄い強風。


これは
仕事の予定が狂うかも知れない。





8年以上お世話になった店。


私が

“創作陶芸作家”と言う
肩書を持てるようになり

活動出来るようになるまで

この店とのつながりが無ければ
在り得なかった事だと思う。



大阪は
心斎橋筋商店街の

ど真ん中に自社ビルを持った
あらゆる茶葉の販売を専門にしていた会社。


百貨店にも
多数店舗を構えて居た店で

心斎橋の本店にあたるそこには
社長の趣味でもある
陶芸にも強く力を入れた
独特の店だった。



飛び込みで営業をしてから
8年を越えて

私はそこに存在し
そこに育てられた
作家のひとりだった。


2年前までの5年間は
毎年
1ヶ月間に及ぶ展示会も開催して居た。





摂食障害者で在った私が

食のうつわをメインに生み出し

お買い求め頂ける生活は

そこが無ければ
私には
訪れなかっただろうと

思えるものである。





そのビルの改装が決まり
その店の閉店も決まり。

私は
そこに置いて居たうつわを
自宅工房に運ぶ為の準備に
追われていた。



台風が近付く中で

昨日は
梱包したうつわ達を
店から運び出す為の
車を出す予定をしていた。



しかし

外は嵐。


朝早くから
気象情報を見ながら
連絡を取り合い

色々悩みはしたが
決行を決めたものの

予定よりも時間を早めた。



助手席に座り
荒れた空を見ながら

これまでに
何度も
搬入で助けて貰った出来事を思い出した。


ひとりで運べない時は
何度も助けて貰って
走った道。



そこに向かうのは
今日で最後だ。

これでおしまい。




現地に着けば雨。


晴れ女やのにね

さすがに雨降り。



車を止めて
台車を転がしながら
店まで歩く道。


こうして歩くのも

今日で最後。



駐車場から
商店街に入り
商店街の中の店を目指す。



台風の影響だろう。

いつもの祝日に比べると
人通りは少なかったが

観光客は
いつも通り多く歩いて居た。





ビルのシャッターを開けて貰い
店内へ。


濡れた台車に新聞紙を敷き
ダンボール6箱を積み上げ
ビニールシートを掛け
紐で固定。

あとはキャリーケースがひとつ。


準備を整えて

お別れの挨拶。



まだ
どこか嘘みたいなんだけど

嘘ではない
お別れの時。



いろいろな思いは
いくつも在れど


もう
これから先に
何かを
共に作り上げる事は無く


ならば
伝えたい言の葉は

感謝でしか無く


店長とスタッフの方に
お礼を伝えた。


ありきたりの言葉。

お礼の言葉と
どうかお元気でと願う言葉と。


それだけなんだけど。


そこには
この8年間を込めた。


多くの言葉を述べたなら
きっと涙が出てしまうから。



台車を押して貰い
キャリーケースを転がして去ってゆく
私たちの後ろ姿が
見えなくなるまで
見送って貰った。



人混みを
気にしながら商店街を歩き

アーケードから外れて
駐車場へ。


雨の中
傘どころではなく
一生懸命向かい


車に
全ての荷物を詰め込んだら
雨は小降りになっていた。



予定を早めて来たから
時間には少し余裕が在る。

搬出を手伝ってくれている人は
予定を早めた事で
食事も出来ずに来てくれて居る。


せっかくミナミに居るのだから
商店街に戻る事にした。



心斎橋駅辺りから
道頓堀辺りまで

短い距離を
短い時間歩きながら


商店街は
あちこちの店が

台風の為に

閉店していたり
14時や16時閉店の
張り紙がされてあったり。



時間もあまりないけれど
それよりも
台風が近付いて来ているから

ゆっくり食事どころではなく

道頓堀でたこ焼きを食べた。

10個入りを買って
3つ私が頂いた。




その後
工房のある自宅へ。


自宅方面に向かう程に
天気は荒れてゆく。


風はどんどん強まり
ガラスを叩く雨粒も
大きくなってゆく。


自宅に着けば
マンションに植えられた木は
折れて飛んで来ているし

突風で
車のドアもなかなか開けられない。



ずぶ濡れで
荷物を工房に運んだ。


リビングの雨戸も
全ての窓も締め切って

その後は
夜まで

これから
年内を掛けて
ダンボールを開けて
整理してゆく為に

準備した棚等の
組み立てなどに追われた。



夕べ
もうくたくたで
早く眠りについたが

また疲れる夢を見て
一度目覚め


今日からは
新しくバイトにも行き始めた。



新しい事を始めるには
大きなエネルギーを消耗する。

体力的にも
精神的にも

大きく磨り減る。



毎日
脳みそが
忙しくていっぱいになってる。


暇よりは良い。

動けないよりはずっと良い。


でも
一度にふりかかるには
多過ぎると思われる

様々な出来事に

体も厳しいし
精神的に追われてしまう。



10月ももう半ば。

今年は
もう耐えるだけ。


亡くして

失くして

無くして

耐えるだけ。 





今日。


この記事で
一番伝えたい想いを
最後に書きます。



8年以上
お世話になった店に


私のうつわを
手に取り
お買い求め下さる為に

足をお運び下さったみなさま

大変お世話になりました。


みなさまは

私を
作家として育てて下さった
最も大きな存在だと

心底感じ

大きく感謝致しております。


ありがとうございます。

これからも
宜しくお願いを申し上げます。





次は過程の続きを書きますね。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡