❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

召された日から繋がる今日。(転居後前半・46)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





亡くなったのは

3ヶ月前の

今日。

22日。



骨壺は
皆同じ場所に置かれるようになった先月。



先日も
ギタリストさんは花を届けてくれた。



心には
まだ

とても大きな寂しさが

充満してる。


それと引き換えに
手に入れた自由も


まだ
使いこなせる体調ではなく

何もかもが
少しずつ過ぎて居る。



先月を思い起こせば
とても調子は良くなっているが


昨日は
午後からとても不調で

動けない事にやたらイライラした。




今朝は
とても早く目覚めた。


朝5時過ぎ。


骨壺の前にしばらく座った。



今日から4ヶ月目だね。

もう少し
笑えるようになれるかな…





洗濯機をまわしながら

今日の作陶に使う
土の準備をして居たら

宅急便が届いた。


少し前に
美味しい奈良漬を送って下さった
京都にお住いの女性からの
贈り物だった。





ぽんちゃん

蝶々がついてるね。





ぽんちゃん

お母さんの大好きなダリアだよ。

白いのは初めて見るね。



涙が出て来た。
静かな涙。

ありがとうございます。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズが熟れて在る程に。」 (2014.9.13)】

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「理解されない生き急ぐ理由。」(転居後前半・43) (2014.9.15)】

【「背を合わせた裏切りは繰り返すから。」(転居後前半・44) (2014.9.17)】

【「偏在は自己否定に消されぬように。」(転居後前半・45) (2014.9.18)】





過程の続きを書いておくね。






教室を辞めて
設備を整え始めた。

独立を決めたからだ。



窯の購入や
今後の予定など

自分の事は
教室には一切言わなかった。


私の心の中で

指導頂いて
感謝して居たはずの人たちが
大きな敵となってしまっていたから


自分の手の内は
徹底して隠した。



何だか寂しいなって思ったけれど

もう
信頼を持てる気持ちにはなれなかった。




窯が家にやって来た。
当時で50万程の金額。

勿論
コンビニのパート代だけでは買えない。


足りない分は
主人が出してくれたから
借りる事にした。





40キロの窯が入った大きな箱を
業者と共に作業部屋に運び入れた。


新品のピカピカだ。


嬉しかったけれど
不安の方が大きかった。



土や道具は
既に自分で仕入れていたけれど
全てではない。


これまでは
教室に行けば何でも在ったから


頻繁には使わない物まで
そろえる必要もなかったし


土も
自分で処理や再生をする必要も
さほど無かったけれど


これからは
全部ひとりでしなくてはいけない。



制作は勿論

設備の管理や
発注も交渉も仕入れも
営業も納品も事務も

全部ひとり。


しばらくは
段取りの整理が頭の中で片付かなくて

思い付くままに
制作だけをしながら

色々と考えて居た。




ただ

不安は在れど楽だった。


元々私は
人と群れるタイプでは無い。

例えば
スポーツをするにしても

チームのひとりになるようなものは
したくない。


バレーボールや
バスケットボールみたいなスポーツは嫌い。

人に神経をすり減らしてしまうから
独りで出来るものがいい。



仲の良い人たちと遊ぶのと
仕事は違うから

人と何かをすると
とても気を遣って疲れてしまうし

上手くいかない。


ひとりは不安だけれど
まだ楽に思えた。




少し前から考えて居た
コンテストへの参加を
具体的に決める事にした。


自分の窯で焼ける範囲の作品で
参加出来るコンテストを探した。




まずひとつ。

最も気になったコンテストへの参加を決め
費用を支払い手続きをした。


ビアカップのコンテスト。


優勝すれば賞金も貰える。

来年のコンテストのポスターにも載る。


大きな陶器では無いから
搬入も
直接でなくても
送れば受け入れて貰える。



思い付くビアカップを
一生懸命作っては悩み

最終的にひとつ

決めた物を送った。



白い土の
背の高いカップ。


底は
鈴の様に玉が仕込まれて居て
音が鳴る。


外にも内にも
黄色い月が
いくつも重なるデザイン。



願って
願って送った。


開催を前に結果が届いた。


封筒の中には
入賞者の氏名と作品名が書かれてある。


優勝者にも
銀賞
銅賞の受賞者にも

私の名前はなかった。



そりゃそうだよね。

そんなに甘くない。



でも。

読み進めた先に。

名前が在った。

私の名前。


「入賞」ってとこに。
数人の名前が在って
そこに私が居た。



嬉しかった。
物凄く嬉しかった。


開催期間後に賞状が届いた。


数年後に
改名しようと決めて居る

新しい姓名の入った
賞状が届いた。



短大の卒業以来
賞状を貰った事はなかった。


初めて

“勝ち取った”と思えた
賞状だった。



その後も
色々なコンテストに参加した。


その都度

“入賞”だったり

来場者の人気投票で賞を頂いたりは
出来ていたけれど


どうしても1番にはなれなかった。



初めて賞を取ったビアカップのコンテストには
その後も参加を続けた。


3回目にして
銀賞を受賞出来た。


次を目指したかったが
スポンサーの関係で
このコンテストは無くなってしまった。



でも
銀賞を受賞出来た事は大きかった。


私の作るビアカップは
それまでよりも高い値段を付けて
店に並べて貰えるようになった。



こうして積み重ねるしかないんだなと
とても思った。



頭の中には
いつもうつわが在った。


歌えない悲しみの穴に
無理矢理ねじ込んだ。


でも穴は埋まらなかった。


そこだけは
やはり空洞のままだった。


だけど
それなりに
そこそこは満ちた。


それ位に
うつわにのめり込んだ。





この時
我が家には3匹の猫が居た。


独身の頃から
私が飼って居た猫たち。


3匹で
よく走り回って居た。



テレビの上を取り合ったり 
私の膝を取り合ったり


こたつは
3匹が入れば人の足はすみっこ。



私には
大事な大事な家族だった。

可愛くてたまらなかった。



この頃

その中の
1匹の様子がおかしい事に気付き
気になって居た。


猫用のトイレの砂。
おしっこの固まりが大きくなっている。

尿量がとても増えて居る。

嫌な予感がした。


怖くて
すぐには病院に連れて行けなかった。

しばらく様子を見たが
どんどん酷くなる。


食欲も旺盛で
元気いっぱいなんだけど
尿量は増えてゆく。


動物病院への通院を
しなくてはいけないと感じた。




続きはまた。











時々連絡を下さる人が居る。

私より10歳近く年上の女性。


私の周りは
年上の方が多い。


プライベートでも
仕事でも

お繋がり頂くのは

昔から
年上の方がとても多い。


9割程は
自分より歳の上の方々だ。



その方も
仲良くして下さっていて
時々食事に入ったりする。

とても大好きな人のひとりだ。



でも
時々

歯車が酷く噛みあわないと言うか

言葉のやり取りが
私には
とてもモヤモヤして

疲れて終わる時が在る。



先日連絡を頂いた際に
それがなぜなのか

自分の中で理解出来た。



会話の入り口は

私の体調や心境を
気に掛けて連絡を下さったような内容。



このブログを知らない人だから

私は

近況と
現在の体調を
まず簡単に伝えた。


“そうか。大変やったね。”

そんな言葉が返ってきて。


そこから繋がってゆく会話が
私をとても疲れさせた。




“ 私も○○が悪いけど 頑張ってるんよ ”


“ 私だって毎日いろいろあるんやで ”


“ こんなんでね・・・”

“ あんなんでね・・・”

“ この前なんかはね・・・”




あぁ・・。

この人は

私の近況や心情を
聞いてあげたいんじゃないんだよね。


自分が言いたくて
連絡してきたんだよね。



結局
私は聞き役に徹して
疲れて終わる。


相手にそれを言えないから
イライラもしてくる。


でもね。

年上の方に文句を言うのは
ちょっと考えてしまうし。


言えないまま過ぎて
またいつか同じ事を繰り返す。



もう余り
この人には
自分の事を話さないでおこうと思った。


それが正しいのか
間違ってるのか

わからないけど。




いつも必ず訪問する場所が在る。

記事の更新に関係なく

言葉に
文字に
触れに訪れる場所がいくつか在る。



そこで
ある女性が
“魂の家族”について書かれていた記事を
少し前に読ませて頂いた時に

胸の真ん中に
ぐぐぐぅーっと湧き上がる感情が
自分の中に在って。



私は
私が
自分の“魂の家族”だと感じる人たちを
選んで大切にしたいと

改めて思った。


それが
私なりの
人間関係の断捨離のように
今は思うなって。


今の私には
それが必要だなって。
そう思った。


それ以外を
粗末に扱う訳ではなくて。


自分でちゃんと見分けがつけば
振り分ける部屋が決まる。



それが出来れば

きっと
今よりも

人と関わる事に疲れなくなる。


そんな気がしてる。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。