❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き戻された自傷癖。(転居後前半・60)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





魔法の土に
入りきらなかった種を


別の鉢に植えたら

芽が出てくれた。


良かったぁ・・・


なかなか芽が出なくて
気になってたから
少し安心した。



そしたら

すぐそこに居たのは
セアカゴケグモ。


びっくり。

ツイートしたら
直ぐにお返事下さった方がおられて
クモには死んで頂いた。


毒が無ければ
殺さなくて済んだのに。


何だか嫌な気持ちだった。


マンション内には
小さな子供も居るから
一応管理会社に報告をした。



今日も朝からバタバタと忙しい。

まだ本調子ではないのに
急に忙しくなって

頑張って動いて居るんだけど

さすがに辛くなってきた。


今日は
ちょっと早めに切り上げようと思う。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「ひとつ終える前に。」(2014.9.29)】

【「朽ちたならキズグチには新たな種を。」 (2014.10.7)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「残りの時間を焦る程に。」(転居後前半・58) (2014.10.8)】

【「私が私をこの世から消す為に。」(転居後前半・59) (2014.10.9)】



今日も続きを書いておくね。





ずっと求めて居た

どうかもう一度と
願って居た

バンドで歌えると言う事。


私は確かにそれを手に入れた。


でも
それはとても
バンドとは呼べないレベルからのスタートだった。


それでも失いたくは無かった。
当時の私には
そこしか無かったから。
他を選べる環境にも居なかったし
出会えたメンバーを
信じようと思って居たから。


もう既に
決まっているステージに立つ為には
もうひとりギタリストが欲しい。
ドラムの知り合いの人が加入してくれた。
これでメンバーは4人となった。




前回の記事に書いた

家庭裁判に申し立てた
「名の変更」。


私は
戸籍から新たな名となり


改めて

これからの自分の人生を
密かに考え始めて居た。


そこで
また改めて思ったのは

歌と器からは
もう離れたくないと言う願望だった。



その為に

少し先に起こす出来事を
静かに企んで居た。




そんな頃
イベントの主催者から連絡が来た。



私が20代の頃
当時のバンドで歌い続けたライブハウス


私にとっては
故郷のような恋しい場所


もう一度
私がそこで歌う為に
立ち上げて貰ったイベントが
半年後には開催される。


そのライブハウスの
移転が決まったと言う。


店は無くなりはしない。
でも
場所は変わってしまう。


かつて私が立っていたステージは
もう
その店のステージではなくなる。

ショックだった。





行こうと思った。

想い出の場所に店が在る内に

もう一度
そこに立っておきたい。


足の裏を真っ黒に汚しながら
いつも裸足で立っていた

あのステージに 

もう一度立っておきたい。




移転前のイベントの日に
行く事を決めた。

メンバーには初めての場所。
主催者やマスターに挨拶も出来る。
ドラムが車を出してくれて
皆でライブハウスへ出掛けた。



数年ぶりに見る店。

店の前で
「ただいま」って
店に声をかけた。


コンクリート剥き出しの壁に
貼り詰められたフライヤーを見ながら
階段を地下へ下る。

重い扉を

2枚

開ければ
懐かしい顔がいっぱい。



そこで歌って居た頃に
よく顔を合わせていた人達が
大勢集まって居た。


一瞬で

時計が巻き戻ったような感情と

確かに
月日は流れて在る事の実感が

同時に吹き出す。



皆とハグをして
沢山飲んで
沢山話した。


私は
ギターを持って行っていた。

マスターに
もう一度
ステージに立ちたい事は伝えて居て

歌わせて貰える事になっていた。



人前で
弾き語りをするのは初めて。

ステージで
自分でギターを弾くのは初めて。


2曲だけ
オリジナル楽曲を歌わせて貰った。


下手くそな上に
酔っ払っている私。


間違えながらだけど

初めての弾き語りで

その場での最後になる
板の上に


裸足で立った。




次にこの店に帰って来る時には
もう店はこの場所には無い。

移転先である場所の
この店のステージになる。


寂しいけれど

自分の足で
最後に立てた事で

店への気持ちの整理はついた。


連れて行ってくれたメンバーに感謝した。




実際に
主催者や
その店の人達
そこに集まる人達を見たメンバーは
そのイベントが
とても大きなものである事を
実感してくれたようには思えた。


私達は練習に励んだ。
しかし
演奏はなかなか上達はしない。

1ステージをやりきるだけの曲数を
演奏できるようにならなくてはいけない。
イベントは半年後に迫っている。


メンバーも含めた
私たちのバンドの為のイベント。
他の出演者達は
有名な素晴らしい人達ばかり。

私は
演奏にも集客にも
大きな責任と
焦りを
日々感じて居た。

主催者にも
店にも
迷惑はかけたくない。

バンドを
少しでもレベルアップさせたくて
一生懸命頑張った。


でも上手くいかない。


互いを知る程に
考え方の違いや
温度差が

在り過ぎる事を感じ
苛立ちが
日々膨らんでゆく事に気付いた。

それぞれに
まずは
自分のパートをこなす事に注ぐ事が
私は
当たり前だと思う。

自分のパートは
自分で選んだ決めた役割であり
必ずやらなければならない
責任があると思う。


だが
音楽に関し
全くの初心者であったメンバーのひとりは
ドラムを始めた事で
音楽に興味を持ち始めたのか
ドラムが全く進歩しない内から
作詞やギターを始め
寄り道を繰り返す。

皆の足を引っ張ってしまう。
気持ちはわからなくもないが
今は寄り道をすべき時では無い。

ドラマーとしての加入を
自分で選んだのだから
とにかく私は
1曲でも多く叩けるように
早くなって欲しいのに
伝わらない。

次第に苛立ちが増え
理解が出来なくなっていった。


必死になって
何曲も楽曲を作っても
「暗い」
「痛い」
「叩けない」
と言われ却下。

自分のパートもこなせない人に
私の歌は
暗いから駄目だと言われる。
陶酔して歌って居る姿は
怖いとも言われる。


なぜ
私がそういう歌を書くのか

どれだけ言葉を尽くし
伝えても
理解を得られない。

応援歌や
ラブソングでなければ売れないよ…
なんて言われる。
ついには
自分が作った歌も歌えと
言われる始末。

彼には彼の想いや
言いたい事もあっただろうと
今は思えるけれど
当時はそんな事を思う余裕も無い程に
私は追い詰められた。

とても悲しいけれど
ドラムに対して
信頼や共感を
見付けられなくなっていった。
でもそうとは言えない。
言えば終わってしまうだろうから
言えない。

他のメンバーが
それぞれに
その都度ホローを入れてくれるから
何とか我慢をした。

でも
それは

理解では無くて

我慢だった。



そんな想いを重ねても
私は
もう
歌を止めたくはなかった。

走り出してしまった歌への想いは
止められなかった。


だから飲み込んだ。


体も心も

大きな負担と
我慢で

壊れてゆく。



歌いたい。

あのステージに帰りたいよ。

でも。
ここは痛いよ。

余りにも痛くて重たくて。
納得出来なくて
傷付くんだ。


だけどここしかない。
時間も無い。
飲み込むしかない。



全く消化出来なくなった。



切りたい

焼きたい感情を

もう押さえられなくなった。



腕を切った。


気持ち良かった。


すっきりした。



そうだ。

やっぱりそうだ。

切ったら楽になる。

また我慢も出来る。



しばらく
おとなしく過ぎれて居た

自傷への想いが


湧き上がり

私は
また


そこに戻ってしまった。



でなければ
歌が歌えなかった。


それでも
歌が歌いたかった。


どうしても


目指す場所に
立ちたかったんだ。






続きはまた。






やっと衣替えをした。


これは

私が
初めて

女の子から頂いた
手編みの贈り物。



頂いたのは
20代の頃。


以来
彼女には
沢山の手作りの贈り物を頂いていて


全て大事に使って
大事に置いて在る。


昨年は

月下陽香のギタリストさんの分まで
作って下さって

私たちは
色違いのマフラーをしてた。



秋冬用に衣替えをする度に

古くなった物を
しまって居る箱を開けて
懐かしい気持ちになる。


私には
嬉しい想い出も在るんだなって
確認が出来る。




店のうつわが帰ってくるから
家中をあちこち整理中。


買い取ってもらう
楽器や機材も出してきた。


思ってた以上に
色んな物が出て来た。


売ったお金で
うつわを管理する棚を買おう。




昨日は
2時間だけ
月下陽香の練習をしてきた。


まだまだ
歌う感覚が戻ってこない。


呼吸が
まだ難しい時がある。


少しづつ
感覚を取り戻しながら

この体での発声を探して

またステージに立てたらいいな…


年明け頃には
立てたらいいな…





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。