❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きて在る為にはいつも条件が在って。(転居後前半・47)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





花に囲まれた骨壺。

1日に何度見るだろうか。





とても
気分の悪い気持ちのまんまで寝付き

とてもとても
気分の晴れないまんま

朝を迎えた。



昨夜遅くに起きた出来事が

まだ
全く消化されて居ない。

ひとつも納得が出来ない。

何も解決もして居ない。


また
夜が来たら

どうなるのかわからない。



今日は曇り空。


間もなく雨が降り出す予報。


むしゃくしゃする苛立ちと

理解を貰えない悲しみと

気持ちを折られる情けなさ。



雨に呼ばれて
心に満ちぬよう
願う朝。



ストレスが一番嫌なんだ。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズが熟れて在る程に。」 (2014.9.13)】

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「偏在は自己否定に消されぬように。」(転居後前半・45) (2014.9.18)】

【「召された日から繋がる今日。」(転居後前半・46) (2014.9.22)】




少し続きを書いておく。






創作陶芸作家として
収入を得てゆく為に

私は
私なりに

日々を積み重ねて居た。



歌えなくなった事で
心に空いたままの大きな穴は


何をして居ても
埋まる事は無く


だから
更に
心を

うつわに向けて居た。


懸命に独学を重ねた。

パートも続けて居た。






当時
我が家に居た3匹の猫たちは

私が
独身の頃から飼って居た
私にとっては
大切な家族だった。

主人も
猫たちをとても可愛がってくれた。



3匹はとても元気だった。

外には出さない室内飼い。
家の中を走り回って居た。




この頃

3匹の内の
1匹の様子がおかしい事に気付いた。


尿量がとても多くなっている。
猫用トイレの砂の固まりが
とても大きくなっている。



嫌な予感がした。

予感を打ち消そうと何度思っても
砂の固まりは
どんどん大きくなる。


怖くて
直ぐには通院をする事が出来なかった。



現実を
受け止めなければどうしようもないと
やっと決断をし

動物病院へ行った。




結果は


「糖尿病」。



これから
生きて在る限り
インシュリン注射を
日に2回
打ち続けなければいけないそうだ。


静かに
ゆっくり話してくれる獣医の声が
遠くに鳴ってる雑音のように聞こえた。



直ぐには理解が出来なかった。


毎日毎日
1日も欠かさずに
注射を打つ生活が

想像出来なかった。


大きく縛られる事だけは感じられた。


猫は大事だ。

でも
その命が続く限り
縛られ続けるなんて嫌だ。


でも。
でも
逃げられない。




インシュリン投与は
その日から始まった。


必要な量を決める為に

まず
最も少量を
猫の背中に獣医が投与した。


そして
2~3時間おきに通院しては
血糖値の測定。


その都度
猫の首から採血をされた。



家と病院の往復だけで
1日が過ぎてゆく。


閉院直前の通院で
夜の分のインシュリン注射が打たれ

翌朝は一番の通院。



インシュリン投与・2~3時間おきに通院して採血



繰り返し。


夜間は測定が出来ないから
ハラハラしながら見守った。




インシュリン投与から
1~2時間が過ぎると
効果が出始める。


上がった血糖値が下がり始めて

12時間後には
効果が切れて次の投与をする。



打つ前の高血糖と
薬が最も良く効いて居る時間帯の
下がった値との差が
出来るだけ少なく
調整をしなければならない。


血糖値は下がり過ぎてもいけない。
低血糖で倒れてしまう。
命を失う事もある。




片道30分近くかかる病院までの道のりを
朝から晩まで
猫を連れて通った。


週3日は
昼から夕方までパートがある。


その日は
その時間帯は病院に預けて

パートが終われば病院へ走った。



猫の体に合うインシュリン量は
なかなか決まらなくて

しばらくはそんな日々が続いた。




1日が過ぎる毎に

体は疲れてゆく。

心は痛んでゆく。

毎日毎日
大きなお金が消えてゆく。



こんな状況が続くなら
暮らしてなんていけないよ。

心は叫ぶけど
どうする事も出来ない。





やっと
猫の体に合う
とりあえずのインシュリン量が決まった。


数時間おきの血糖値測定は
数日おきにはなった。



でも

インシュリン注射は
毎日朝晩2回在る。


毎日通院する生活は変わらなかった。


主治医は自宅での投与を提案した。


病院でやり方を習い

私が
自宅で投与すると言う事。

私が
猫の背中に

毎日針を刺すと言う事。




これは本当に頭を抱えた。

でもやるしかない。


主人には出来ると思えないし
出来たとしても
やはり私は自分でやるんだろう。




このまま
毎日通院を続ける生活は
無理に決まっている。


病院で打つと
技術料が加算される。

当時
注射1本で3500円位。



少なくても
1日に7000円が
生きて居る限り続きながら

別途薬代も居る。


インシュリンは人間が使う物と同じ。
保健がないから高額だ。




自分で打つしかない。

それは理解出来た。


私は
自分で出来るようになれるように

注射の打ち方を習いに通院を始めた。




続きはまた。 





キッチンの窓際。


鉢植えから伸びる
茎が折れてしまって

試しに水を与えていたら

葉を伸ばし
花を咲かせた。



緑と水がある空間は
気持ちが良い。

花と光がある空間は
どこか救われる。




大切な命が召されてから

我が家には
常に花と緑が在る。



それまでは
部屋の中には置いておけなかったけれど

今はあちこちに在る。






寂しくて。


置いてしまう。


自分以外に
命の在るものが
家の中に在って欲しくて


色々と置いて居る。




もう一度
家族を迎えたい気持ちが
無い訳ではないけれど


あの

酷く苦しく

深く悲しい

看護と介護の日々と

最期の時を思い出すと


迎え入れると言う事は
もう一度
それらを引き受ける覚悟が要る訳で


今の私には
その決心は出来ず


また
迎え入れた命が尽きるまで


我が身が
動ける状態で生きて在る自信も


見えないから


花と緑を選んでる。




少し前に
魔法の土に植えた種は
まだ芽吹かない。


大丈夫かな…。

ちょっと心配。






夕べ一晩で
首と頭が湿疹だらけになってた。


間違いなく
原因はストレスだ。


仕事の前に
少し外を歩いてみよう。


静かな昼間の内に


苛立ちを

ひとつでも
どこかに捨ててこよう。






※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。