❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理解されない生き急ぐ理由。(転居後前半・43)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





昨日は
沢山空を見上げた。


世の中は日曜日。


お天気は晴れ。



朝から
作業部屋の窓際にある
電動ろくろに座って成形をしてた。



ひとつ進めては少し休憩。

副作用で
腎機能が低下していて

浮腫みが物凄く酷くて
顔もまん丸で
目もぱんぱんで。


まだまだひとつづつ。



少し前までは

トイレに立つ以外は
6時間とか座りっぱなしで作ったり

休憩しながら
16時間とか作業してたり


そんなのが当たり前だったけど

体はもうそこまで動かせない。



5年間
毎年夏に1ヶ月
うつわ展を開催して居た頃は

眠る時間もなく
制作を続けたりもしたけれど


そのうつわ展も2年前で休止した。



ろくろに座って
何度も窓の外を見た。


青い空。
白い雲。


この世にはこんなにも美しい物が在るんだよ。




夕方にはひとつ納品が在った。

敬老の日の贈り物。


工房に在る物の中から
ペアのお湯呑みを選んで頂いたので
ラッピングしてお渡しした。



帰り道も
何度も空を見た。


風が心地よかった。


木や花や草。


いろんな物に目を止めた。



この世の中には
こんなにも美しい物が沢山沢山あるんだよ。



そしてふと思う。

その美しい物を
私は
ふたつの命から
奪ってまで
今に在る事を。





少し体が楽になるだけで

心の目が
見ようとする景色が変わる。


現実は切羽詰まって居る。


いろんな出来事を抱え
背負い
頭を抱えたままで在る。



それでも

一歩も外に出られない状況から解放されると


それだけで
少し救われる。

仕事が出来る。

それだけでも

気の持ち様が大きく変わる。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズが熟れて在る程に。」 (2014.9.12)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「関われば切りたくて吐きたくて。」(転居後前半・40) (2014.9.6)】

【「吐けぬなら飲み込めず焼き切ってしまうから。」(転居後前半・41) (2014.9.10)】

【「偏在でも価値を得たくて。」(転居後前半・42) (2014.9.11)】





今日は
続きを少し書いておくね。





たかが主婦の趣味の域を超えたい。
とても思った。
陶芸を仕事にしたい。



これだけで
生計を立てられる程にはなれなくても

せめて
パートの代わりになる位の収入を
得られるようになりたい。



通って居た教室の
専門コースもあと少しになった。

これからどうするのか
とても考えた。


うつわのコンテストは
各地で開催されている。

そこでひとつでも
賞を取ろう。
認めて貰おう。



専門コースを終了したら
コンテストに向けての
創作に取り組む事を心に決めた。


陶芸にとてものめり込んで居た。


何かに打ち込める事で
心のバランスは
大きくは崩れる事なく
居られたように思う。



摂食障害の嘔吐も
自傷も
数はとても減って居た。

それどころではない程に
うつわの事でいっぱいだった。





フリーマーケットでの販売は
続けていた。


屋号が在る方が
説得力が在るように感じて考えた。



自分が大好きな「月」と

数年後には
家裁に申し立てて
変えようと思って居る自分の名に

使うと決めて居る字

「陽」を
組み合わせた。



「月陽」と書いて
「つきあかり」と読む。


フリーマーケットでは
「作陶や“月陽-つきあかり-”」として
出店するようになった。



けれど楽ではなかった。

体への負担は大きかった。

紫外線アレルギーが悪化して
長時間の野外での販売が
厳しくなっていった。



私は
うつわの委託販売が出来る店を探した。


いくつか在ったものの
どれも難しかった。
配当がとても少ない所も多い。
あまり少ないと搬送費に消えてしまう。



どこかに出掛けても
うつわが在れば足を止めた。

店に入り話を聞いた。

繰り返し

繰り返し。




ある日。

主人と街中を歩いて居た時に
ショーウンドウが目に留まった。


手作りの
陶器の食器や置物が並んでいた。



直ぐに店に入った。


沢山のうつわが並んでいる。

店員が声を掛けてきた。

うつわの事や
作家さんの事を話し始めた。



私は
自分も陶芸をしている事
フリーマーケットでの
販売をしている事を伝えた。


そして
ここに置いて貰うには
どうすれば良いのか尋ねた。



一度作品を見せて欲しいとの事。

翌日から
早速

その為のうつわ作りを始めた。





通院を続けながら

家に帰れば3匹の猫が居て

私は
家事をしてパートに行き
教室に通い
自宅でも作陶をして

月に1、2度程は
友人と約束をして
遅くまで出掛ける事も
出来るようになって。


摂食障害や
自傷や

父の事

痛む出来事は
なくなりはしないけれど


これまでの人生を振り返れば
毎日は
最も穏やかで在っただろう。



いつも
足りない気持ちは
消えはしなかったけれど

怯える想いは
随分と
少なくなって居たのかも知れない。



だけどいつも迷う。


このままじゃ
いけないように思う。


現状を
心底は信じて居ない。



日々
何よりも痛むのは

もう歌が歌えない

と言う事。


でも
歌えないからこそ
当時の生活の中に居る事を
選んだのだろうと今は思う。



私には帰る場所が無い。
他に行く所が無い。
それはとても大きかったと思う。




続きはまた。










10代
20代の頃は


早く死にたくて
生き急いだ。

とにかく
無理をし続けて生きた。



30になり
私の環境は大きく変わった。


結婚や
家族の自死

ホステスだった私は
専業主婦にもなり

支払いに追われる事も無くなり
習い事にも行け
治療も受けられ

昼間のパート業務に就いたり


30代の前半は
がらりと変化した環境の中で


“死んではいけない”と
強く考えるようになり
暮らしてきた。



けれど
自分の持病についても
きちんと知って

思った。


「生きて在る内に。」

「今の内に。」



特に
音楽に関しては
とても強くそう思ってきた。


この体が
歌声を出せる内に。


ステージで
立って歌える内に。


今の内に。

まだ

体が動けるうちに。




だから

CDも
とても焦って制作をした。


その都度
大きな無理をして
必死になって生み出した。


歌える今の内に。

これは私の歌だと
証明しておきたかった。




周りの人には
よくからかわれた。


とても良く知る
親しい身近な人達にね。



「今の内とか言いながら元気やんか」って。


「何が“まだ歌える内に”やねん」って。



からかいや
毒舌や悪口が多くて

それが嫌になって
よく行ってた店に
行かなくなったりもした。



誰に言われても
悪気は全く無いから

その都度笑って過ぎたけれど

いつも
傷付いて居たし
苛立ちも在った。



今直ぐにそうなるのではなくて
近い未来にはそうなってゆくだろうから

 “今の内”って

頑張ってるのに


毎日は
大きな危機感の中に在るのに


そんな危機感を感じずに
今日を生きてる人は


平気で
からかって
笑う。


いつも傷付いて居た。




でも。

さすがに最近は
そう言う事を言う人が

すごく減った。


こうなってやっと。

ここまで壊れてやっと。


言われる事が減った。



心に
あちこち傷を作って

やっと
言われる事が減った。




別に

優しくしてくれって
言ってる訳でも

常に
「大丈夫?」って
いたわって欲しい訳でも無くて。



でも

やっと今なんやって

思うと空しい時があるね。






人はそれぞれ。

体も
心も
想いもそれぞれ。



けど

とても思うようになったのは


一生懸命に
何かに向かって居る人を


冗談でも
からかわない方が
良いんじゃないかなって事。



そこには
どんなに重大な
真実が隠れて在るか

わからないのだから


安易に
からかわない方が良いと思う。


感じ方は自由だけれどね。






昨日の納品でお会いした女性は
私より10歳年上。


娘さんが高校生となり
ずっとやりたいと思って居た事を
やっと始めた。


彼女は
家事と子育てをしながら
子供が高校生になったら始めようと
ずっと
こつこつと
その準備をしてきた。



やっとその時が来て
それを始めるに当たり

家族は反対をしなかったそうだ。

でも
頻繁にからかわれると話して居た。



ご主人や娘さんが笑うらしい。

勿論
悪気はなく
冗談なのだけれど。

それがとても辛いと言う。



そんな話を聞きながら

自分の体験とも繋がって


昨夜は
とても
そんな気持ちになっていた。






※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。