❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

目を瞑れば未だ血と嘔吐と。(転居後前半・57)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



今日は
目覚めから頭が痛い。

顎の調子が
イマイチだからだと思う。



一昨日

見た夢の中では
自傷癖者の男性と会って居た。


切られる腕からは
白い肉が見えて 

その後
ほんの少しの
空白のような時間が

ふっと空いて 


濃い赤い血が
だらだらと流れるんだ。


でも
昨夜の夢では
自傷の光景を見なかった。



だけど

昨夜は

夢の中の私が
吐きたいって思ってた。


何度も吐いてるのに。

さっきも吐いたばかりなのに。

まだ吐きたい。


夢の中の私は
まだ

摂食障害による嘔吐を
しなければ居られない状況に居て

嘔吐物の処理に怯えて居た。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】

【「ひとつ終える前に。」(2014.9.29)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「自傷も嘔吐も夢の中まで。」(転居後前半・55) (2014.10.4)】

【「待ち受ける自傷も見えないままに。」(転居後前半・56) (2014.10.5)】



今日も続きを書いておくね。





まだメンバーも揃って居ないのに
ライブが決まった。


普通に考えたら
おかしな話だけれど
私は真剣だった。

時間はまだ1年以上ある。

絶対にする。
絶対に
私は
恋しいあの場所に帰るんだ。




これから誰の楽曲をカバーするんだろう…

そんな事もまだ決めて居なかった。

まだ2人のこのバンドに
今在る楽曲は
私がデモで送った1曲だけ。

ベースに意見を求めて
ひっくり返る位驚いてしまう。

このバンドは
全曲オリジナルで行くと言う。
しかも
私の作詞作曲のオリジナルで
行くと言う。


私は
作詞はずっとしてきているが
作曲はした事が無い。

楽器も
やっと最近
ギターを少し弾けるようになったばかり。


厳しいととても思った。
それでも彼の考えは揺らぎそうにない。
やるしかないんだなと飲み込んだ。


途方に暮れるような
未知の世界だけれど

手元に大量に在る
歌詞達が

歌となり

聴いて貰えるチャンスと捉えよう。


こんな状況にでも
追い込まれなければ

きっと
一生

歌詞達が光を浴びる事は無い。


私は作曲も学び始めた。

とは言え
楽器のセンスはやはり私には無い。
知識も理解力も追い付かない。

未熟な感覚だけをフルに使って
頼りないギターを鳴らして
楽曲を作り始めた。




当時は
うつわが
かなり売れるようになってきていて

契約をして居る店を窓口に

料亭や喫茶店などからも
大きな注文を頂けるようになって居た。


うつわを作らなければ
収入に繋がらない。


長い時間を作陶に割かれる為
作業中も音を聴いた。



毎日毎日

看護を続けながらの

作陶と作曲。


元々悪い指は
ボロボロになった。

指を庇えば

首や肩や背中まで傷めた。




メンバーはなかなか見付からなかったが
ベースがドラムを見付けてくれた。

ギターボーカルの私とベース
これにドラムが加われば
とりあえずは何とかなるはずだ。

嬉しかった。


でも
その喜びは直ぐに圧し折られる。
ドラムが初心者だと聞く。
叩き始めてまだ日が浅いのではなくて
全くの未経験者だと言う。
話にならない。

初心者が
全曲オリジナルでの活動は
まず無理だ。
それでも大丈夫だと言われる。

私にはまだ
知り合いも他に居ない。
信じるしかない。

最悪
独りででもステージに立つ覚悟も
胸の奥ではして居た。


ドラムとして加入したメンバーは
教室に通い始めた。
彼が慣れるまで
それぞれに個人練習。

やっと3人揃っての練習が叶い
スタジオに入る前に
顔合わせの食事をした。


私が
12時間おきの注射の時間に
縛られているから
それに合わせて
時間を作ってくれた。
有難かった。



とても良い人達だった。

心の奥の方で
引っかかる感覚は在った。
的中した感覚も在った。

そう
確かに在った。

これまでのやり取りでも在った。


寂しい匂い。
偏った匂い。
コンプレックスの匂い。


似た者同士が
自然と惹かれ合って
出会ってしまう経験は
今までにも幾度も在った。

これもそう言う事なんだろうなと
この時はそう理解した。
だから出会えたのだろうと。


何よりも
やっと音楽活動が出来る喜びが
全てを打ち消した。


食事の後いよいよ音出し。


3人で初めて奏でる1曲目で
大きな石に躓いて
崖の上から
転げ落ちたような想いに襲われた。


まず曲が始まらない。
ドラムがカウントすら知らないから。
たった1曲の課題も
私が引っ張らなきゃ
始まらないし進まない。

私が考えて居た以上に
ここで歌う事を選ぶならば

全てを
独りで背負う覚悟が要るのだろうと

この時はとても思った。



それでもやると決めた。

この時の私には
もう
“他”が見えなくて。

どんな状況であろうと
彼らは
私を再び歌わせてくれようとしている
大切な存在であると考えた。





帰宅後

ぼんやりと

切りたいなと思った。

でも
もう疲れ過ぎて居て
思うだけで過ぎた。

吐きたい気持ちもあったけれど

もう
吐く事もしんどくて
吐けないから食べなかった。




これからの1年。

吐く回数は減れど
あまり食べられなくなった。

食べる事がとても辛くなった。


追い詰められて在るような
危機感に

胸が詰まるように
喉が詰まる。



大阪に越してきた頃よりも
体調は良くなって居るし
一時期よりも
体重も戻って来ていたのに

この頃から暫くは
また
体重も減って行った。


40kgを切ると
声にパワーがなくなる。


私が歌えなくなったら
全てが終わってしまう。

ひたすらトレーニングも続けた。



続きはまた。











早朝はまだ降っていた雨も
8時前には上がり
現在は小振り。



大阪に越して来る前に
住んで居た土地は

海に近い町で

台風が来ると
激しい風雨に襲われる事が多かった。



大阪で暮らし始めてからは

台風の影響を
大きく受けた記憶が無い。


越してきたばかりの頃は

警戒をして
植木を室内に入れたり
準備をして備えたけれど

空振りを繰り返して居るだけに思えて
大した準備もしなくなった。



今回も
いつも通りに雨戸を閉めて
倒れやすい鉢植えをひとつだけ
玄関の中に入れただけ。


そういう環境で
暮らせている事には
とても感謝して居る。



10年程前まで
長い年月暮らした海に近い町は 

私には

余りにも
痛みが溢れすぎていて

ただただ

息苦しく

生き苦しい場所となり

逃げ出してここに来て


そこに
戻りたいとは
思わないけれど。



そこには
当たり前に在った海が
ここには無くて。

それには
息が詰まるような感覚を
胸に覚える時が在る。


海が見たい。

よく思う。


長く繋がる水平線を
眺めて居たい。






10月も

もう6日。


私の仕事は
日曜日が休日と決まっている訳ではなく

昨日もバタバタと追われていたが


それでも
月曜日は週の始まりのように思う。



今週は
大きな事をひとつ終わらせる週。


そして
3ヶ月を掛けて
それを
次の形に変えてゆかなければいけない。


来週は
これまでに未体験の
新しい事をひとつ始める週になるから

その準備もしなくてはいけない。


そして
来週からは
新たに学びながら

年内に
順番に
身辺を整理してゆく。




色々と段取りをするに当たり
新たにスペースが必要になった。


使って居ないのに
置いたままになっている楽器を
買い取りに出してしまおうと思い
出してきた。

シンセサイザーが2つ。
エレキギター1つ。
アンプにエフェクター。



月下陽香の活動には
全て不要。

なのに

ずっと
我が家に居たのはなぜだろう。

断捨離は
得意な方だったはずなのにね。


まぁ

今思い立った事にも
意味が在るのかもしれないや。



ギタリストさんが
楽器の買い取りセンターが
ある事を教えてくれた。


取りに来て貰えるらしい。

それも調べなきゃね。



これで
少し空いたスペースに
新しく始めるものを置く事が出来る。




今年は

私には

次から次へと
失ったり
奪われたり

亡くしたりしてる年。


沢山沢山
大きなものが消えてゆく年。



これから
年内の残り時間を掛けて

消えた跡形を整えてゆくんだ。


まだ
今のままでは
次のものが入れられないから。



毎日いっぱいいっぱい。


でも
数ヶ月前の
ほとんど寝たきりのような体調で
過ごして居た頃を思えば

とても楽だ。

動けるから不安が減る。


前に進む為に
行動が起こせるから


心の目も前を向く。





先月末ごろに発売したアイス。


気になって居て

コンビニや
スーパーに寄る度に
探してたんだけど

出会えなくて。


どこに売ってるのかなって
思ってたんだけど。



昨日の帰り道にやっと発見。


冷凍庫の中。


いつ食べようかな。

いつ食べるのかな。

いっぺんには食べられないしね。



買ったは良いが

結局
数ヶ月

食べずに過ぎる事も多い

我が家。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: