❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

待ち受ける自傷も見えないままに。(転居後前半・56)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



昨夜も

見る夢は

目まぐるしく
忙しく移り変わった。



夢の中

現実には
会った事の無い人が出て来て


私は
その人と

リストカットについて話しをしてた。



その人は
自傷癖者の男性で

何を使い
どこを
どの位
どんな風に切るのか

目の前で見せてくれた。


私は

それを
食い入るように見てた。

ぞくぞくしながら見てた。



刃が最も深く突き刺さり

すーっと
彼の体側に引かれ

皮膚がぱかっと開いて

白い肉が見えた時に


急に感じた。

辛いって。

駄目だよって。
そんな辛い事は駄目だよって。



思う私がその夢に居た。


現実の私が
腕を
切る事も焼く事もしなくなって
2年と少し。


切りたい
焼きたい感情には
幾度も襲われる。


夢の中では
よく自傷をしてる。



でも
昨夜の夢に居た私は
目の前で起きる自傷に
胸が痛んだ。

なぜなんだろう。




このブログは
常にアクセス解析がされている。


何という言葉で
検索をして
ここに辿り着いたのかがわかる。


昨日
ここに辿り着いた
どこかの誰かが

検索した言葉が

悲しかったからかも知れない。



どんな想いで
この言葉を書き込んだのだろう。


きっと
こういう検索でここに辿り着く人には
ここは
何の助けにもならない。


直ぐに答えを得られるサイトでは無い。



どこかで
答えは見付かっただろうか。


色んな検索キーワードで
ここに辿り着く人達が居るけれど

時々
とても悲しい検索を見る。



昨日は
胸の真ん中が
ズキっと痛かった。





「自傷癖 助けて」













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】

【「ひとつ終える前に。」(2014.9.29)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「痛みを与えて失うばかりで。」(転居後前半・53) (2014.10.2)】

【「全てはこの肩に食い込むリアル。」(転居後前半・54) (2014.10.3)】

【「自傷も嘔吐も夢の中まで。」(転居後前半・55) (2014.10.4)】



今日も続きを書いておくね。







私に環境に自由は無い。

それはもう十分に理解しては居るが
やっと戻り始めた歌声に
心は躍る。


音楽関係の情報が欲しい。
知り合いが欲しい。

そう思うようになり
パソコンで検索をしていたら
見付けた小さな店。


「ステキなお店ですね。」

私はそこにメッセージを書き込んだ。

返事が来た。

何回かのやりとりで
店の事を色々と教えて貰った。

現在は夕方までの喫茶営業のみで
夜のミュージックバー営業は
していないとの事だった。


それは残念だったが
オーナーが音楽をしており
一緒にバンドを組まないかと声を掛けられた。

嬉しかった。
会った事もない人だけれど
そう言われた事はとても嬉しかった。

自分の毎日に
もう随分長い年月
遠ざけていた音楽に関する会話が在る事に
とてもときめいて居て

声を掛けて貰えた事は
とても嬉しかった。



しかし
私の現状は
バンド活動が出来るような環境にない。

12時間おきに
愛猫に打たなければならない
インシュリン注射に縛られる毎日

誰かと時間を合わせて
スタジオに入る事も難しい。



事情を伝えたら
理解をくれる人だった。

その後も連絡を取り合った。

私にとっては
大阪に越してきて
初めて出来た音楽関係の知り合いだった。


名前も住所も年齢も知って居るけれど
顔は写真でしかわからない。

会うのを避けて居る訳では無く
直ぐに会って話すタイミングが見付からず
メールのやり取りだけ。


それでも
当時の私には
音楽の話が出来る身近な存在だった。

言葉を交わす程に
音楽活動を
したい想いは募って行った。



ある時
デモを聞きたいと言われた。


当時の私が弾けるコードはまだ僅か。
1曲フルで
弾き語り出来る曲は
1曲だけ。



まだ20代の頃に
よく行っていたライブバーのスタッフの人と
一夜限りのユニットを組み
アコースティックライブに出演した際に
歌った歌。



私はずっと歌詞は書き続けてきたが
作曲はした事がなく

その時に
スタッフの人が
私の歌詞に曲をつけてくれた歌があり

ギターを始めた時に
思い出して耳コピをして練習して居た。



それを録音して送った。

その歌を聴いた彼は
とても誉めてくれた。


一度は失くした歌声。

やっと戻り始めた歌声。

痛みに耐えて

何度も喉を切って

やっと
やっと

手に入れた新しい歌声。



それをとても気に入ってくれた。

すごく嬉しかった。
届いたメールを何度も読み返した。

歌声を認めてくれた彼は
無理のない範囲での活動を提案してくれた。


本当に
それが可能なのかはわからない。


実際に始めてみれば
上手くゆかないかも知れない。

それでも
もうやりたくてたまらなかった。



歌いたい。
歌いたい。
バンドで歌いたい。


私はバンドに加わる事を決めた。


加わると言っても
私を入れてメンバーはまだ2人。
ギターボーカルとベースだけ。
始まったばかり。

何もかもがこれからだ。



メンバーと日々やり取りするメールには
音楽の話題が溢れた。

これから作ろうとしているバンドへの
希望が次々と溢れた。


まだ
活動を決めただけで
何も始まって居ないのに

私の心には
キラキラしたものが生まれた。



またバンドで歌える。

そう思うだけで
毎日は楽しく思えた。


しまいこんで居たCDも
ラジカセも出してきた。


日々
音楽に触れる生活が
数年振りに戻って来た。



メンバーとなった彼は
大阪で長く音楽をしているらしく
知り合いも多いと聞いた。

まずはドラムが欲しい。

私はまだ知り合いも居ないから
募集はメンバーに頼んだ。



私は一生懸命練習をした。
いつでも活動を始められるように
必死で練習をした。





大阪へ越して来る前に
10年間所属したバンドが在った。

大阪へ来て1年後に解散ライブをした。

【「血の匂いがする。」(転居後前半・11) (2014.7.7)】


その解散ライブを立ち上げてくれた方と
久し振りに会う機会が在った。


明るい時間から
沢山飲んで
沢山話した。

音楽活動に復帰する事も話した。




私が
当時

「死に場所」だと思い
掲げて向かった解散ライブは

そう思って生きて居た私を
殺すステージとなった。


その後

歌声を失くし

取り戻した新しい歌声で




あの場所に帰りたい。

大阪へ来る前。

いつもお世話になっていたライブハウス。


私にとっては
故郷のような場所。

解散ライブもしたステージ。

忘れられない特別な場所。




その方は
再びイベントを立ち上げる約束を下さった。


翌年の秋に。
私が帰る為のイベントが決まった。


まだメンバーも揃っていないのに
ライブが決まった。


もう
のんびり歩いてなんか居られない。

全力で走るだけ。

きっと大丈夫。


その時はそう思って居た。
疑いを持たぬようにしてた。


たまらなく
自傷に呼ばれる日々が
また始まってしまう少し先なんて

想像しなかった。




続きはまた。








台風が近付いて居る。

大阪は
風が少し強い位で
空もまだ明るい。



テレビに屋久島が映ってる。

凄く激しい雨と風。

屋久島には大事な人が暮らしてる。
大丈夫かな…





長時間
作業部屋にこもってた昨日。


ギタリストさんが
玄関に花を届けてくれていた。





亡くなって3ヶ月以上の月日が過ぎて

亡くなったばかりの頃の様に
多くの花は飾らなくなった。



忘れたんじゃなくて


新しい生活を
きちんと作ってゆけるように


いつまでも
骨にしがみついて泣かないように


リビングの真ん中に在った骨壺を
棚に置き換えて

そこに飾れる花だけを
置くようにした。



そうしようって思った時に
ギタリストさんが言った。


慌てなくて良いって。

ゆっくりで良いって。



そして

彼は
亡くなってもう3ヶ月以上が過ぎるのに

今もこうして花を届けてくれる。






少し前に
すごく綺麗なアレンジメントフラワーを頂いて
お礼をお伝えした時

そのお返事に頂いた言葉を
よく思い出す。





「花をお供えする事
 飾ってあげる事。

 その花は亡くなった命への花だけど
 亡くなった命からあなたへの花でもあると思います。」

「いっぱい元気になってね
 早く元気になってね って言ってる
 亡くなった命からのお花。」



そうだね。

きっとそうだね。





家がとても静かになった事には
随分と慣れた。


早寝早起きが出来る生活に
体調も前よりずっと楽になれた。


寂しい気持ちはいつも在る。


でも
今は自由を楽しむって決めたから

それを意識してる。



これからの3ヶ月は
ただただ忙しくなりそうだから

そこに集中して

来年に向かおうと思う。



歌の練習は
今週もチャレンジしてみよう。




そして。





昨日も
お花にはこんなのがくっついてきたよ。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡