❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

「 月待 陽 」として始動します!!
   ❤ 2018年5月12日(土)
★tetsu企画・番外編
東梅田【Live Bar B-flat】

18:00オープン / 18:30スタート ・ おひとり様¥1,500+1ドリンク
月待陽は20:10頃~出演します。
21:00~は
プラス1000円でドリンク・フードが付いたうち上げもあるそうです。

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



最後の血になる事を選んで。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



ここ数日


副作用も
拒絶反応も

穏やかに居られている。


しんどくない訳では無いし

全く
副作用が無い訳でも無い。


でも

とても酷い状態が
長く続いて居た頃を思えば


吐き気と
じんましんの無い

この数日は楽だ。


座って居られるから

しばらく出来ていなくて
随分と遅れている仕事も
少しづつ頑張れて居る。



とは言え

日に2回飲んでいる薬は
本来の半量。


治療を
通院で続けてゆく為には

今の倍量の投薬が必要。



もう1週間
今の半量の投薬を続けてから

倍量に変更する。


そうなった時に
今度はどうなるのか

全くわからない。



相変わらず

先の約束は

何も出来ない。





一昨日の火曜日は
少しだけ出掛けた。


吐き気も
じんましんも
出ずに居られたから


久し振りに出掛ける事が出来た。



通院でもなく

体調の悪い事を知り
友人がスーパーへ行く時に
一緒に乗せて行ってくれたり

そういう外出では無く


自分の足で歩いて
電車に乗って出掛けた。



仲良くして下さっている女性が

朝から京都に出掛けた帰りに
大阪に留まるお時間を下さり

お会いする事が出来た。


予定にはしていたものの

私の体調が
今は全く安定して居ないので

当日のお昼まで
はっきりしたお返事も出来ず。


だから

貴重なお時間を
他に何の予定も入れられぬままに
その方は
ずっと待って下さっていた。



待ち合わせは夕方。

その前に
デパ地下で少し買い物をした。


その日お会いする彼女が
ご家族で食べられるお菓子と

小さな元気を送りたい方に
届けたいお菓子を探した。



どれにしようか
いろいろと悩みながら


ウインドウを覗いたり
立ち止まったり
試食をしたり。


お渡しする方々を
思い浮かべて
探してる時間は

とても楽しくて
うれしかった。




彼女と合流し
少し歩いて
居酒屋に入り夕食をとった。


いろんな話をした。

いろんな話を聞いて頂いた。


久し振り。

こんなに
人にお話するのは

久し振りだった。


体の事。
家族の事。
仕事の事。

親の事
友達の事。

月下陽香の事。

いろいろ話した。





2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「叩き込まれた偏在と共に。」 (2014.8.26)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「赤い毒に向けた牙。」(転居後前半・35) (2014.8.24)】




過程の続きは
次回からまた書いてくね。






今朝は涼しくて
何となく
秋を思うよな匂いがした。


8月も
もうあと数日だもんね。



今月は

記事もあまり書けなかったし

とにかく
体も心も辛くてたまらなかった。

苦しくてたまらなかった。



いろんな事を考えた。

歌を休む事を決めて1ヶ月。

このブログについても考えた。



もう少し
過程を綴る記事が現在に近付いたら

今参加している
ランキングの3つのカテゴリー

「自傷・リストカット」
「摂食障害」
「シンガーソングライター」を

考え直そうと思ってる。



過去を綴りながら


私は

私の経験してきた自傷や摂食障害が
どんなもので在ったかも
その都度記してきた。


でも
これからは

どんな自傷か
どんな嘔吐か

説明するような内容では
なくなってくる。


私が経験してきた
人間関係や

その中で
どう今に行き着いたかの過程を

綴る事になる。


そうなると

参加カテゴリーを
変える事を考えた方が
良いように思う。


恐らくは
今参加しているカテゴリーに
望まれる内容では
なくなってくるんだと思う。


だから
数ヶ月前よりも
ランキングも落ちてゆく。


きっとそこでは
もっと
エグいグロいものが
求められるように思う。


でも
私の書く内容は
これからどんどん
そこから離れてゆくと思う。


次の方向を
これからしばらく掛けて
考えてゆくべきかと思って居る。





5月の始めから
設置を止めて居る

コメント欄も

今後どうしてゆこうか考えて居る。


恐らくは
ライブの前後だけ設置して
後は未設置のままでゆくんだろうなと
思って居る。



コメントを頂ける事は
とても有難く思う。
感謝して居る。


でも

時に

それに酷く傷付き
悩まされ

処理する為に
大きな時間を注いでは
体調を悪化させる事を

これまでには繰り返してきた。


もうそんな想いをしたくない。



ここは誰でも読める。
ご訪問は自由だ。

だけど
発言まで自由な場所では無く

ここは
私のブログだから

私が疲れてしまう事を
我慢して続ける必要はないと
やっとそう考える事が
出来始めて居る。





「月下陽香」の私にとっては

この「癒え待ちよすが」も

ステージのひとつ。


歌のステージを休んでる
今の内に
考えるのは良いタイミングに思える。



歌はまだ歌えない。

いつ歌えるかわからない。

歌える人との関わりも
今は極力持っていない。


私の痛みは
恐らく伝わらないから

今は静かに
自分のペースで

歌いたくなる時を待ってる。



もう少し月日が流れたら・・

年内には
ステージに戻りたいとも思うけれど…

今は考えられないし
考えると苦しい。


まだ
少し時間が欲しい。







昨日は
少し動けたから
遅れてる仕事も少し消化出来た。


一昨日買ってきたお菓子を
梱包して
手紙を書いて
京都に送った。

小さな「うれしい」が
どうか増えて欲しいと
とても思った。




そんな事をしながらふと考えた。

「愛」ってなぁに?

どんな色なの?
どんな形?



例えば
私がお菓子を送りたいと思う気持ちは
きっと
私の中に在る
その方への愛の表現。


それをしてる時の私は
とてもしあわせを感じてた。


自分が
「愛」を表現させて頂けるという事は

とてもしあわせで

それが出来る自分の事が
好きだと思える。


相手も
自分も
大好きに想える時間が

そこに在る。


これは
関わってくれる人が居てくれるからこそ
感じ知れる感情だ。





最近まで
私にはわからなかった事が在る。


果たして
自分は

本当に
両親に愛されて居たのだろうか。


都合よく存在しなければならない
生き物でしかなかったのではないか。



自分が
愛されていたのかと考えれば

今は思う。


私は
愛されていなかった訳ではない。


きっと愛されていた。

あの母からも。
父からも。



ただ
それは酷く歪んで居た事は
確かだと思う。


父も母も
大きく不足したまま

それを
自分で埋める努力をせぬまま


いつも誰かのせいにしながら

大きな矛盾を
最も立場の弱い子供に
押し付けて背負わせる事を


愛情の表現だと
勘違いし過ぎて
生きてしまっただけだ。


私はきっと愛されていた。


ただ
その愛が

私の為に注がれたものではなく

両親それぞれに
自分の不足を埋めたい足掻きを

押し付けて居るだけだったのではないか。




今更
それを責める気も無く

私なりに

もう

両親を十分に分析は出来て居るから

私は
両親よりも
大人にはなれて在るのだろうとも思い


やはり私は

子を産み落とさずに
生きて良かったとも

時々思う。


不幸の連鎖は
これで終わりだと思うから。


こんなに苦しい生き方をさせる血は

私の体を流れる
この血で最後に出来る。


私は
両親のように

我が子を
壊れたおもちゃのように
作り上げなくて済んだ人生を

選べたと思おう。





同級生の多くは
子を産み母となった。


その人たちに比べれば
私には
知らない世界や経験がたくさん在る。


親にならなかった私は
結局は
いつまでも

女の子のままで
老いてゆくんだろう。


それでも良いと
本気で思える大人に
そろそろなろう。


なっているつもりでも

時々
持ってる者を見ては
やっぱり揺らぐから

その揺らぎを感じない大人に
そろそろなろう。



私は
私の愛情を

私の選んだ人たちに
注げるように

早く
もう少し元気になりたい。









8月もあと数日。

早く秋が来て欲しい。


置いてきぼりで
痛んでばかりだった夏が

早く過ぎて欲しい。


今年は

そんな気持ちで
夏の終わりを過ごしてる。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
カウンター。
月別アーカイブ。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
検索。