❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しい体に傷付ける事。(転居後前半・49)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





御神木を見上げて

その枝の間から

空を覗く。


我が家のすぐ近くには
大きな神社が在る。




私はそこによく行く。

仕事の打ち合わせでもよく使うし
散歩にも行くし

何かあると必ず訪れる。



自分の
身辺や
心境を整理したい時や

猫たちの命が危なくなった時も



親しくして下さる方々が

病気になったり
手術を受けたりする時も

何かに立ち向かわれる時も


そのご家族に何かが起きた時も


いつもそこに行く。

お百度参りも
これまでに何度もした。



昨日も
お参りだけはしてきた。


最近のもやもやを
早く消化して

早く
もっと穏やかになりたいから。








2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズが熟れて在る程に。」 (2014.9.13)】

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「生きて在る為にはいつも条件が在って。」(転居後前半・47) (2014.9.24)】

【「死に後悔を得る覚悟。」(転居後前半・48) (2014.9.25)】




続きを書くね。






助かる確率は
とても低い状態にまで

追い込んだのは私だ。


私が管理してやれなかったからだ。

間違いない。
私のせいだ。



糖尿病になり
日に2回のインシュリン投与が必須となった
大事な家族である1匹の猫。


注射を打たなければ
コントロール出来ない。


わかって居るのに

私は打てなかった。



それにより
ケトアシドーシスを引き起こし
即入院となった猫は


24時間
血管点滴でインシュリンを投与し続け


もう
その手にも
足にも
針を刺せる血管が
残らない程に繋がれて


これ以上の治療は難しくなり
帰宅する事となった。




何も食べていない。
だから血糖値は上がって居ない。
とても低い。

インシュリン注射をする必要は無い。


とにかく
自分の口で食べなければ

後は
どんどん弱って死ぬだけになった。




病院で聞き
強制給餌を試みた。

とても嫌がった。


可哀想に思う気持ちが
無理矢理を制御してしまう。

上手くいかない。





病院で
獣医に見本を見せて貰おうと思い
連れてゆく。


医師が与えるのを見る。

とても無理矢理だ。


それでも
口に入れば飲み込んでいる。


よたよたの
グラグラの体で。



その時
その場には
獣医がふたり居た。


ひとりが
うちの猫に強制給餌をしながら
私に説明をしていて


ひとりが
丁度手が空き
様子を見に来ていた

後に
この6月に亡くなった
ぽんちゃんの主治医になった人。



私は
強制給餌をしている女性獣医師に尋ねた。



「この子は死ぬんですか?」



様子を見に来ていた医師の
顔つきが変わった。

やばい所を
突かれたような表情を
明らかに見せた。



強制給餌をしながら
女性医師が言った。



自信に満ちた顔で。



「何よりも手厚い看護が奇跡を起こします。」



私はそちらを信じる事にした。



それからは
付きっ切りで強制給餌。


「生きよう」

「生きよう」

毎日毎日繰り返し言いながら。




「もう一度
 自分の意志で
 食べたい物を食べられるようになって欲しい。」





猫の体重は半分以下に減った。

ガリガリの
よろよろになって。


定期的に
シリンジで
ムース状の缶詰を口に押し込まれる。


24時間を注ぐ。




自宅で強制給餌を始めて
10日が過ぎる頃。


自分からフードを口にした。


いつもフードを置いて居る場所まで歩いて
自分で食べようとして
口に入れ飲み込んだ。




うれしかった。
感動した。
いっぱい撫でて
沢山誉めた。


大丈夫だ。
きっと大丈夫だ。

生きれる。

そう思った。




その後は
日々
少しづつ
自分で食べるようになっていった。

医師が驚く反応だった。


私は
ひとつ
奇跡を見て居ると思った。



命は
まだ続く事を選んでくれたんだ。

私の望みを叶えてくれた。



食べられるようになれば
いづれ血糖値は上昇する。


また
インシュリン投与が必要になる。


いつか死ぬまで

ずっと
毎日
必要になる。



もう逃げない。
もう絶対に逃げない。

私が

この手で守らなきゃいけない。

約束したんだから。






“ 打つしかないんだ…。 ”


針を刺す時だけは
全ての感情に蓋をした。


怖いとか

辛いとか
可哀想だとか

そんな気持ちから自分を反らした。


心に鬼を呼んだ。


これまでに
数え切れない数の
自傷をしてきたじゃないか。


この腕を切って

焼いて

楽しんで来たじゃないか。


針を刺す位
どうって事ない。

大した事じゃない。


傷付けるのは得意だろうが。
どうって事ないんだよ。





鬼は一瞬しか呼べない。

勝負は
出来る限り短時間で済ませなければ
猫の気ももたない。


普段は猫たちを入れないでいた
寝室に連れていって
少しでも雰囲気を変えたり

作業部屋で試してみたりしながら


失敗しては病院に走り

段々と
打てる回数が増えて来た。


力加減や
針の角度

コツも掴んできた。

手早く打てるようにもなった。


それでも
時に失敗もした。


でも
もうめげなかった。

常に
対策を頭に巡らせた。




血糖値も
自宅で計れるように測定器を購入した。


インシュリンや
注射器と同じく
これも人間用。


人の指に
針を刺して測定する物を使い


猫の耳の縁を
這うように走る

細い細い血管に
針を刺し
採血をして測定した。



耳の血管は
とてもとても細くて

上手く針が刺さらないと
当たり前に猫が嫌がる。

時間をあけてチャレンジの繰り返し。


イライラさせると血糖値が上がるから
正確に測定出来ない。

無理をし過ぎず少しづつ。


気温が下がれば
血管を突いても
測定できる量の血液が出ない。


カイロで耳を温めてから
針を刺す。



自分なりに
沢山の

思考と工夫を重ねながら

日々経験も重ねた。




自分の通院
家事
買い物
作陶

全ては
血糖値が穏やかである時間帯に
一気に詰めてこなす。

でなければ何も出来ない。



眠る時でさえ

猫の居るそばで
何か起きればすぐに起き上がれるように


床にうずくまっての
うたた寝でしかないのだから。

【「知り尽くした不足の吹き溜まりに吸い込まれぬように。」(2013.5.11)】





日々はとても過酷だった。

それでも

今日
小さな体が呼吸をしていて
鳴いてすり寄ってくる姿を
見て触れて 

生きて居る事を感じられたなら

耐えられた。





そして思ったんだ。


愛おしい体に
針を刺す悲しみ。

大切な体を
傷付ける悲しみ。


それは

とてもとても
胸に痛い。

毎日毎日苦しい。




私を

大切に想ってくれて居る人が


私の腕に
自傷の傷を見た時に

新しい傷が
増えて在る事に気付いた時に


こんな風に苦しいのかも知れない。



大切な人の体に
傷がつけられていたなら…

それは

とても悲しくて
苦しくて
辛い事なのかも知れない。


自傷は

自分の体だけでなく

大切に想ってくれる人の
心も傷付けるのかも知れない。



続きはまた。









音楽活動も
歌の練習も

休む事を決めて2ヶ月。


それまでは
木曜日の夕方は
基本的に月下陽香の練習日だった。



先週は
やっと
ギタリストさんと近所を散歩した。

昨日も
練習はしなかったが

一緒に出掛けた。



我が家の近所をテクテク歩いた。

歩道橋に上ったり
買い物をしたり
小さなお菓子を半分こしたり。



先日のご近所との事や
共通の知り合いの事なんかを話しながら

テクテクテクテク。。。


穏やかな時間だった。






まだ
次のステージも決めて居ない。


目標の無いままに
練習だけを続ける事は

出来ればもうしたくない。



この2年程で

そんな練習は
心が満ちなくて
体には大きな負担だと
とても感じた。

空しくて苦しい。



すり減らす為に
歌を歌うのは

もう嫌だ。



歌は
私にとって
とても必要なのに


大阪で音楽活動に復帰して以来
私は
ずっとすり減らして来た。



いつも
自分の何かを犠牲にしなければ
歌は歌えなかった。

傷付かなければ歌えなかった。


もう
そうならない環境を
選ぶ事を始めたい。



だから

目指す場所を
ひとつでも胸に持って
練習はしたい。


だけど
もう

年内の
良い場所や曜日は空いてなさそうだし

しばらくは
自力で立ち上げる事もしたくない。



ちょっと気長に探し始めようかな…。



月下陽香は


偉そうだけど
どこにでも出る板芸人ではない。


今の私が
今の体調で
自力で移動できる場所で
短時間では無い持ち時間の頂ける所。

わがままな月下陽香だから
ゆっくり探そうかな・・



なぜ休止中なのに
こんな事を書くのか。。


うーん。


来週辺りからね


練習に

復帰しようかなって


やっと思えてるんだ。


久し振りにね

自分の歌を
歌ってみようかなって。


ちょっと歌いたいなって。


思ってるんだ。




今日は空が高いね。






※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。