❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷も嘔吐も夢の中まで。(転居後前半・55)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





夕べも見た夢は

とても忙しく
とても激しかった。


目にも
耳にもうるさくて

神経をすり減らす

くたびれる夢。



沢山の怒鳴り声が聞こえて

泣き声が聞こえて

恐怖に怯える
モノクロの夢。



毎日のように見る夢は
いつも
いつも
重たく疲れるものばかり。


楽しい夢や
嬉しい夢は
滅多に見ない。


夢を見ずに
眠れる事もとても少ない。





自傷癖による
リストカットやアームカットと

摂食障害による
嘔吐から


何とか離れて生きて居る最近。


それでも
夢の中では自傷をしてる。


体を切るし

焼くし

嘔吐もしてる。



生きる為に切る自傷では無くて
死のうと試みる夢も見る。


いつもいつも。

何らかの夢を見てる。



きっと

私は
死ぬまで

自傷と
摂食障害には

囚われたまま在るのだろうと
思う。



よく言ってきた事だが

麻薬みたいだ。


自傷と嘔吐の快感は
ちゃんと脳が覚えてる。


一度知った快感を
人は忘れる事は無い。


脳みそに刻まれた快感は

いつだって
誘惑を仕掛けるのだろう。


今夜の夢は
何色だろうか。



月下陽香のギタリストさんが言うには
熟睡出来て居ないから
夢を見るんだそうだ。




夢の中には
沢山の人が出て来る。


実際に
よく知って居る人も出て来るが

全く知らない人も出て来て

夢の中では
私はその人を知って居る。



実際は知らないけれど
夢の中では知人である人が
夢に出て来た時は

目覚めた時に思う。


きっと
どこかで繋がってる人
なんだろうなって。


この世なのか
あの世なのか

前世なのか

そんなのはわからないけれど


どこかで
何かしらの
意味あるご縁の
ある人なんだろうなって。




「縁」・・・  色んな意味が在る。


家族の間柄や
知り合いの間柄

何かとの関係を表したり
きっかけをそう表現したり。


人と人を結ぶ
人力を超えた不思議な力の事も言う。

巡りあわせって言うのかな。。




私と父との縁って何だろう。

年明けに
冷たい対応をして以来


父とは
一言の言葉も交わして居ない。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】

【「ひとつ終える前に。」(2014.9.29)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「痛みを与えて失うばかりで。」(転居後前半・53) (2014.10.2)】

【「全てはこの肩に食い込むリアル。」(転居後前半・54) (2014.10.3)】





過程の続きを少しだけ書くね。






声が出せるようになってきた気がする。

それは
たまらなく嬉しい事だった。


“もう少し”
“もう少し”

焦りは募り
練習にも力が入る。

でも
少しの無理が大きな故障を呼ぶ。

通院と練習の繰り返し。




スタジオの壁の一部には
鏡が貼られていて
歌ってる自分の姿が映る。


大きなギター抱えて
歌う姿が見える。

初めて見る自分だった。



ずっと歌だけをしてきた。

楽器は嫌いだし
向いて居ないし。

私は
音楽が好きと言うよりも
歌詞と歌が好きだから

楽器には興味もなかった。


マイクと
マイクスタンド以外は
持つ事なんてなかったのに。


不思議な感じだった。




自傷は
しばらく
ほとんどせずに居られた。


腕を
切る事も
焼く事も

しなくても居られた。


したいと思う回数は
とても減っていて。


時々

本当に時々

したくなった時は

看護にも
作陶にも
音楽にも

支障の無い程度に

浅く切ったり
軽く焼く程度だった。



摂食障害による嘔吐も
とても減った。

顎にかかる負担を
軽減したいと言う意識が
嘔吐を躊躇させる。


それでも

スタジオに入り
自分の姿を見ると


その容姿は
記憶の中の
母にとても似て居て


食べて吐きたい気持ちになった。


どうしても止められない時は
嘔吐する事を選んだ。


でも

それも
回数はとても減って


嘔吐する位なら
食べない事を選んだ。






声が出ているように思う程
誰かに聴いて貰いたくなった。

当時よく遊んでいた男友達が居た。

【「血を吐けど向かえ。」(転居後前半・52) (2014.9.30)】



彼は
歌声を失くした私の歌う歌が

どれ程に無様で
哀れで悲しかったか

聴いた事がある
ただひとりの人だった。

【「偽りが呼ぶ嘔吐と自傷。」(転居後前半・30) (2014.8.11)】



少し久し振りに彼と会った。

歩き疲れてカラオケボックスに入った。

彼が
私の好きなアーティストのひとりである
シオンの歌を数曲歌ってくれた。



私も1曲入れた。

彼は驚いた。

黙って聴いてくれた。


歌い終えた時
彼が言った。



「歌えてるやん。」




あの時のように
歌えなくて
辛い時間が流れるのを

覚悟して聴き始めたらしい。


そうしたら
歌えて居るから
びっくりしたようだった。



「めっちゃ練習してん」って
何回も言った。

上手くいえなくて
そうとしか言葉にはならなかった。


その後で
彼が歌ってくれた歌は
「場所」と言う歌。


これは
このまだ1年以上後

私の活動の中で
SEに使われる曲となった。





歌声を取り戻し始めると
音楽関係の知り合いが欲しくなった。


私はまだ
自分の暮らす街のどこに
どんな音楽関係の店があるのかも
何も知らなかった。


いつでも
どこにでも
出掛けられる環境ではないけれど


もし
すぐ近くに
ライブバーなどが在れば


少し
顔を出したり
出来るかも知れない。



たまにでも
出入りできる店の
ひとつでも在れば

人との出会いや
情報の収集も
出来るかも知れない。



まだ土地名もほとんどわからない。

聞き覚えのある土地名で
少しづつ検索をした。




そんなに遠くでもなさそうな場所に
1軒
小さな喫茶店が在る事がわかった。


実際には
我が家から電車でそこに向かうなら
1時間半は必要な距離なのだが

当時の私にはわからなくて
近くだと思って居た。



昼間は喫茶店で
週末の夜には
弾き語りをしているらしい小さな店。


知らない土地の
知らない店でも
小さくてアットホームな感じを受ける場所なら
行ってみたいと思った。



私はそこに書き込みをした。

「ステキなお店ですね」って。


その一言が
その後の道を
大きく変えてしまう事にも

気付かないままに。





続きはまた。





大阪にも台風が近付いて居る。


薄雲に覆われた空の色。


陽射しは十分に届くが
風が強い。

明日から雨が降るらしい。



晴れている内に
今日中に
本焼き焼成をしなくちゃ。

雨天での焼成は
我が家では危険だから
晴れた日が勝負だ。



今月に入り
本焼きを続けてる。

あと数回焼き上げれば

約2ヶ月前に
ご依頼頂いたうつわが仕上がって

来週半ば辺りからは
順番に納品が出来る。



2ヶ月注いだうつわが
やっと
お待ち下さって居るお客さまの
手の中に届く。

陶芸作家として
最も有難い瞬間。




ただ
今は

同時進行で消化すべき出来事が
余りにも多く在り過ぎて

集中力を失わぬように
張り詰めてばかり居て。



緩やかに
しあわせを
噛み締めて居る余裕はなさそうだ。



頭の中では
次々と
思考が忙しく巡り


記事を書く時間の捻出にも
酷く苦労して居る。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: