❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キズが熟れて在る程に。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・




昨夜の夢の中。


母親が出て来た。


私が
10代の頃の母親。


あの

抑圧と矛盾で
私を束縛した母親。



私の目を盗み
私の鞄をひっくり返して
何かを探してる。



自分にそっくりの娘の行動が
自分の言いなりに行われてはいないだろう証拠を
絶対に見付けてやろうとしてる。




“なぜそんなに疑うのか”と
母に尋ねる私は
現在の私。



もう
貴女に怯えて起こす言動は
私にはひとつも無く

貴女の顔色に怯えて
隠す言動も
ひとつも無い事を


今の私が
あの頃の母に言う。



それでも
女は私を信じて居ない。


何度言っても繰り返す。


私の鞄を開け

財布を覗き

クローゼットの中まで隈なく調べてる。



またか…と思う。


私は
そこで
とても呆れて居るが

苛立っては居ない。


知られて困る事が
もう無いから。



何を知られても
もう関係が無いから。



怯えて生きて居た私では
もう無いから。



目くじらを立てて
あちこちを調べまくる母親を

哀れに感じてた。





あの女性は
生きてるんだろうか。

どんな顔をしてるんだろう。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「死にたくて自傷するのではなくて。」 (2014.9.4)】

【「壊れる頭で彷徨えば。」(2014.9.7)】

【「骨と暮らして明日を見て。」(2014.9.9)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「関われば切りたくて吐きたくて。」(転居後前半・40) (2014.9.6)】

【「吐けぬなら飲み込めず焼き切ってしまうから。」(転居後前半・41) (2014.9.10)】

【「偏在でも価値を得たくて。」(転居後前半・42) (2014.9.11)】




今日は過程の続きではなくて
寄り道の記事ね。





昨日買ってきた小さな鉢植え。

可愛いなぁ。。
暖色系の集まりを見てると
気分が良い。




世の中は連休。

やっと
少しづつ動けるようになってきた私は

必死こいて仕事をしてる。

遅れを取り戻す為に
一生懸命仕事をしてる。



まだまだ本調子では無いけれど

余りにも苦しかった
先月を思い起こせば
天と地程違うように感じられる。



動けない状態は辛い。


24時間の苦しみが
連日で繋がってゆく毎日は

物凄く辛い。



不安や焦りが
寂しさを更に太らせて
痛くてたまらない。

常に苛立ちを抱えてしまう。


その苛立ちは
自分の現状に向けた感情で在るのだけれど

動ける人への
羨みとも

結びついてゆく。


益々疲れる。



体が動かせると
少し心も軽くなる。

楽になる。



病院までの道のりも

風を感じたり
空を見上げたり

人の家の玄関先に植えられた花を見て
帰りには
花屋に立ち寄ったり出来る。



そういう小さな事が
自然に出来る状態になると

心の棘が抜けてゆく。

穏やかな方向へと
思考が傾いてゆく。



穏やかで在れぬ事は
とても苦しい。

とてもとても苦しい。

きっと何よりも苦しい。



どんな時で在っても
必ずどこかに

この
穏やかさを

持って居られたら良いのだけれど

それは難しい。



心にも体にも

もう
どうしようも出来ない程の苦痛が

大きく押し寄せ乗りかかり
押し潰されてしまう時が在る。



今日
生きて在る事にも
頭を抱えるような時に

まだ
ひとつも
それらを処理出来て居ない状態で

本当に穏やかになんて
居られない。





4月の末以来
どんどん失われながら

全て失って夏が過ぎ

やっとまた
少し戻って来た
穏やかな気持ちと時間。


仕事の事も
体の事も
歌の事も

まだまだ
これから悩んで
考えて
決めてゆかなければいけない。


その時々の自分の
心と体を大切に
必要以上の我慢を拒否して
ケアしながら

次のステージを決める想いを
取り戻せたらと願う。










私は
こうして
今日も記事を書いて居る。


ここには

日々の想いや

摂食障害と自傷の中で
生きた私の

足跡が記されて在る。



「おふぃしゃるさいと。」も
しばらく編集をしていないし

YouTubeの更新もまだ出来て居ない。

ミクシィも随分と放置している。

Facebookも全くの放置状態だから
年内を目処に
一度退会しようかと考えて居る。


今の体と心では
全てを管理できない。



仕事関係のホームページも
未来には持ちたいと考えたりしながら


今は多くをこなせないから

整理しなくてはいけないなと
考えて居る。




でも。

このブログだけは
更新を続けてる。


ここは
今の私にとって
とても重要で
大切な場所であり

ここには
どの私よりも正直な私が

今は居る。



人の顔色伺って
思ってもいない事を書いた事も在る。

本当はすごく傷付いてるのに
もう嫌なのに
嘘なのに

誰かを誉めたり
感謝を述べたりした事も

数年前までには在る。



でも
今は正直だと思う。

良くも悪くも。
正直だ。



日々の苦痛も
ここには吐き出す。


不満も
苛立ちも
羨みも。





読んで下さってる人たちは
私の知る人も
知らない人も居て。


中には
メッセージを下さる人も居る。



コメント欄も設置を止めたから 
ご意見はメッセージで頂く事になる。


コメントと違って
他者からは見えない分

深い事もあれば

感情剥き出しな事もある。




時々言われる事が在る。


「辛いのは貴女だけではない。皆辛いんだ。」

みたいな言葉。


これだけを聞けば
賛同の意見にも聞こえる。



でも
全文を読むとそうではない。


「辛いのは貴女だけではないのに
 自分だけが辛いと思っているようで不快だ。」

というような事を
言いたい内容。



そして


「私だって仕事も大変だし
 家族の事も考えなくてはいけないし辛いのに…」

という

訴えになる。



「私だって辛いのに
 貴女は自分が辛い事ばかり言い過ぎている。」

という

お叱りとなる。




その人が
とても
悩んだり苦しんだりしている事は
わかる。


それを
多分

言える人も
場所も

無いのではないのかなと思う。


だから
こうして書いて居る私に
腹が立つのかも知れない。



ここを読んで
何を思うのかは自由だ。
でもそういうのは迷惑。



ここは
私が
私の事を書いて発信する場所で


私は
それをする為に
大きな労力を注ぎ
努力を重ねて居る。


嫌なら
読まなければ良いのだと思う。




こういう事は
知らない人だけでなく
実際に知って居る人にも
言われる事が在る。

やるせなくなる。





人は皆
何かしら抱えてる。


歳をとる程に
その肩には

人や
仕事や家族

いろんな荷物が乗って来る。



私は
こうして言葉にし
文字にしながら


自分の荷物を整理してゆくやり方を
選んで居る。




家族にも
友達にも


私は
基本的には

リアルな悩みをほとんど言わない。


目一杯
熟れて痛む
リアルな苦痛を


ぶつけたり
押し付けたり
頼ったりは


しないように心掛けている。

(ギタリストさんには少し愚痴を言うけど。。)



自分がそれをされると

嫌だから。


必要以上に

依存されたり
寄生される事を

物凄く嫌うから。



だから
悩みや苦痛は
知り合いに
直接ぶつけるのではなく


こうして言葉にしながら
自分で考えて
道をさがしてく。



ここには
そんな過程も記して居る。

自分のイキザマだから。



人それぞれに
それぞれの消化方法が
確立して在れば


無駄な苛立ちは
無くなるんだろうになって

とても思う。





先日。
ギタリストさんが届けてくれた花。


桃色のブロッコリーみたいだ。

好きな色。




少し前に頂いた
奈良漬けがすごく美味しくて

今までに食べた奈良漬けとは
比べ物にならないくらい美味しくて

彼にも食べて貰った。


因みに
彼はアルコールが飲めない。


カラオケボックスで練習する時も
カフェオレかコーヒーか。
たまにメロンソーダとか(笑)


でも
奈良漬けは食べられるとの事で

渡したら
翌日早速頂いて


酔っぱらったらしい。


すごく美味しくて
ついつい手が伸びて
夕方頃までほろ酔いだったんだって。

羨ましい。。







昨日
魔法の土に種を植えた。


先月
大切な方々に送った
残暑見舞いと同じ物を


同じ花を育てられるように
自分にも置いていて。



今年は
秋の訪れが早く感じるから

昨日種を植えた。


咲かせられるかな…


大切な人達の花も
私の花も


ちゃんと咲いてくれたらいいな。






※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。