❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吐けぬなら飲み込めず焼き切ってしまうから。(転居後前半・41)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





昨夜

ギタリストさんが届けてくれた差し入れ。



今朝頂いた。


体にも
心にも
パワーを頂いて

今日も
少しづつ頑張って過ごした。



8月から
治療を始めて以来

働けない状態が長かったから
仕事はまだ遅れている。


こつこつ頑張っているが

まだ
一度に多くの事が出来ない。



でも

今日は
8月からの日々の中で
一番長い時間を
ろくろの前に座って居られた。



作陶作業をしながら

昨夜見た夢を
整理しようと思ったが


作り始めると

そのうつわを使って頂ける景色を
いろいろと想像して
土を立ち上げてゆくから


夢の事なんか忘れてて
無理だった。




昨夜も
いくつかの夢を見てた。

その中のひとつで
どうやら私は
とても苛立って居た。


自分が
ベッドの横の壁を
実際に何度も蹴飛ばして

その度に目が覚めた。


かなり攻撃的になって居た。


一体
何にそんなに苛立ってたんだろう・・。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「死にたくて自傷するのではなくて。」 (2014.9.4)】

【「壊れる頭で彷徨えば。」(2014.9.7)】

【「骨と暮らして明日を見て。」(2014.9.9)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「関われば切りたくて吐きたくて。」(転居後前半・40) (2014.9.6)】




続きを少し書くね。








父との関係を
何とかして修復しよう。

そうした方がきっと良い。

このままではいけない。



本気でそう思ってた。

だから関わる事を始めた。


でも。

関わる程に
私は

心も体も
ボロボロに擦り切れてゆくようだった。


会う回数が増す程に
父が嫌になってゆく。

その血を引く自分も
嫌になってゆく。



それでも頑張った。

頑張らなくては
いけないと思ってた。

常に我慢した。

どこまでも我慢した。

もう
嫌で嫌で仕方なくても

ただただ我慢した。


我慢は
しなくてはいけないものだと

叩き込まれた思考は

言い返したい言葉を
全て飲み込んだ。


無理矢理飲み込む想いは
ひとつも消化されずに

父と会った後は

必ず
追嘔吐し

夜な夜な
腕を焼いた。





ある日
また父が突然やってきた。

午後12時を過ぎた頃。

その日はパートは無い日だった。




父は

我が家に来る時は
必ず電話をしてくる。

その時は

私によく

「何もしなくても良い」

などと言う。



食事の用意等
特別に何もしなくても良いと
言ってはくれる。



しかし
家に入るなり

決まって言う。

「朝から何も食べてないんだ。」



結局
私は食事の用意をする。



その日もそうだった。

入って来るなり

「朝から食べてない。」

と言う。



私は
冷蔵庫を覗いて
焼きそばを作って出した。

一緒に食べようかと
少しだけ
自分の分も皿に盛り
父の横に座った。



一口
口に入れた途端に
吐きそうな気持ち悪さに襲われた。

食べている父を見ながら

ただただ
とても気持ち悪くて


席を立ち
洗面所でうがいをし

その後は

父の隣には戻らずに
キッチンに居た。



父が帰った後
嘔吐しようと思い
何か食べようとしたが

もう

食べ物を
口に詰め込み
飲み込む事も苦しくなった。




私は食べなくなった。



主人と共にする食事は
夕食だけだったから

その時だけは
ほんの少し


例えば
6Pチーズをひとつとかだけ
口にして
アルコールを飲んだ。


それ以外は食べなくなった。

当たり前に急激に体重は落ちた。






陶芸は
とても真剣に学んで居た。


専門コースも休まずに通った。

土に向かう時間は
嫌な事を全部忘れた。



父の事も

摂食障害も
自傷も

もう歌が歌えない事も。

全部
考えずに居られた。



でも
ろくろの前に座って
創作をして居られるのは
教室に通っている時だけだ。



私は
自宅に電動ろくろを買う事にした。


これで
自宅でも創作が出来る。

全てを忘れる時間が持てる。


パートが無い日は
創作にのめり込んだ。


思い付くままに

次々とう
つわを作っては

授業の在る日に教室に運び
焼成は教室にお願いをして居た。


教室では
うつわの重さによって
決まった焼成代金を支払えば
どんな物でも焼いてくれた。



焼き上がっては
持ち帰り

そのうつわに

料理を盛る。



自分の作ったうつわに
盛る料理を作る作業は

嘔吐を繰り返し
拒食になり始めて居た私の

食への考えを少し変えた。



教室の昼休憩も
他の生徒と共に
昼食に出掛けるようになれた。



必死になって
うつわを作った。


でも

不意に

それも空しく思えた。


こんな事してて一体何になるの?


私は
一体何がしたいんだろう?




続きは次回。





通院帰り

道をひとつ

遠回りした。



中学校の横を通った。

校庭がよく見える。



時刻はお昼休み。


沢山の生徒たちが
サッカーやバレーボールをしていて

皆とても楽しそうだった。



しばらく見てた。



この
楽しそうな場所に

私は
いつも入れなかったなって。

昔を思い出した。

中学生の頃。思い出した。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】※7つの記事があります。




私が
隠れて居た
あの非常階段は

今も在るのかな…。


あの

錆びた手すりは

そこに塗り付けた
私の血は

まだ在るのかな…




父よりも
母に

怯えて生きて居たあの頃。



私が

大人を信じなくなった理由は

母でも在り
父でも在ったと思うけれど。



誰よりも
大きなきっかけとなったのは


当時の
保健室の先生だったんだなと

今はとても思うし
とてもわかる。



子供に触れる大人は
間違えてはいけない。


その人生を
狂わす存在が
自分で在るかも知れない事を

忘れてはいけないと思う。







今日は
親しく繋がって下さる女性の
お誕生日。


人は
度々分かれ道に立つ事が在る。


どちらの道を選ぼうか
どの道を選ぶのか考える時に。


人生は自分の物だから。

自分で
自分に問うて

自分の想いに沿うて

選んで良いんだよと


新しいお歳を迎えた彼女にも

今の私にも言ってあげたい。






※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。