❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関われば切りたくて吐きたくて。(転居後前半・40)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





昨日。

ギタリストさんが届けてくれた花。



こうして
いつも

骨壺に飾る花や
差し入れを
届けてくれるおかげで

彼との交流は

きっと
続いて居るんだと思う。



もう
1ヶ月と2週間

彼と共に
何かをする事もして居ない。

練習も勿論して居ない。




スーパーに寄ったりして
何か見付けると

今度彼にあげようと
思って買っておく。



通院帰りや
納品などで

すぐそこであっても
外に出られると


見付からない事も多いけど

いつも
必ず
彼へのお土産に
何かないかなと思いながら

歩く。

会えたら渡そうと

いつも思う。



今日辺り
彼が寄ってくれるかも…って

思う時が在る。


そう思う時は

記事をプリントアウトして

見付けた何かと一緒に
ポストに入れておく。



差し入れを
こっそり届けてくれた彼が
見付けたら
持って帰ってくれるんだ。





彼が届けてくれる物には

いつも
彼の描く絵や言葉がくっついてる。



昨日の花には
この子が居た。


ブランコに乗ってるんだと思っていたら。。

縄跳びらしい。。


どおりで。。

裏に
“ぴょんぴょん”って書いてるわ(笑)


彼は
今ダイエット中らしい。


今月は
散歩くらい

一緒に出来たらいいな…。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「摂食障害と自傷を晒した夜に。」 (2014.9.3)】

【「死にたくて自傷するのではなくて。」 (2014.9.4)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「終わりを知らぬままいつか終わるのに。」(転居後前半・38) (2014.9.1)】

【「生きて在るものが欲しくて。」(転居後前半・39) (2014.9.5)】




続きを書こう。






私は

バイトを始め
陶芸教室に通い

規則的な生活は
少しだけ
心を安定させていた。



だからといって

嘔吐や
自傷が

治まる訳ではない。


歌えない事に
傷んで在る事も変わらない。



ふと思った。

私は
一見
普通の主婦に
なってしまったんだなと。


そんな自分は
とても嫌だった。

今の私には
何の肩書も無いんだなと
とても思った。




バイトもそれなりに楽しい。

少し前を思えば
通院は続けて居ても
体もとても生きやすくなった。


陶芸も
真剣に学び

それもとても楽しい。



でも
毎日は
同じ事の繰り返しのように感じた。

それが私には気に入らなかった。




歌いたいのに。

いつも
心のどこかで思ってる。

でも
もう私には歌声が無い。


手術を繰り返して

歌声は出せなくなっても
顔を失う事も無く
声自体を失くす事も無く

恵まれて居るはずなのに
満足感はどこにも無かった。



相変わらず
CDも
箱に入れてしまいこんだまま。

主人が音楽番組を観ていても
チャンネルを変えて貰う。


助手席に座っても
カーステレオの音量を切ってしまう。


音楽に触れないように
気を付けた。



もう歌えないんだ。

いつも考えてしまうんだ。




今の私に出来る事は
何もない気がした。

どれも

私でなくても
誰にでも出来る事で

私でなければならないものが

ひとつも無いと思えた。


それでも
この繰り返しの毎日を
消化するしかなかった。






父は相変わらずだった。


でも
私がパートに行き始めた事で
我が家に遊びにくる回数は
少し減った。


それでも

突然

“今から行くから”と
言い出す事は多々あった。

言い出したら聞かない。



私が

午後からパートがあるから
午前中の内に家事を済ませて
少し体を休めてから
職場に行きたいのに

それを伝えても
行くと言い出したら聞かない。


今日中に
来なくてはいけない理由など

ひとつもない。

ただ
父が来たいだけ。



来れば
家事どころではなくなる。

出勤時間ギリギリまで

父の話し相手をしたり
食事を出したり
持たせる為に作ったり。


私と一緒に家を出て
帰る父を見送り

自転車を急いでこいで
ギリギリ間に合って
息を切らしたまま働く。


もうくたくたで
精神的にも
余裕は根こそぎ奪われた状態。



仕事が終わり
帰宅してから

朝出来なかった家事を済ませれば

湯船につかる体力も
もう残っていない。



働いているのは
たった週3日だけれど

これは
医師とも相談して
今の私の体調を考えて決めた事。


朝から
休憩も出来ず動き続けるような体力は
私には無い。


翌日は
大抵寝込んで終わってしまう。



それでも
父はお構いなしだ。




父宅から我が家まで
渋滞がなければ
車なら高速に乗れば2時間程。



父からの電話が鳴ると
2時間後には現れるんじゃないかと
一気に気持ちが落ちてゆく。






その日もそうだった。


出勤日で

朝からこつこつ家事をして居た。


父から電話があり
今から行くと言う。


今から行くと言われても
父がこっちに着く時間には
私は
家を出て職場に向かっていなくては
遅刻してしまう。


さすがに無理だと断ったが
父は聞き入れない。


理由を聞いて

怒りと
情けなさが吹き出す。





宅急便を送りたいらしい。

野菜か果物を
冷蔵便で友人に送りたいと言う。


それを

わからないからやってくれと言う。




・・・・・・・・・・

そんなもん
コンビニでも行って
店員に聞けば
説明してくれて
そこから送れるだろうに。

2時間掛けて
ここまで来て
私を遅刻させてまで
私にさせる必要は

全く無いだろうが。

・・・・・・・・・・



たかが主婦のパートだと
馬鹿にしてるのかもしれないけど

これも仕事だ。


コンビニは人数が少ない。
代わりが居ない。

私が遅刻をすれば

私の前に入っていて
もう帰れるはずの誰かが
子供の帰宅を気にしながら
私が着くまで残業する事になる。




今日は出来ないと
何度も言う。




父は

“そんなもん
  さっと書いてくれたらいいじゃないか”

と言う。

“すぐ済む事じゃないか” と




・・・・・・・・・・

ならばなぜ自分でしない?

すぐ済む事なら
2時間かけて来る前に

自分でやれよ・・・。

・・・・・・・・・・




人に聞くのは恥ずかしいらしい。


店員に

この人はこんな事も知らないのかと
思われる事が嫌だと言う。



私は
そういう考えしか出来ない男が
自分の父親だと思うと

恥ずかしい。



もう全く話にならない。


イライラが破裂する。


受話器を持つ左手は
酷く汗をかき


右手で
テレビのリモコンを握り

壁に叩き付ける。



“もう行くから”と
電話を切られる。



私は待つしかない。


職場に電話をかけて
少し遅刻してしまう事を詫びる。



父は
私の出勤時間を
30分過ぎた頃

悪気も無い顔でやって来る。



父を連れて
一番近所のコンビニに行き

父の言う住所と名前を書き
荷物を送る。



そして職場に急ぐ。


急いで自転車をこぎながら
涙が出そうになる。



もういやだ。


こんなのもういやだ。



父は
いつも
私の足を引っ張る。

私の足を止める。



その日も
翌日も

心には

大きな苛立ちが
消えぬままあって


嘔吐を繰り返した。


主人が眠るのを待って

腕を焼いた。





いつもそう。

これが

どんなに大きな苛立ちで
大きな悔しさであるか


深い深い
情けない悲しみであるか


誰にも伝わらない。





続きはまた。





治療の薬は
結局半量のまま。


それでも
飲まないよりも
飲み続ける事は大切だから


もうしばらくは
このままで様子を見る。



半量だと

副作用も拒絶反応も
薬で押さえながら服用を続けられる。


仕事も出来る。


まだ
一度に動ける体調ではないけれど

少しづつ
頑張って遅れを取り戻してゆける。



長時間は無理でも

きっと
少し位の外出も
出来るようになれる。


外出出来なくても

自宅でも
寝たきり状態でなければ

仕事は勿論

常に何かをして居られる。



花の世話をしたり

ゆっくり湯船につかったり

友人にメールが出来たり

やりたかった小さな事も
少し出来るようになれるだろう。




そんな時間を持てる
体を保てて

初めて

ちゃんと
心のケアを始められるように思う。


人と関わる事も

考えてゆけるんだと思う。

そんな気がする。






空はどんよりと重たい灰色。

間もなく
大阪は雨が降り出しそうだ。



雨は苦手。


せっかく
少しだけ動けるようになってきてるから

心まで
灰色に釣られないように


ちゃんと捕まえて居よう。







※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。