❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叩き込まれた偏在と共に。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





昨日の朝は
前夜にギタリストさんが届けてくれた
パンを頂いた。

雨が降る中
単車で
ポストに届けてくれていた。





夕べも
ギタリストさんは花を届けてくれた。

綺麗な涼しげな色。


骨壺の回りは
少し前程
多くの花は飾られていないが

それでも花を欠かす事はなく


これまでに
彼にはたくさんの花を頂いて


私の毎日に沿うてくれて在る。





1ヶ月。

歌を歌って居ない。


鼻歌すら

口ずさんで居ない。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「召された彼女と繋いだ小指。」 (2014.8.19)】



過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「赤い毒に向けた牙。」(転居後前半・35) (2014.8.24)】



今日は
過程の続きはお休みにする。







この1ヶ月。

通院と
通院帰りにスーパーと花屋へ寄る以外

出掛ける事もなかった。


そんな体調では
全くなかった。



副作用も
拒絶反応も

予想を
遥かに超えて激しく

日々
座って過ごす事にも苦労した。





愛おしい命が
この世から消えるまでの過程

その中で
ずっと

傷付いたまま
疲れ切っていった心は


命を見送ってからは
ぐしゃりと潰れてしまい


傷は
ひとつも癒えぬまま

体も
限界を超え過ぎて


歌も
しばらく休む事を決め

治療を始めたけれど



1日も

楽に過ごせた日は無かった。



仕事も進まない。

うつわひとつに
約2ヶ月を掛けて創作し
納品して
初めて収入を得る私の仕事は

もちろん基本給も無いし
全て自分ひとりで仕切るから

自分が動けなくなれば収入も止まる。

焦りもとても大きかった。






私は

休むのが

物凄く苦手だった。


幼い頃から

両親が
私に叩き込んだ思考は
いくつかあり


それらは全て
私にとって
大きな足枷となり

現在も

私の人生を
どうしても生きづらいものにする。




「我慢しなさい」

「頑張りなさい」

「喜んで苦労しなさい」




どこまでが
すべき我慢で

どこからが
拒否しても良い我慢なのか

未だに
私はよくわからない。


結局
我慢し過ぎて壊れてしまう。


心も
体も

すごくすごく辛くても

我慢して

受け入れて居なきゃいけないと
考えてしまう。


“もうしんどいよ”
“いい加減にしてよ”

そんな声が
心の中で繰り返されている事を

わかっているのに

それを口には出せずに
飲み込んで
いろんな事を背負ってしまう。



我慢をさせている側の人間は
何も気付かない。

私が言わないから気付かない。


私なら

やってくれるとか
聞いてくれるとか

受け入れてくれる
許してくれる

とか

悪気なく捉えてる。


その一言に

私が
見えない所で
どんなに苦労をして取り繕ってるか

想像もしてない。


私が
ひとりで背負って我慢してる時間を

背負わした人は
遊びに行ったり
テレビ観たりして
楽しく過ごしてたりする。



そういうのは
もう嫌なのに

どこまでが
「我慢」ってものの正しい枠なのか

わからない。





頑張らなければいけないと
思ってしまう。

さぼってはいけないと
思ってしまう。


頑張って居なければ
認めて貰えないように
思って仕方ない。


頑張って
頑張って

もう頑張れない位
頑張って


それでも
まだ頑張らなければ
認めて貰えない気がしてる。


周りは気付かない。


自分が
少し頑張れば出来る事を

私に押し付けて
楽をする。


“それはおかしいよ”って
ってるのに

また
私は飲み込んでボロボロになる。





もう少し
楽に歩ける道が在る事は

きっと知って居る。


なのに
それを選べない。


選んだら
叱られるような罪悪感に襲われる。


もう
いい加減

そろそろ少し楽に生きたいのに。


それが
酷く悪い行いのように感じてしまう。






少し休みたい。

ずっとそう思ってた。

もうずっと。
何年も何年も。



けど。

休もうとすると何かが起きる。


たった数日
静かに過ごしたいと願っても


その時に限って
誰かが必ず何かを起こす。


それにより私は
結局
休む事なくすり減らし
疲れ切ったまま
いつもの生活に戻る。


繰り返し繰り返し。

いつも必ず繰り返し。







この1ヶ月は
人との関わりを最低限にとどめた。


人と話す事も
短いメールを打つ事も
難しい位に
体調は酷く悪かったし

精神的にも
もうくたくただったから

関わらなかった。


関わると
きっとまた
何かが起こる気がした。




親は勿論
音楽関係の知り合いや
友人にも

限られた僅かな人以外
何の連絡もしなかった。


もう
それどころではない程の
危機感が

私には
心にも
体にも在った。




仕事にも
歌にも
治療にも

焦りはいつも在った。


それでも

自分なりに
とことん人との関わりをとどめた事で

その焦りが連れてくる罪悪感は
いつも程大きくは無く


また
それはきっと
もう少し過ぎれば
取り戻せる事のようにも思え


この約1ヶ月は
静かに
自分の心の声を聞きながら過ごす事を

やっと少し
体験して居るようにも思う。





近況はここに書いて居るから

私を
本当に気に掛けて下さる方々は

読んで知って下さっていると
勝手に思って居るし


私は
ここには
“もういやだ”って書けるから


ここで発信する事だけは
休まずに

あとは
出来るだけ
静かな時間に居るようにしてる。







治療の為の薬を再開して

始めの3日は
半量を日に1回だけ

そして
4日目からは半量を日に2回

副作用を軽減する薬と
アレルギー症状を抑える薬と
共に服用している。



小さな不調は在るものの
副作用も
拒絶反応も

少し前程酷くはなく

やっと
この数日
ろくろの前に
座って居られるようになってきている。



このままこの状態が続いて
通院での治療が
続けられる事をとても願ってる。





ぶたちゃんは頑張ってくれている。

現在日向ぼっこ中。


夕方からは
テレビの前に置いている。




この夏は
テレビを観る時間が
今までよりも在った。


友人が
DVDをレンタルしてくれて

ずっと昔に観たかった映画も
もう一度観たかったドラマも観れた。


体が動けなくて

精神的にも
苦しくてたまらない時


テレビやDVDに見入ってる時間は
少し楽で居られた。


辛い事を
思い出したり
考えたり

しないで居られた。



少し前
ニュース番組で沖縄の海を観た。

綺麗だった。

ジュゴンが泳いでた。


鳥羽の水族館で
一度本物をみた事がある。

そこでは私は
マナティの水槽の前で
ずっと座り込んで居たんだけど

ジュゴンはとても覚えてる。


当時は
“ジュンイチ”と“セレナ”って名前の
ジュゴンが居たんだ。




私は

事件や事故や
宗教や政治等について
ここに何か書く事は
基本的にはして居ない。


今は
それを出来るだけしないようにしてる。


私が一番ここに記したい想いは
他に在るから

今はしないようにしてる。



けど。


沖縄の海は
埋め立てて欲しくないと思う。


いろんな事情も在るだろうし
そこに住んでない私が
言える事ではないけれど。


沖縄の海は

大事に大事に残して欲しい。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。