❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朽ちたならキズグチには新たな種を。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



自傷癖による

リストカットやアームカット

摂食障害による嘔吐


夢の中では
未だ頻繁に見る光景。


当事者は
私だったり
誰かだったり
色々だけど

そこに居る私は

今より
しあわせではない。



あの頃のような気持ち。

いつもいつも
怖くて苦しい。


自責の念に
囚われた24時間。




そうか。

私は

あそこから

ここまで生きて来たんだな…




朝の空気はひんやり冷たい。


相変わらず
忙しい夢を見て目覚め

夢の記憶を整理しながら
リビングの窓を開けると


すーっと

冷たい空気が足元に入り込む。



そして
衣替えがまだ出来ていない事を思い出す。

今週中に済ませなきゃ。



太陽が眩しい。

良い天気だ。


明日の夜空には
確か

皆既月食が

見れるんじゃなかったかな。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】

【「ひとつ終える前に。」(2014.9.29)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「自傷も嘔吐も夢の中まで。」(転居後前半・55) (2014.10.4)】

【「待ち受ける自傷も見えないままに。」(転居後前半・56) (2014.10.5)】

【「目を瞑れば未だ血と嘔吐と。」(転居後前半・57) (2014.10.6)】





今日は
過程の続きから離れて

寄り道をするね。






昨夜は
とても久し振りにお香を焚いた。


少し
気分が変わったり
落ち着いたり

出来たらいいなって思いながら
掃除をしていたら
出て来たから。



頂いた時に焚いてみたけれど
その時は少し苦手に感じた匂いで

そのまましまって居た物。


久し振りに焚いたら
良い香りだなって思った。



受け止め方も
感じ方も

変わってゆくんだなって

思った。





今日は
昼から出掛けなくてはいけない。


電車と徒歩で片道1時間弱。
通い慣れたミナミまで。


今日から
1週間をかけて
ひとつ
終わらせなくてはいけなくなったから。



ふと。
指折り数えてみる。


そこに通い始めてから
約8年程の年月が流れた事を
改めて意識する。


大阪に越してきてまだ10年程。
大阪に逃げてきてまだ10年程。


そう思うと
とても長い時間を
私は
そこに関わって在ったと感じる。




そこがなくなる事が決まった。


自社ビルであるそこの
改装も決まり
ミナミの街から消える事となった。



2年程前から
危うい匂いは感じて居た。


それまで
そこに溢れて居た
活気あるあたたかい空気が

その頃から消えた。


静かで
冷たい空気が
そこに留まり始めた。



私なりに
これまでに様々な形を見てきたけれど

その空気が留まり始めた場所は

必ず
消えて無くなる事を

知って居る。


その匂いは

朽ちる少し前に
必ずする匂い。



その匂いを感じてからは
それまでよりも
距離を少し離しての関わりを
持つようになっていた。

共倒れは出来ないから。



だけど
大切な場所だった。


私が
「創作陶芸作家」と言う肩書を
持てるようになれたのは

そこが在ったから。



そこで
うつわを教わった訳では無い。


でも
そこと繋がれた事で

私は

自力で学ぶやり方を
悩み
考え
実行する思考に

導かれたのだと思う。



これまでの人生を振り返り
順番に過程を綴り続けて居る記事にも
書いた事が在る。


その場所との出会い。

【「理解されない生き急ぐ理由。」(転居後前半・43) (2014.9.15)】

【「背を合わせた裏切りは繰り返すから。」(転居後前半・44) (2014.9.17)】




初めて納品した日から
今日までに


小さなアクセサリーから
飲食器や置物
沢山の陶器たちが

ここを通じて
見知らぬ人たちの手に渡って行った。


私が行った事の無い
土地や
国の人達の
手にも渡って行った。



今日も
どこかで
誰かと暮らして居る
うつわ達が居る事は

とても有難くしあわせに思う。

どうか使われて在れるよう願う。





これからも
作家として生きる事に変わりはない。


これだけで生計を立てる事は
とても難しい事は
今までもこれからも変わりないのだから


これまでと同様に
時に他にも仕事をしたりしながら

私は
これからも
飲食器を作るのだろうと思う。




ただ

これまで
ひとつの窓口となっていた場所が
無くなる。


そこを経由して頂いて居た仕事も
全て自分だけでしてゆく事になる。


これまでは
作品のほとんどは
そこに置かれていたが

これからは
自宅工房で管理する事となる。



ここは店舗ではないので 
ここに客を招く事は無い。

となると

作品を
いつでも見て頂ける環境を
作らなくてはならない。


でなければ
沢山の在庫を
いつまでも抱えるだけになる。



年内は
もう
今頂いて居る以上のオーダーは受けない。

それ以上のご依頼は
工房にストックされている物の中から
選んで頂きながら

そして
今日までに頂いて居るオーダーを消化しながら


今週持ち帰って来る作品の整理をし
今後をどうしてゆくのか
考えて形にする準備をする。



来週からは
少しバイトにも行く。

体力作りに丁度良いかな。


まだ体も本調子ではないから
とても短時間。



昨年取得した
資格に関係する仕事を探して居たけれど

見付からないから

これからも探しながら
今回は
うつわの勉強にもなる仕事を選んでみた。


また
そこで新しい出会いも在るだろうし

初めての事だから
覚えなければいけない事も多いし


私の事だから
必要以上に神経つかって
くたくたになるんだろうけれど


体が
動けるようになってきているから
きっと大丈夫。



来週から新しくお世話になるバイトは
あっさり決まった。

自宅のすぐ近所で
すごく短時間で良いから

これから

年内を掛けて
色々と

整理や準備をしながら働くには
丁度良い気がして
面接に入ったらその場で採用。



気に入って頂けた理由も
その場で聞かせて頂いたけど

その中のひとつが 

“ 色んな職種の経験が在るから ”

だった。


これまでに
言われた事の無い言葉だった。



実際に私は
本当に様々な仕事を経験してきた。


ここに書いて居る記事には
ホステスで在った頃の事が多いけれど

コンビニやフ
ァーストフード店
ケーキ屋や
服屋の店員も

化粧品販売も
訪問販売も

事務員も
内職も

テキ屋も
アナウンサーも


振り返れば
本当に色々な事をしてきた。


勿論
そんなの全部
履歴書に書いた訳じゃない。


ホステスで在った事なんて
絶対に書かないしね。


色々としてきたと言う事は
長く
決まった定職に
就いて居ないと言う事。


だから
ひとつの仕事を
辞めずに続けて居る人は
凄いと思うし
尊敬をする。

自分には出来なかったからね。



そして
それが出来なかった事は

胸を張れる事では無いと
思って居た。

誉められない事。

情けない事だとも思って居た。



でも
それを気に入ってくれる人も
居るんだって思ったら
ちょっと嬉しかった。


だって
私は
どれも一生懸命やって来たし

その色々な経験は
日々
どこかで必ず
役立っていると思えてるし。





玄関に吊るして在る
小さな屋号。


紐が古くなったから
付け替えた。



これから大変だ。

そろそろ行かなきゃ。

今日も目一杯忙しい。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。