❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きて在るものが欲しくて。(転居後前半・39)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





短かった夏が過ぎた。


階段を

一段

抜かして上がったような感じで

私には
今年は夏が無かった。


作陶には
最も過酷な8月に
仕事が出来ない体調になってしまったから


今年は
毎年のように
脱水で点滴に通う事も少なく


最も夏らしいだろう頃には

副作用と拒絶反応で
ほとんど寝たきりのような生活だったから



紫外線アレルギーで
いつも塗りまくる日焼け止めも
いつも程使わなかった。



秋を感じながら
お気に入りのベランダを眺める。


たくさんの緑と
小さな花々。


ここを見ていると

私以外にも
生きて在るものが
この家の中に在るんだと

安心する。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「摂食障害と自傷を晒した夜に。」 (2014.9.3)】

【「死にたくて自傷するのではなくて。」 (2014.9.4)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「傷だらけの胸の内。」(転居後前半・37) (2014.8.30)】

【「終わりを知らぬままいつか終わるのに。」(転居後前半・38) (2014.9.1)】



今日は過程の続きを書くね。






結婚して
大阪での暮らしは
3年目に入った。



2年間
いろいろな出来事が在った。


精神科の受診を試みたが
納得出来ず通院をやめたり

家族の自死に直面したり

大人に騙されそうになったり

陶芸を学び始めたり
バンドの解散ライブをしたり

手術を繰り返したり


歌声を失ったり。。



母の存在を消したり

父との交流に
擦り切れていったり…。




そして3年目。

私はバイトを始めた。


大阪で暮らし始めて
初めてのバイトは
コンビニの店員だった。


数年前まで
田舎でスナックのママしてた私は

大阪で
コンビニのパート勤務を始めた。


自給の安さには
ため息が出た。

でも
それが現実なんだと思った。

特別な資格も無い
ひとりの主婦が出来る事の

これが現実なんだろうと思った。



始めは正直あほらしかった。

勤務中は
勿論立ちっぱなしで

接客やら
品出しやら
発注やら
掃除やら

休む事無く動き回る。


お昼のピークが過ぎれば
大きな鍋におでんを作る。

一生懸命働いても
自給は当時700円ちょっと。



あほらしくて仕方なかった。

この

“あほらしい”

と思ってしまう思考を
変えられるまでには
しばらくかかった。



それでも
自分なりに
丁寧に仕事は続けた。



週に3日。

お昼のピークが落ち着く頃から
夕方のピークが始まる頃までの時間が
私の勤務だった。


コンビニは店員が少ない。

基本的に
その時間帯は
パート従業員は2人。


いつも同じ女性と一緒だった。



私の親よりは
少しお若い女性。


必要以上には
自分からは話し掛けない私に

その方はいつも声を掛けて下さった。


まだ近所を余り知らない私に

評判の良い病院を
教えてくれたり

知らなかったスーパーに
一緒に行ってくれたり。

少しづつ話をするようになった。

とても仲良くなった。


私が
風邪をひいて
声を嗄らして出勤した時には

帰り道
苺と牛肉を買って持たせてくれたりした。


エプロンがお好きな方で
私にもよくエプロンを買って下さった。



私は

心の中で
いつも思った。


“こんな女性が
   お母さんだったら良かったな・・・”って。




その方に会うのが嬉しくて
バイトに行くようになった。





陶芸教室では
初心者コースのカリキュラムを終え
自由制作に入っていたが

このまま
ただ作り続けて何になるんだろうかと

疑問に思った。



作っては
仲の良い人たちに
プレゼントしたりしていたけれど

このまま
それを続けてくだけなのかと

自分に問い始めた。



通っていた教室には
本格的に学べる上級者のコースが在った。

これまでの初心者コースは
月に2回
のんびりと遊び感覚で通えたが 

そのコースはそうはいかない。



半年間。
毎週日曜日の朝から晩まで
授業が在る。

月謝も安くはない。


悩んだが
主人は
私のしたい事に反対はしないし

パートの給料で
学費も支払える。


行く事に決めた。




上級者のコースは
私を含め生徒は4人。


最初の授業では
釉薬の成分や
焼成の温度について学んだ後は
ひたすら土を練った。


ただただ
“菊練り”の練習。


私は
まずそこでつまずいた。


他の3人は出来てるのに
私だけ出来ない。




私は生まれつき指が悪い。

小学校に上がる少し前まで
私の親指は
曲がったまま動かなかった。


動くようにはなっても

物を掴む力は
とても乏しいままで

手首も曲がりきらない。


力が無い上に
手首が回らない事で
正確な菊練りが
どうしても出来ない。



みんなが出来るようになった中で

私だけは
しばらく菊練りが出来なかった。


教室で土を買い
持ち帰り
自宅でも練習を続けた。


どうしても
みんなと同じようには出来ない。

手首が回らないから無理だ。


だから

自分なりのやり方を見付けるまで
何度も繰り返し練習した。



私が
とりあえずまともに
土を練られるようになるまでに
3ヶ月程かかった。


私が
菊練りと日々格闘する中

授業は進んでゆく。


初心者コースのように
手ろくろでの成形では無い。

ここでは電動ろくろを使う。



初めて
目の前で
すぐ前で

その動作を見た時には


「うわー・・・」って

声が出た。

感動した。



回るろくろの上で
土が形を変えてゆく。

講師の指先が

次々と
様々な形に土を変えてゆく。


魔法のようだった。



勿論私にはまだ出来ない。

それでも
いつか出来ると信じられた。


体はとてもきつかった。
でも休まずに通った。


土に触れ
創作にのめり込む時間は楽だった。

いろんな事を忘れた。


嘔吐も
リストカットも
アームカットも。

父の事も。


歌が歌えない事も。


全部忘れて居られた。




続きはまた。










昨日の通院で

やはり
薬を増やせない事が決まり

しばらくは
半量で様子を見て

今後を考える事となった。


今日は

副作用も
拒絶反応も

少しづつ治まってきていて

動くのが昨日よりも楽だ。


朝から
少しづつ仕事が出来て居る。

有難い。


体が動けると
心も少し頑張れる。





今日

荷物が届いた。


差出人のお名前を見て
びっくりした。


その方は
とてもお疲れなのに
とてもとてもお忙しいのに

私に
贈り物を送って下さった。


うれしいやら
申し訳ないやら
有難いやら。


メールをしようかと思ったけれど

お忙しい中で
お返事を気に掛けさせてしまう気がしたりして

今考えて居る。



箱を開けたら良いにおい。。





いつもは
お昼ご飯をきちんと食べないんだけど

今日はいただこうと思った。



お気に入りのベランダが
見える所に座って

ゆっくりと大事に噛み締めた。


ありがとうございます。
大事に大事にいただきます。




原爆ドームの前で
空に放たれる歌声。


「愛してる。愛してる。」

美しい歌声。

鳥肌と
涙が出た歌声。


贈り物を送って下さった方の
歌声を思い出した。








・・・まだ 青い空  まだ 青い海
      終わりを告げるよな真白色
  泣きたかろうに  引き受けた夢
     しゃらしゃら珊瑚  声も上げずに・・・


自分の歌ではないけれど。



今日。

とても久し振りに。



鼻歌を口ずさんだ。






※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。