❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷が少し遠退いても。(転居後前半・50)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





良いお天気だ。

空がとてもきれい。


天気が良いと少し安心をする。


雨は苦手。
晴れた空が見たい。



今日も少し歩く。

いつもの神社まで。


少しづつ
動けるようになってきて

少しでも外に出たい。



春以降
特にこの夏は
何も出来ずに
ただただ苦しんで居たから


その分も
外に出たくてたまらない。

空の下を歩きたい。



行きたい場所や会いたい人も

心の中
少し増えて来た。

でもまだ遠くには行けない。



遠くまで行ける体が在るなら
今日行きたい所が在るけれど

いろいろ調べても
まだ
私の体力で辿り着ける場所ではなくて。

悔しいなと思う。


電車と徒歩で片道2時間。


人に迷惑は絶対にかけたくないから
今はまだ
我慢しなきゃ仕方ない距離。



でも。

きっと
行けるようになれるよね。


治療すごく頑張ってるもん。

また

まだ
きっともう少し
動けるようになれる。


だからまだ
近くを歩くだけ。




あの方の過ごす
奏でる今宵が
どうかしあわせに満ちて在るように


あの方の決めた明日に
得るものがしあわせで在るように


あの方のご家族が
早くお元気になられるように


祈って参ってこよう。


自分が
少しずつでも楽に生きてゆけるように
穏やかに深呼吸してこよう。


体も心も
おまけにご近所の事まで

しばらくは
だまだ疲れるのだろうから。







2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズが熟れて在る程に。」 (2014.9.13)】

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「生きて在る為にはいつも条件が在って。」(転居後前半・47) (2014.9.24)】

【「死に後悔を得る覚悟。」(転居後前半・48) (2014.9.25)】

【「愛しい体に傷付ける事。」(転居後前半・49) (2014.9.26)】




続きを少し書くね。







12時間おきのインシュリン注射。


その合間には
数時間おきに血糖値測定。


生活の全てが
それらに縛られた。


自分の仕事も通院も。

ちょっとスーパーに行くだけでも
全ては
それらに縛られた中で
やりくりしなければ
在り得ないものだった。



注射を打ち損ねる事もなくなり
血糖値のコントロールも
何とか保てるようになると

血糖値測定の回数は減らせた。


それでも
12時間おきの注射は必須。


どこに行くにも
注射の時間に
縛られていなければならなかった。



納品も
主人が休みの日に

注射を打って
落ち着いたのを確認してから

留守中は見て居て貰い
次の注射までに帰宅する。



夜も

猫のそばで
リビングの床の上で
丸まってのうたた寝の日々。


どんな急変にも
対応出来るようにしていた。




とても息苦しく

心身ともに
負担の大きな生活だった


それでも愛おしかった。
たまらなく。



愛おしい小さな体に
私は毎日針を刺す。

それでも
猫は誰よりも私になつき
すり寄って来る。



毎日
毎日
針を刺す事が辛くない事は
一度も無かった。

愛おしい体に
穴を空ける。

苦しかった。



大切なものの体に
傷が付くと言う事が

どんなに辛く悲しいか

私は知った。

教えられた。


自傷をしたくなる時に
ためらう気持ちが生まれた。




私を

私なんかを
愛してくれる人が

自傷の傷を見たら


きっと
とても辛くて
悲しいのだろう。


そんな考えが生まれた。



そして
同時に

思うようになったのは


私のこの腕が
針を刺せなくなったら

猫は死ぬんだって事。

私が殺すんだって事。



常に
守れる状態で
この腕は
在らねばならないと言う事。




次第に自傷が減っていった。

出来なくなっていった。


「切りたい」
「焼きたい」

そう思う事はあった。


でもその回数も減った。


それどころでは無かった。

24時間が縛られて続くのだから。






やっとその生活にも慣れてきた頃

3匹の猫の内の
もう1匹の様子がおかしくなった。


1番始めに飼い始めた子だ。


飼うつもりはなく
迷い子を保護したが
飼い主が見付からず
飼う事にした猫。


この子が居なければ
私は
3匹もの猫と暮らす事など
無かったのだろう。





様子がおかしい。

その
“おかしい”状況は
見覚えの在るものだった。


気付いて
直ぐに病院へ連れて行った。



言いにくそうに
申し訳なさそうに

医師が告げた病名は


もう
自分で検討がついていたから

私には確認作業のようだった。




「糖尿病」




これから
また
2匹目の糖尿病の猫に合う
インシュリン量が決まるまで
測定を続け


決まれば

私は
2匹の猫に

死ぬまで
12時間おきのインシュリン注射を
打ち続けなければならなくなった。




“ 途方に暮れる ”

とは

こんな気持ちだったなぁと
しみじみ思い


逃げられぬ恐怖は
言葉にはならなかった。



自分の少し先の未来には
何も見えなかった。


ただ
毎日針を刺す繰り返しの中で


私を必要としている猫の為に
生きて居るような年月だった。





続きはまたね。





夏の終わりに
魔法の土を送った方の

おひとりが
昨夜写メールを下さった。


芽が出たよって。


写真の中では
ちっちゃぁい芽がひょこん。。


良かったぁ。。
すごくうれしかった。


余りにもうれしくて
頂いた写真の一部を
載せてしまいました。
ありがとうございます。



私の魔法の土も
ギタリストさんのも

まだ何の変化も見られないまま

毎日日当たりの良い所に置いて
様子を見てる。

がんばれって。


どうなるかな・・・。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: