❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

全てはこの肩に食い込むリアル。(転居後前半・54)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



午前中は
通院に奪われてしまった。


大変な問題が
新たに降りかかって



身辺はとても慌ただしい。



やらなければならない事が
急激に増えて

まだ
決して本調子ではない体には

とても堪える。



とにかく
順番に整理してゆくしかない。


新たに
始めなければならない事も増えたから

それと同時進行で

とにかく
少しでも早く
整理を済ませなければならない。



新たな事をこなしながら

不要になった事や
物を
片付けてしまわなければ


どれもが進まなくなる。


とんでもなく
ひっくり返って居る環境。



何とかして年内に整えたい。


とても忙しい。


そんな忙しい中で
通院に時間を割かれる事は

仕方ないけど
酷く消耗してしまう。




通院が終わったら

もうとっくに昼を過ぎて居て

そのままひとつ仕事を済ませて

やっと少しの休憩をしながら
この記事を少し書き足して。


今まで作陶をして

この記事を更新したら
お風呂に入る。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】

【「ひとつ終える前に。」(2014.9.29)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「命がひとつ朽ちても。」(転居後前半・51) (2014.9.28)】

【「血を吐けど向かえ。」(転居後前半・52) (2014.9.30)】

【「痛みを与えて失うばかりで。」(転居後前半・53) (2014.10.2)】




続きを少し書こう。







歌声を取り戻す為の
訓練を
日々続けた1年。


のめり込む毎日に

私は
自傷をしなくなっていった。


やっと

私は
このまま
自傷から離れて
生きてゆけるのではないかと

思う程


切る事も
焼く事も

とても減った。



食事にも気を遣った。


嘔吐が
全くなくなった訳ではなかったが

その回数も減った。


顎に
大きな負担をかける嘔吐は


私を
歌から
更に遠ざける行為に思え

躊躇するようになった。




日々
看護の中で暮らす生活は変わらなかった。


12時間おきに
この手で刺す針。


小さな猫の体に
毎日毎日
打ち続けるインシュリン。



とても辛かったが

それが
大切な命がまだ続いて在る証であり
条件だった。




毎日
神経を張り詰めて看て居ても

急変は多々在った。


その都度病院に走り

数日は眠れない状況に陥る。


夜8時には
掛かり付けの動物病院は閉院。


それ以降の急変は
動物の夜間救急専門の病院に走る。


そこでの診療費はとても高額で
一度の処置だけでも数万が消える。



一度
深夜に駆け込んだ時に

朝まで点滴が必要で
預けなければならなくなり

その時には
その日だけで7万程が飛んだ。



少しでも収入を得なければ
命を守り続けてゆけない。


私が収入を得るには
売れるうつわを
作り出さなければならない。



歌う為の訓練も

ギターの練習も

必死で日々繰り返しながら
陶芸もとことん頑張って居た。




医師の反対を無視して始めた
自分なりの訓練と練習。


1年を迎える頃
少しづつ
歌声が出るようになって居る事を
感じるようになった。



賃貸マンションの
自宅で歌って居ても


訓練を重ねながら
やっと
小さな鼻歌が
歌える位でしかなかったのに


声が
壁1枚で繋がる隣人に
聞こえそうな気がして

絞って発声するようになった。


少しづつ
出せるようになってきた声が

以前より大きく

また
歌声に

近付いて居る事を感じてきた。




このまま
自宅での発声練習を続けて
迷惑をかけたくないし


せっかく声が出始めたのなら

思い切り出したい。



それこそ
一度叫んでみたい。


できれば
ギターも
力一杯弾きながら

歌う練習もしてみたい。



今暮らして居る大阪のこの土地で

私は
どこにスタジオが在るのかも
知らなかった。


パソコンで検索してみたら
一駅向こうに在る事がわかった。


時々そこに1時間程入った。


猫の血糖値が安定している間に
1時間

音量を気にせずに
音と声を出した。



ジャカジャカと
乱暴にコードをかき鳴らすだけの
ギターに合わせて

出せる限りの声を出してみる。



やっぱり声は歌ではなかった。


大きく出るようになってきただけの声。

でも繰り返し続けた。


すると

ある時から

自分が
自分の声を聴いて

「私は歌って居る」と

思えるような声が出始めた。


うれしかった。


1年間

何度も
何度も

痛みに唸り
血を出して

それでも止めなかった努力が
やっと報われ始めた。




続きはまたね。









昨日は
2ヶ月振りに歌の練習をした。


ギタリストさんの生音を
久し振りに聴いた。



2時間半で
8曲しか歌わなかった。

ギタリストさんは
ギター背負って来てくれるのにね。


お喋りの方が多かった。



久し振りの発声は
やはりしんどかった。


体が
発声の感覚を忘れてる事も在るだろうし

2ヶ月は
歌の為のトレーニングも
全くしていないから

当たり前かな…。



呼吸は
練習を休む事を決めた頃よりは
楽になってきてる。


締め付けられる息苦しさは
随分楽になった。



気持ちは
少し前よりも楽になってた。


歌って居ても

もう 

声を上げて泣き出しそうな位
ただただ苦しくてたまらなかった気持ちも

少し楽になってた。



少しずつ取り戻してゆけたらいいんだけど…

どうなるかな…

いつになるかな…

まだ全くわからない。



新しい楽曲を少し練習した。



20代の前半になるのかな‥

その頃から
ずっと歌いたかった歌が在って。

だけど
誰にも歌わせて貰った事がない歌を

ギタリストさんにお願いしたら
弾いてくれた。



今日は
病院の待合室で
昨日の練習の録音を聴いた。


頭に描くその歌とは
とてもかけ離れてた。

難しい歌なんだなって
改めて思った。



再開した歌の練習では

これを歌いこなす事を
小さな目標にまずしてみようかな‥





環境がとても大変な事になって居て

この数ヶ月で
整理したり
処分したり
新たに始めたり
それらに慣れたり

一度に
沢山の事に向かわなければいけない。



1日に
いくつもの事を
少しずつこなさなければならない。


勿論
持病が
出来るだけ
これ以上悪化せぬように

少しでも長く
良い状態を保てるように

ケアは必須。



今年の6月22日より以前のように
もう
眠る事も出来ない状況ではない。


せっかく
この3ヶ月治療も始めているのだから


もう
何か月も休む事無く
眠りを酷く削り
働き続けるスケジュールは
組みたくはない。



これからすべき事柄を
書き出して並べれば
呆れる程に多い。


優先順位を考えてみたが
所々まだ曖昧。



突然休止を言い出して

2ヶ月間休んで
また歌おうとしてる
月下陽香のギターを

嫌な顔ひとつせず
弾いてくれるギタリストさんとの時間も

今までよりも大事に心に想いながら



これからの3ヶ月

立ち向かわなければならない
いくつもの壁に
ひとつづつ向かおう。


必ず越えよう。

必ず破ろう。


自分の
体のペースと
心の声をよく聞いて

今年はいっぱい苦労しよう。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡