❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏在は自己否定に消されぬように。(転居後前半・45)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





昨日。

郵便局へ行った帰り道。


少し遠回りして歩いた。

歩道橋に上った。



歩道橋は好きだ。


幼少期を名古屋市で過ごしていた頃は
いつも利用して居た。

国道1号線にかかる歩道橋を
一生懸命上った。





歩道橋から見下ろすこの街に
移り住んで10年近くになる。


越してきた後すぐに
大きな店が出来た以外は


この景色は
ほとんど変わっていない。



いつもはもっと車が沢山走っているのに
今日は少なくて

道に貼り付く白線がよく見えた。



ここはほとんど変わらないのに


私の毎日は


大きく変わった今年。














2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズが熟れて在る程に。」 (2014.9.13)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「理解されない生き急ぐ理由。」(転居後前半・43) (2014.9.15)】

【「背を合わせた裏切りは繰り返すから。」(転居後前半・44) (2014.9.17)】




続きを書いておくね。






教室に対して
持ってしまった不信感は
日々育っていった。



教室に行く度に

新しい
技法や装飾のメニューが増えて居て

料金の追加で
それらも学べるような宣伝がされているけれど


それらは
少し前に
私が
講師に問われ教えたものばかり。



私は何も言われていない。

とても気分が悪かった。

一言
声を掛けていてくれて居たならば
こんな感情は持たなかっただろうに。



特許が在るような物では無いが

それでも

汚いなって
ずるいなって

ものすごく思った。


教室に行く事が嫌になった。



でも
教室に行って頼まなければ
うつわが作れない。

店に納品が出来ない。




私は窯の購入を考えた。


家庭でも使える窯も
色々と販売されている。

資料を取り寄せて
あちこち調べ始めた。



小さな物ならば
10万程で手に入る。


しかし
それじゃ数が焼けない。

飯椀を
2つも入れたらいっぱいだ。

そんなんじゃ役に立たない。



家庭用電源で扱える最大の物を探した。



どれもとても値段が高い。


一度買えば
一生使える訳ではない。

メンテナンスを続けなければいけないし
その都度大きな費用がかかる。



とても悩んだが
主人に相談すれば
彼はひとつも反対はしなかった。

有難かった。




とても気になって居た窯は
東京に
ひとつだけ在る会社の物。


そこでは
搬送費を負担すれば

窯を10日程貸し出してくれて
実際に体験する事が出来る。


申し込んでみた。


窯詰めや焼成温度について
復習を繰り返しながら待った。




数日後
東京から
40kgの大きな箱がやって来た。


搬送業者に
2階の作業部屋まで運んで貰い
箱を開けた。


縦横高さと
60センチ程の四角い箱。



これが窯かぁ…。。

これが在れば焼けるんだ…





翌日

早速
用意して居たうつわを窯に入れ
素焼きを試した。


付属の説明書を見ながら
スイッチを入れると
ブーンと音がした。

怖いと思った。



ゆっくりと
ゆくりと
時間をかけて温度を上げてゆく。

1時間以上をかけて
100度まで上げては
1時間寝かし

また
1時間程かけて
200度まであげては寝かし。


400度まで繰り返した後
700度まで上げる。


賃貸マンションの小さな1室に
こんな高温の物を置いて
その横に居る私。

とても怖かった。


途中で不安になり
会社に電話をした。

担当者が
とても丁寧に説明をしてくれた。
少し安心した。



700度に達したら
電源を落として

開けられるのは
24時間後位だそうだ。


早く開けたくてうずうずした。

早く中が見たい。
待ちわびた。



窯の温度が100度を切る程に下がった頃
蓋をあけた。


ちゃんと出来て居た。


軍手をして
ひとつづつ板の上に取り上げる。


急激な温度変化に割れないように
うつわはまず
基本的に板の上に置かれる。

順番に取り出して並べた。



うれしくてたまらなかった。

直ぐに絵付けや釉掛けをした。

一晩乾かして
いよいよ本焼き。


朝から窯詰めをして電源を入れた。



今度は
1225~1230度位まで
一気に温度を上げてゆく。


一気に
と言っても
何時間もかかる。


怖くてずっと横で見てた。



変な音が聞こえた気がして
また会社に電話をした。

担当者は
そこでもきちんと対応してくれた。




温度が800度程になると
窯が膨張して
平らな面が丸く盛り上がる。

爆発するんじゃないかと思った。


部屋の中はサウナのようで
汗がたらたら流れ落ちる。



1225度まで上がったら
25度ずつ温度を下げながら
寝かす繰り返し。

1175度まで下げたら
電源を落として待つ。



今度は温度が高いから
下がるまでには時間がかかる。

早く開けたくてたまらなかった。




やっと温度が下がり
窯を開けた。


覗いたら
うつわが居た。

ちゃんと居た。


数日前までは土だったのに。
陶器になってた。




感動した。
とても感動した。

高温の中で
土が生まれ変わる事にも

自分で出来た事にも。


感動した。



10日間存分に窯を使い
返却と同時に
その会社の窯の購入を決めた。

教室の退会と

独立を決めた。





歌が歌えなくなってしまった事も
親の事も

自分が
摂食障害と
自傷を

抱えたままで在る事も


創作中だけは
全部忘れられた。





私は

我がままだから


何かないと生きて在れない。


自分には「これが在る」と
     「これが出来る」と


思えるものを持って居ないと
生きて在れない。



大きな自己否定に死にたくなる。


自分が
ダメな生き物に思えて嫌いになる。


人前で話す事まで
怖くなる。


自信が
全てに持てなくなる。




それは今も変わらない。


うつわで在ったり
歌で在ったり
記事で在ったり


私が
私に対して
私でなければならないと思えるものを
持って居なければ

自分の存在を認めて居られない。


自分には
何の価値も無いように思える。


私でなくても良いものよりも
私でなくてはならないものを


常に求めて
しがみついて居る生き方は


昔から変わらない。




当時
陶芸に出会えて居なければ
私は
大きくバランスを崩して居ただろうと思う。




続きはまた。











ずっと。

ずっと。

とてもとても

辛かった体。

辛かった心。




休めない環境。


静けさを探し求める程に
乱されて
休ませては貰えない関わり。



自由を求めるならば
それは命の終わりを意味し

愛しいものを守るならば
身動きの取れぬ状況を背負うしか無い。



身近な者に程
苦痛は伝わらない。


とても軽く受け止められて
大袈裟なキャラクターにされてゆく。

勝手に作られた
イメージだけで判断される。





歌う事から離れた。

仕事も出来ない体調の中
治療の日々は苦痛でしかなかった。



でも
やっとそこで

私は
1~2ヶ月程の期間


心の限界を超えた我慢をし続ける事も

体の限界を超えて酷使続ける事も

放棄して
過ごせて在ったように思う。



とても苦しかったけれど
最近になりそう思う。


やっと

自分だけの部屋にこもり
自分の心に耳を傾けて
静かに過ごして居られた時間

だったのかなって。



9月になり
やっと少しづつ
仕事は出来るようになってきている中で

動ける喜びを感じながら


改めて
心のケアを意識して
過ごすように心掛けて居る。




まだ人と多くは関わらない。

依存や寄生をされて

必死になって手に入れてきたものを
あっさりと奪われて

人の言動に背負わされ乱される


そんな繋がりは
もう要らないと考えるけれど


まだ
その区切りの見分けが付かないから
多くは関わらない。



自分の心が
抵抗無く求めている人としか
関わらない。


今は
まだそれで良いと思って居る。

もう繰り返しは嫌だから。




どこまでが 

“私は間違って居ない”と
“自分の考えが正しい”と

思えるもので


どこまでが

我慢すべき事であり
受け止めるべき事なのか


ひとつづつ
良く考えて振り分けてゆこうと思う。




痛みが不信や
苛立ちに成長してしまう前に

気持ちを
言葉にして伝える速さも
身に着ける努力も少しづつ重ねたい。



大抵は
言わなきゃわからない。


相手の立場に立って
思える人なんて
きっととても少ない。


その場の

「楽」に

流れたがるのが人かも知れない。



言っても伝わらない事が
こんなにも多いのかと

日々
記事を書きながら思うのだから。








夜には虫の声が聞こえる。

もうすっかり秋だ。


看取って直ぐに
切った髪が伸びてきた。

もうしばらくは切らない。
また伸ばしてゆこうと思う。

今は中途半端で
はねて扱い辛いけど
伸ばそうと思う。




2ヶ月。
歌の練習をして居ない。


最近は
小さな声で
鼻歌は時々歌う。


もう少ししたら
少しづつ
練習をしてみようかと

考えて居る。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。